“1000回遊べるRPG”を4000回遊んだ男 「SFCトルネコの大冒険」に挑み続けるプレイヤーが語る「不思議のダンジョンには、まだ不思議がある」

1993年に登場したスーパーファミコン用ソフト「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」(チュンソフト/現スパイク・チュンソフト)。2018年に25周年を迎えるレトロゲームではありますが、遊んでいた方は今でも、あのキャッチコピーを覚えているのでは?

「1000回遊べるRPG」

主人公トルネコが挑む「不思議のダンジョン」は、入るたびにダンジョンの形状が変化。また、いくらレベルを上げても、地上に戻るとレベル1に戻ってしまうという不思議な性質がありました。これらのゲームシステムのおかげで、何度でも新鮮な気持ちで遊べることから、「1000回遊べるRPG」というコピーが採用されていました。

一見、大胆と思えるこの表現、実際には“謙虚すぎた”かもしれません。というのも、今回取材した秋川さんは、同作を実機で4000回以上プレイ。現在もダンジョンに潜っては、Web上にプレイ日記を公開しつづけています。しかも、その日記がめちゃくちゃ細かく、真剣さが伝わってくるのです。「この人、本当にダンジョンに潜っているのではないか」と思ってしまうくらい。

「トルネコの大冒険」の一体何が、彼をこれほどまでに熱中させているのでしょうか。「1000回遊べるRPG」が、1000回では遊び尽くせなかった理由を伺ってきました。

●「1000回遊べるRPG」を、4000回プレイした男

―― 今まで「トルネコ」にどれくらい時間を使いましたか?

私の場合、「もっと不思議のダンジョン」を1回クリアするのに、2~3時間かかるので……。

―― 少なくとも数千時間は費やした計算になりますね。

当時のSFCのソフトの定価が1万円くらいだったのですが、これくらい遊ぶと、1プレイあたり2円台で楽しんでいることになりますね(笑)

―― プレイ回数はどうやって把握しているんですか?

「トルネコ」は、セーブデータにダンジョンに潜った回数が表示されるので、そこを見ています。

―― スーパーファミコンって、セーブデータが消えてしまうことがありますよね。データの保護はどうやって?

私は部屋に本体を出しっぱなしにしてプレイしているのですが、データ紛失が怖いのでソフトは抜かないようにしています。「データ保持に使用されているカセット内の電池がダメになっても、本体を通電しておけば大丈夫」と聞いたことがあって。

でも、コントローラーはたまに買い替えていますよ。何年間も使っていると、ボタンが劣化してしまうので。

―― 「トルネコ」はランダム要素が強いゲームですが、4000回の中で印象に残っているプレイはありますか?

いろいろありますが、最近だと攻撃が9回連続でミスしたことですかね。私が調べたデータでは、攻撃が外れる確率はトルネコ、モンスターともに8分の1。ここまで連続する確率は、約1億3422万分の1です。相手はさまようよろいだったのですが、HP全快の状態から瀕死に陥りました。

―― そこまで低確率だと「たった4000回のプレイで起こった奇跡」といいたくなりますね。

ええ。運が良かったのか、悪かったのか……。20年くらいプレイしていると、こんなことも起こるんですね。

●「パソコン少年」憧れの名作が、スーパーファミコンにやってきた

―― 「トルネコ」に出会ったきっかけは?

私は現在45歳で、物心つくころには「月刊コロコロコミック」があって、インベーダーブームが起こって……という世代です。

「こんにちはマイコン」(※)を読んで、子どもながらに「PCってすげえ!」と驚いた覚えがあります。「ゲームセンターあらし」のキャラクターが登場し、プログラミングの方法などが学べる漫画で、プログラミング言語「BASIC」にのめり込むきっかけになりました。

※1982年に発売された、すがやみつるによる学習漫画。コンピュータの歴史や仕組み、簡単なプログラミングなどを学ぶことができ、当時の“マイコン少年”たちに多大な影響を与えた

―― 1970~80年代に現れた、いわゆる「パソコン少年」「マイコン少年」だったんですね。

中学生のころだったかな。1985年前後に、PCゲーム情報などを扱う雑誌「ログイン(LOGiN)」で、「Rogue」という作品が猛プッシュされました。「トルネコ」を含む、いわゆる「ローグライクゲーム」の元祖となる作品です。

