「アジアが学ぶべきワールドカップの5大教訓」と題したスペシャルコラム

 

「日本は教本を破り捨てた!」米メディアが“アジアの常識”を覆した西野ジャパンを大絶賛!

「あの更迭劇はまずアジアでは起こり得ない」
ロシア・ワールドカップにおける日本代表の奮闘は、アジア・サッカー界にとって希望の灯となった。

米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』で健筆をふるう英国出身のアジア通記者、マーク・デュアデン氏が寄稿したのは、「アジアが学ぶべきワールドカップの5大教訓」と題したスペシャルコラムだ。そのなかで、西野ジャパンの戦いぶりを大いに称えている。

同記者がまず真っ先に挙げた教訓が「相手をリスペクトし過ぎるな」。まさに日本がラウンド・オブ16のベルギー戦でやってのけた大立ち回りを指している。

「もはやアジアと列強の間に巨大なギャップは存在しない。リスペクトし過ぎていた時代は終わりを告げたのだ。日本が瀬戸際まで追い詰めた、あるいは勝利できたベルギーが3位でフィニッシュした事実は見落とせない」と記し、韓国がドイツから歴史的勝利を挙げ、オーストラリアがフランスと、イランがポルトガルとそれぞれ拮抗したゲームを展開したと絶賛。「アジアの国々は大きな勇気をもらったはずだ」と綴った。

次に挙げたのが、「英断は遅すぎることはない」だ。日本がワールドカップで勝利するためにヴァイッド・ハリルホジッチ監督を更迭して、西野朗新政権へと舵を切った決断を評価している。

「ある意味では日本は、ルールが書かれた教本を破り捨てたと言えよう。ワールドカップ開幕を2か月後に控えたタイミングで監督交代に踏み切るなど前代未聞の出来事で、あのタイミングでの更迭劇はまずアジアでは起こり得ない事象だ。それでも、結果が雄弁に物語る。彼らはグループリーグを見事い突破した。信念を持って素晴らしい準備さえすれば、大事を成し遂げられるということだ」

激賞はまだ続く。3番目の教訓「いまや実利主義の時代だ」である。日本がグループリーグ第3戦のポーランド戦で行なった、ラスト10分間の“時間稼ぎ”は世界中でさまざまな議論を呼んだ。デュアデン記者は肯定派で、サムライブルーの戦い方にはどこかナイーブなアジア勢が学ぶべき「したたかさ」があったと説く。

 

「ベルギー戦ではナイーブさを露呈したが…」

 

 

「今回のアジア勢はいずれもよく戦ったし、きらりと光るプレーを見せた選手も少なくなかった。だが終わってみれば、グループリーグから生還したのは日本だけである。あのポーランド戦終盤の球回しは大いに批判され、冷笑されたが、彼らのノックアウトラウンドへの執念が突き動かしたもの。実利主義を貫いて、結果を勝ち取ったのだ。とはいえ彼らはベルギー戦の最後の最後で攻撃に枚数を掛け過ぎてしまい、手痛いカウンターアタックに屈する“ナイーブさ”を露呈するのだが……」

次の教訓「誰がスターになるかは分からない」では、開幕前は第3GKだった韓国代表のチョ・ヒョヌの活躍ぶりをフィーチャー。そして5番目が「セットプレーの重要性」で、「今大会の明暗を分けたのがセットプレーの質だった。アジア勢は全体的にまずまずの出来ではあったが、ここをより磨くことで世界との距離はさらに縮まるだろう。攻撃だけでなく守備においてもだ」と論じ、「韓国はその守備対応において問題を抱えたままで、(グループリーグを)勝ち抜けなかった要因のひとつでもある」と分析した。

次回2022年はカタール開催で、言わばアジアの大会となる。はたしてこれからの4年間でアジア・サッカーはどれだけ底上げを敢行できるのだろうか。日本代表がその旗頭のひとつであることは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00044067-sdigestw-socc

 

https://gunosy.com

 

 

まゆ八重歯

結果がすべて。
こんなに盛り上がったワールドカップにしてくれた西野ジャパンに拍手!

