すべての選手が、称えられて然りだ

 

最後の最後で力尽きた。本当に惜しかった。

こんなとき、日本代表の選手たちやスタッフになんと声を掛ければいいのだろう。「良くやった」とか「おめでとう」などとは言われたくないはずだ。彼らは最後の瞬間まで勝利を信じて戦い抜いたのだから。当然ながら、敗者となって母国に戻る。記録上も世界の人びとの記憶のなかでも、もはや「大会を去ったチーム」でしかない。数字で見ても、かなり平凡だ。1勝1分け2敗。悔しさがこみ上げているだろう。

なんにせよ、今回の日本代表は素晴らしかった、その一語に尽きる。史上最強のベストチームだったに違いない。強国ベルギーを向こうに回しても一歩も引かず、勝敗を分けたのはほんのわずかな差だった。日本はラウンド・オブ16にさえ相応しくないチームだと、多くのひとに思われていたが、とんでもない話だ。彼らは世界中のファンに小さくない感動を与えたのである。ベルギー戦などは語り継がれるべき名勝負だ。確かにポーランド戦で時間稼ぎをした振る舞いは物議を醸したが、見事にリスペクトも取り戻した。

今大会前、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が電撃解任された。その際、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「1%でも2%でも勝つ可能性を求めるための結論」と語ったが、それが英断だったと認めるほかない。この結果とインパクトを踏まえれば、20%とでも30%とでも、余裕しゃくしゃくで話してもよかっただろう。

西野朗監督はこの短期間で、どんな人材を活用すれば上手くチームが機能するのかをしっかり見極め、攻撃でも守備でも質の高い組織を作り上げた。守備における互いのカバーリングとブロック、中盤の素早いコンビネーションとチャレンジ、積極的に縦にクサビを打ち込み、交代カードの切り方も的を得ていたのだ。

とりわけ効果てきめんだったのは、柴崎岳と乾貴士のレギュラー固定で、ほかにも香川真司、大迫勇也、酒井宏樹、長友佑都、吉田麻也と個が光り輝いた。GKの川島永嗣は最初の2試合でミスを連発して苦境に立たされたが、ポーランド戦とベルギー戦では存在を示したと言える。攻撃は左サイドにやや偏っていたものの、ベルギー戦ではそれまで地味ながら気の利いたプレーを見せていた右サイドの原口元気にも、ビーティフルゴールが飛び出した。すべての選手が、称えられて然りだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00043436-sdigestw-socc&p=1

 

https://topics.smt.docomo.ne.jp

 

 

まゆ八重歯

大会前はこんなにワクワクしない日本代表は初めてだと思ってたけど、こんなにワクワクした日本代表は初めてでした。感動をありがとう!

モヒカン

控えであろうとスタメンであろうと勝つために本当に一つになれたチームの強さというのを見せていただきました。
チームワークはベルギーやコロンビアなどの強豪国を凌駕した。

カグヤ

今頃これが、ベストメンバーななんて見ればすぐわかるのにサッカー首脳陣が四年かけてやっとわかったことが問題

鳥仮面

あとこのメンバーに
世界でトップで活躍できるレベルのフォワードが
二人いたら決勝トーナメント突破できる。
その育成が鍵

ピンク

FWもだけど、ゴールキーパーのほうが急務

らん

私はベルギー戦は大好きですが
ポーランド戦は大嫌いです
試合っていうのは相手があっての事だから
ベルギー戦に関して言えば
ベルギー国民も日本国民も世界のファンも
満足できたのではと思いますよ

こし

俺はポーランド戦はなんか日本サッカーの転換点のような感覚だわ
いつか、あの試合がいい試合だったとなる日がくると思う

 

理由は簡単。ベルギーが強すぎたのだ

 

こうしたメンバー構成に行き着けたのは、やはり西野監督の天性の勝負勘によるところが大きい。

極度に短かった準備期間を考えれば、過去のどの日本代表よりも連携がスムーズだったように思う。そこかしこで異彩を放ったのが“コンビプレー”だった。代表的なのは長友と乾の左サイドだが、酒井と原口、長谷部と柴崎、柴崎と香川、香川と乾といった具合に、さまざまな局面で彼らのコンビプレーが冴え渡り、チームの高質な組織力を下支えしていた。技術委員長時代から、個々の特性をよく観察し、理解していた西野監督だからこそなし得たマネジメントだ。

実際のところ、ポーランド戦のメンバーはこの点で大きく見劣りした。以前のような歯と爪のない日本代表に成り下がっていたのだ。ハリルホジッチ前監督は3年間をかけてこのコンビプレーに磨きをかけようと追い求めていたはずだが、西野監督は数週間で形にしたのである。