「主人公が1人でダンジョンに潜り、深階層にある『イェンダーの魔除け』を入手した後、ダンジョンからの脱出を目指す」という内容なのですが、ゲーム画面には絵がなく、代わりにASCII文字が使われていました。

―― グラフィックがなく、文字で敵やアイテムを表していたんですよね。今となってはかなり取っつきにくいゲーム画面でしたが、面白さから熱狂的なファンがいたとか。
https://headlines.yahoo.co.jp続きはこちら

 

 

しん

トルネコが一番好き。でもデータが消えちゃうんだ。本体もソフトもとってあるけどもう遊べない。4000回とかマジですげぇ。神か。

まゆ八重歯

スーファミミニ買ったけど、トルネコ入れて欲しかったなってずっと思ってる。パソコンでも何でも良いから、復刻してくれないかなぁ。データが消えないハードで!!

らん

きっとモンスターも、またお前来たのかよって思うだろうな(笑)4000回も荒らされたら

ネコめがねうひょ

デブのオッサンがここまでメイン張れるの、トルネコ位しかいないよなぁ。
ドラクエでの初出場もインパクトあったし、お店経営も楽しかった

こし

マリオも腹出た中年オヤジだが

モヒカン

もう一回やろう!
あと一回やろう!
あと一回だけ!
あー!もう一回だけー!
って感じでハマるとやめられないゲームでしたね

かん(笑)

トルネコ面白いですよね。
幸せの箱手に入れてはーおわったぁ だったけど、ここまでやりこむ人すごい

ネコめがね(笑)

何十年も本体からカセットを抜かないって
本当だとしたらどんだけゲーム愛
マジで笑

仮面

リリパット&石像で99本の矢を作ったのが懐かしい、
でも、結局99本も要らなかったって後で後悔する。。

目隠し

トルネコあるある

まどうしに挑み眠らされハメられる
キメラが異様に強い
転んで聖域の巻物が貼り付く
踊る人形の不思議な踊りにイライラ
武器が出なさすぎな回がある

こし

平均すると、年160回を25年間。。。

ネコめがね(笑)

「トルネコの大冒険」と聞いて、うずうずしてきたな。昔やったな。

モヒカン

トルネコ3の異世界ダンジョンは何回もやった
ダースドラゴンを仲間にするのも苦労したが、異世界でレベル99にするのは地獄のように難しかった

らん

むかし、はぐれメタルの盾と正義のソロバンと聖域の巻物を持っていたのに、アークデーモンとドラゴンに殺られた苦い思い出があります…

仮面

友達はいつまでもトルネコ派、俺はいつまでもロマサガ2を延々とやってた

てか今もロマサガ2やってる

こし

ぺんぎんくんウォーズは不朽の名作だな
敵キャラがコアラとかパンダなのに
鉄球ぶつけ合うというw

 

 

モヒカン

ペンギンくんウォーズは当時5500円か5800円か忘れたが他のソフトより高かったの覚えてるわ。安いナムコばかり買ってもらってましたわ。

目隠し

初代ファミスタはかなり長く遊びました

ネコめがねうひょ

ファミスタ きたへふの安定感は抜群だったな。

 

 

モヒカン

風来のシレンで2000回くらいプレーした記憶がある。
1回として同じパターンはなかった。毎回、毎回、新しかった。
それが自分にとってすごく新鮮で面白かった。

ネコめがね(笑)

たしかにトルネコは名作だったなぁ。
あのモンスターハウスに出くわした瞬間にちょっと焦る音楽が流れるのもよかった。
今のゲームは面白さっていうか売ることに焦点を当てすぎてる気がする。
昔のゲームは面白さを追求して、それが結果的に売り上げにつながったって感じがするんだけどなぁ。

モヒカン

大学時代にトルネコと出会ってしまい、半年間ほど人生を費やしてしまった。
今でもたまにムラっとやりたくなる

まゆ八重歯

こんな記事書かれたら不思議なダンジョンタイトル全てもう1回遊びたくなりますわ…
というか遊ぶ!笑

こし

カセットにフーってやってた時代が懐かしい。