まゆ泣

ポーランド戦の後は本当にどうなっちゃうのか心配だったよ

モヒカン

そろそろ余韻に浸るのはおしまいでいい。
次に目を向けていかないと。

まゆ八重歯

もう少し浸りたいwwww

https://bokete.jp
こし

どっぷり浸かりたい

仮面

10人相手に一勝のみ。フェアプレイというおまけのようなルールでグループ突破。そして、善戦したけどベスト8にはいけなかった今大会。何が結果だ?騒ぎになれば結果出たと思うのか?あまりにもレベルの低いコメントに情け無くなる

らん

10人を相手に1勝のみは事実ですが、ビハインドから2度追いついた試合とFIFAランク3位の優勝候補を相手に2点リードしたのも事実ですよ。

しん笑

セットプレーで得点とれるチームが優勝したからね

ピンク

イングランドはバスケのセットプレーを研究したとか、どこかの記事で読んだよ
バスケはマーク外すシステムプレーが計算されてるから日本も取り入れたら??

メットくん

アメフトとかのがシステムプレーすごそう

仮面

それを手を使わないでやるのがサッカーの面白いところ!!

しん笑

あとオフサイドルールがシステムプレーするときに悩みだよな

https://outidesigoto.com
かんショート

ベルギー戦後の選手たちのインタビューでわかります。中村俊輔以降の日本代表では、間違いなく全ての選手が、全力を尽くした試合でした。素晴らしかったです

ジジ

西野監督に始め期待してなかったけど、素晴らしい采配でした。さすがだと思った。選手の適性を見極め適材適所で使ってた。あんなに点を取れるジャパンは初めてかも。強かったよ!ありがとう西野さん

らん

西野監督のおかげで勝てた。それは事実。だけどそれは結果論であり、そのような状態を作ってしまった協会の罪がなくなるわけではない。

ピンク

その通りです。
西野さんは良くやった。けど、協会の体質を変えなければ、いつまで経っても強くなれません。

 

 

モヒカン

3バックにした時は終わったと思ったが、蓋を開けてみれば本田スタメン外し。指揮官として短期間でシステムを作り上げた事は西野さんの能力だったって事だよね。W杯直前でスタメン全員入れ替えは驚くようなテストだった。

ネコめがねうひょ

ベルギー戦は最後は体格差で圧をかけられて負けた。
体格差で負けない、なおなつスピードのあるDFを育ててほしい。
リードしたらそういうDFを2人位投入すれば勝てるんじゃないかと。

まゆ八重歯

海外では小さくても強い選手は沢山いますけどね

しん笑

ハリルから西野監督に代わっても、チームに漂う負のムードは続いていたと思う。
ただ本番前のパラグアイ戦であきらかに目に見えて流れが変わったと思う。

鳥仮面

アメリカメディアって日本のサッカーすごい評価してくれてるよね!鈴木隆行がMLS行った時もスターみたいな扱いだった。

鳥仮面

この世はなんだかんだ結果がすべてなんだってことを
今回を機に多くの日本人が学んでくれたらいいなって思う。
終わり良ければすべて良しって感じで、
結果さえ出せば、その過程が仮にどうであっても、
それも含めみんなから称賛されるようになるんだってこと。

メットくん

西野監督になって、香川と乾の共存が叶った。そして結果を出した。本田と香川の共存は駄目というのも西野監督で知った。香川がスタメン、本田と交代が凄く良かった。どちらが悪いのではなく、お互いのサッカーが別物のサッカーだという事。

モヒカン

皮肉なものだよな。妙な時間稼ぎでわざと敗退し、決勝トーナメントに進む。その決勝トーナメントで勝利を目前にしながら、あと残り時間少しのところで逆転負け。筋書きのない結果だな

https://football-action.info
目隠し

誉められるのは結構なこと。ただ、始まる前までボロクソ言ってたマスコミが手のひら返して
良い点だけ、切り貼りした記事が乱発してるので…まだW杯ネタで引っ張るんだ感が強い。

個人的に日本のサッカー
危機的状況だと思ってるんだけど。

ぺろ

日本人の良さと悪さを知っている日本人監督がいいのでは?
と思う大会だった。
これからどのような人選をするのかな?
4年に1回のサッカーファンでした。

モヒカン

図らずもハリルの言った通りだった。
190オーバーの選手が二人は必要。

カグヤ

ハリルなら、香川は招集外かサブ、決勝点決めた本田もいない。乾も招集外、柴崎より山口や遠藤を使っていた。昌子はサブで槙野がスタメン。大迫はもちろんスタメンだけど、あのゴールは招集外の本田からのCKだよね。ハリルのチームは全く別物。西野監督の足りなかった所にハリルならというが、西野監督のチームの長所にハリルの戦術は全くない。

まゆ八重歯

槙野さんのファール多いのは能力???