ベルギー戦の前半はほぼゲームプラン通りだったと思う。ロメル・ルカク、エデン・アザール、ケビン・デ・ブルイネらに決定的な仕事をさせなかった。とくに前半の最初と最後の15分間はお見事で、日本はかなり良いバランスで中盤を抑えていたのだ。ベルギーの選手たちが自陣ボックス内に殺到してきたが、慌てることなく冷静に対応し、最後の局面でファウルすることなくシュート機会を防ぎ切った。

そして後半、狙い通りに得点を挙げるのだから驚きだ。柴崎のロングスルーパスに呼応した原口が、ここしかないというコースに絶妙なフィニッシュ。乾のシュートセンスが生んだスーパーゴール。前半の劣勢にあっても臆せず、手数を出し続けた積極性がついに実を結んだのだ。

私は2点をリードした後の日本の戦い方が、とりわけ拙かったとは感じていない。引き続き守備は冷静に対応していたし、攻撃への意欲も持ち続けていた。こう結論付けてしまえばそれまでの話だが、ベルギーが強すぎたのだ。

ヤン・ヴェルトンゲンのヘディングは日本にとって不運だったが、あそこから一気にプレッシャ―の度合いが跳ね上がった。ルカクとアザールは継続して上手くケアできていたが、そこに巨漢のマルアン・フェライニが加わったのだから、強力きわまりない。ほんのわずかな穴でも開こうものなら、強引に突いてくる。そんな恐ろしさがあった。あの2失点目を防ぐのは至難の業だったか。

アディショナルタイム、本田圭佑のフリーキック。8年前のデンマーク戦を思い出した。コーナーキックに失敗して、最後の最後で手厳しい逆襲を食らって……。集中力が途切れてしまったか。残念だった。あと一歩だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00043436-sdigestw-socc&p=2

 

https://entert.jyuusya-yoshiko.com
モヒカン

ポーランド戦であの作戦を取らなかったら、ベルギー戦はなかった

まゆ八重歯

大会前は最悪と言われたけど本当歴代最高でしたね

しん笑

結果は残念だったが、ベルギー相手に2得点。
鳥肌がたったよ

https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

ネコめがねうひょ

期待されるとまるでだめだけど期待されてないとがんばるの図

鳥仮面

レギュラーと控えの実力の差が大きすぎる。
これではベルギーには勝てない。選手交代のとき
ベルギーの本気度を見た。

らん

得点を決めた選手が、毎回ベンチに行くのを見てると、
チームの雰囲気はかなり良かったのが、
伝わってきました

ピンク

選手たちが風通し良く意見を出し合って
どのように戦っていくか意思統一出来たのが
大きかったんじゃないかな

西野さんはその道筋をつけた点で
良い仕事をしたと思う

鳥仮面

大会計6点も取ったのは目覚ましいことだ。それを見ても歴代最高だ。残念なのはやはりキーパー。1、2戦のミスはおいといても、ベルギー戦、身長の高さの違いをゴール前でカバーできるのは手の使えるキーパーが重要だと感じた。もっと前に出てキャッチできるキーパーだったら1点目にはつながらなかった。

まゆ八重歯

キーパーだけの責任にするのはおかしいよ

【サッカー】「10年に1人の偉業」日本代表GK川島永嗣!!『川島の名はフランスで広まることになりそうだ』

仮面

この後何大会でここまでたどり着けるだろうか?

ピエロ

確か過去最強だったと思う!
それだけに大きくメンバーと監督交代を迫られる次回に、今回得られた経験が引き継がれるかが重要!

目隠し

乾、柴崎、香川のスタメン固定が今回のピンチを救ったのは疑う余地はない。最後の最後のパラグアイ戦でそこにたどり着き、西野さんがそれを生かした。これは正に記事通りで、賞賛されるべき。

メットくん

ベルギー戦で2点先制された後のベンチの采配には疑問。西野監督は3点目を決めて勝負を決めに行こうとしたし、そこは否定しない。だが、少しずつ押しこまれる状況になりつつあった時に、俺は動くべきだったと思っている。これは結果論では断じてない。あの試合中に思っていたし、それを感じた人もいたと思う。高徳、槙野あたりを入れて全員で守れば勝つ可能性は十分あったと思う。終始守りに徹したイラン、ロシアは、スペインを1点に抑えこんだ。ちゃんと攻めて2点を取った後に守備的に戦えば、誰にも非難されないし、素晴らしい戦術だったと評価されたに違いない。だからと言って誰も責める気はない。

もうあと一歩のところまでは辿りついたと思う。

モヒカン

協会は今後のチームが進むべきビジョンを示せる体制に刷新されるべき。そして監督選考はその後だ。

こし

個人的にはノーガードの打ち合いで満足しました

まゆ八重歯

今回得られた経験が引き継がれるかが重要!って言うなら、
西野さん続投しかない!