メットくん

試合の何を見るか、何に期待するか、によって今回の日本代表に対する評価は分かれるんじゃないかな。
ネット上には称賛する記事やコメが溢れているけど、逆に日本の弱さ下手さを再認識した人もいるのではないでしょうか。
パスのスピードや精度、機敏でキレのある動き等々、まだまだ世界の強豪国とは大きな差があると思う。

仮面

日本が今回素晴らしかったと思うのは
引きまくまらず前線からプレスして
攻撃的なサッカーで戦えたこと。
イランも大健闘したし、韓国もよく勝ったと思うけど、
あの弱者のサッカーを目指すわけにもいかんし、それはもうやったし。

ピエロ

優勝したフランスも大躍進したベルギーも優勝候補だったブラジルも
前線の個の力がすごい。すさまじい。
攻撃に枚数かけないから守備が安定する。
守備が安定してるから攻撃陣も多少守備さぼれて
ロスタイムでもあの高速カウンターできる余力が残る。
前線のメンツがビッグクラブだらけになるくらいの、
個の力の向上こそが日本がさらに上に行く必要条件やろなと思う

 

 

ぺろ

また日本凄いの記事ですか?

まゆ八重歯

だって嬉しいからwwww

モヒカン

今回の躍進そして敗退は、西野監督だからこそと言える。
「頭からそして体から、守備的という意識を取り去れ。全てポジティブに、攻撃的に頭と体を切り替えろ。」
2008年CWCのマンU戦前に、西野監督はこう言って選手達をピッチに送り出した(らしい)

らん

昔も今回も、本気の相手に攻撃面でも日本は世界に通用する(部分がある)んだと見せつけたかったんだと思う。
選手層や状況により、守備的になる時代もあるだろうが、
日本人だからという理由だけで、守備的なサッカーを強いられる世の中にしたくない、
それが西野監督なんだと思う。

ジジ

なぜ日本はアディショナルタイムで撃沈するのか。
そういう意味ではポーランド戦は今までの優等生ぶりを払拭できた一戦だったと思う

こし

実はオレはポーランド戦が1番、日本のサッカーで重要な試合だったように思える
色々意見は分かれるけど

https://article.auone.jp
モヒカン

あのポーランド戦は数年後に花開く

【サッカー】日本×ポーランド戦、終盤のパス回しは正解!?数学的に分析した結果、予選突破の確率が高かったのは?攻め?守り?

目隠し

ポーランド戦はサブのプレーヤーでは全く歯が立たず、点は取れない、取られそうという状況でそれしか方法がなかった。追い詰められた末の戦術。いいも悪いもそれしかないわけだから、誰でもそうしてた。一番悪いのは全く役に立たないメンバーを選んだ西野さんや協会の責任。まあ、これはみなさんの盛り上がりで追及されることはなくなったのだが。

らん

良し悪しは別にして、あの選択ができる監督はそうは居ないと思いますが。
勝っても賛否両論。負ければ袋叩きですからね。

西野さんが相当な勝負師(ギャンブラー)で、大きな勝負に勝った。
という事は間違いないと思いますが。

ピンク

「英断は遅すぎることはない」
英断かどうかは、往々にして結果論だから、別にして「決断に遅すぎるということはない」とは思う。それだけ重要な大会であり、その経験は大きな財産になる。アジアで珍しいのか?日本ではそうだったけど。

ジジ

格上に勝つには型破りな事が必要なんだね。キャプテン翼の島田小も超守備的サッカーで地区大会ベスト4まで勝ち上がって南葛を追い詰めたし

https://article.auone.jp
仮面

実に真っ当な内容のコラムだな
記者の見識の深さを感じる

しん笑

褒められれば悪い気はしないなwww

まゆ八重歯

パラグアイ戦、流動的で見ていて楽しめた。しかし本番はもっと守備重視かなと。
選手同士の距離感良かった。
ベルギー戦、原口と乾の得点は本当に本当に嬉しかった!

メットくん

戦前予想よりは“縦”に勝負できる見てて楽しいサッカーだったのは確か

らん

1勝しかしてないって言う奴らほど、ワールドカップで1つ勝つ重みを理解してないと思う。

http://www.soccerdigestweb.com

 

 

ピンク

日本はまずは世代交代をどう上手く進めるかだよね。特にキャプテン!あまりにも長谷部選手が素晴らしかったから…

ちび笑

相手が研究出来なかったのもデカイかもな

まゆ泣

でも…やっぱり選手層が薄いのが否めない

メットくん

ポーランド戦ターンオーバーせず勝ちに行ってれば決勝狙えたのになー

こし

平均身長伸びたら優勝くる??

【サッカー】元日本代表監督ザッケローニがDF長友佑都に送ったメールが、ちょっと素敵で涙腺崩壊した・・