目隠し

今回の代表に張り合えるレベルでというなら、俺はジーコジャパンも推したい。
あっちは逆に、豪州戦でPK+ケーヒル退場が見逃された結果、ケーヒルにやられた大会だった。

VARで正しい判定がされていれば、GL突破出来ていたんじゃないかな。
一回戦でイタリアだったから、行けてベスト16だったけど。

 

イングランドが日本戦を避けられた。不幸中の幸いだ

 

批評する者の中には、2点リードを守り切れなかったチームを責める者がいるだろう。ただ、私は同意しない。ベルギーは優勝候補であり、日本はそんな相手と堂々戦い、その実力をいかんなく発揮したのだ。次の準々決勝で、ベルギーがブラジルを打ち負かしても私は驚かない。そんなチームと、シビれるような互角の勝負を90分間やり遂げたのだ。どこに非があるというのか。

どんなに素晴らしい出来を披露しても、結果に繋がるとは限らない。思えば今回のような逆転劇(0-2からの勝利)は、1970年のメキシコ大会以来だという。忘れもしない、準々決勝のイングランド対西ドイツ戦だ。我が母国は2点をリードしながら大逆転負けを喫した。あの光景はいまだ、思い出しただけで悔しさがこみ上げてくる。そうだ、内容で優るチームが勝ち上がれるとは限らないのだ!

私にとって今回、不幸中の幸いだったのは、イングランドが日本との対戦を避けられたことだろう。もちろん半分冗談、半分本気である。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00043436-sdigestw-socc&p=3

 

https://news.yahoo.co.jp

 

 

まゆ八重歯

今回のこの結果は極論すれば、本田、長友等いわゆるベテラン勢の努力の成果じゃないのかな?世代交代もあるし、単純な積み上げは難しいかなって、個人的には思う。次は、久保、中井も台頭する可能性が少しあるし、イチからでもいいかなって思う。

しん

色々記事はあるけど、この記事が1番グッときた

らん

よく日本代表を観察されてる記事でしたね。
ベルギーが強すぎた、全くその通りな結果でした。

メットくん

変に感情的にならず、的確にわかりやすいね。 訳した人も素晴らしいです。

ジジ

短期間でここまで持ってきた西野監督を解任してまた外国人監督にする日本サッカー協会は意味分からんわな。

かんショート

「クリンスマンを試してダメだったら、また西野監督に交代すればいい」なんて考えを協会が持っていたりして・・・

まゆ八重歯

本当にそう思うよ。西野監督が日本人にあってるよ!

カグヤ

西野監督自体が次もやりたいかによると思うよ。メンバー総入れ替えで一から選手育てるのは相当大変。岡田元監督も次やりたくないって断ってるし

【サッカー】次期監督はユルゲン・クリンスマン氏決定的!!16強導いた西野監督は退任!

仮面

日本人に合ってるからと言って

世界の強豪と互角に戦える訳ではない。

目隠し

西野監督は選手や監督を含めて調整がうまいと思うし、西野さん=協会そのものになって欲しい

メットくん

まあ、難しいところだね
本大会での結果は、良かったし、私は解任をずっと誇張してきたけど、、
オール日本人が最先端のデータを駆使できているかは、なんともいえない。
宇佐美の所に違う人材がいたら、予選の結果はもっと良かったかもしれないし

ちび笑

強いチームに対しては少しの隙とミスが許されなかった。これは全ての試合に言えること。確かにベルギーは強かったが、日本が勝てるチャンスは結構あったと思う。しかし少しの隙とミスで勝てなかった。セネガルにも勝てたと思う

https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

仮面

やはり準備期間が少なすぎた。
せめて1年でもあれば、今回の失点時のような場合への対処法、キーパーや主力をサポートするベンチの強化など、もうちょっと準備ができたのではないか。
短期間でここまで仕上げたのは、大したものだと思う。

ネコめがねうひょ

ベルギーに優勝して欲しい。
そうすれば今回の日本代表の強さの証明にもつながる。

しん笑

W杯前、日本代表の三連敗を予想していたけど、短期間でこれほどのチームに作り変えた西野監督はお見事でした。
ハリル氏が鍛えたデュエルがあったからベルギー戦のような試合が出来たのだと思う。
このチーム力の継続ができるかが、次の段階へ進めるかの鍵だと思う

http://nofootynolife.blog.fc2.com
ピンク

今回の試合運びでハッキリしたのは、日本には組織が最強で唯一の武器なんだろうと事。
縦へのパス 裏取り オフサイドトラップと
技術も一つ一つ磨きを掛けてきたが、全てオプションであり土台は組織力・連携。
監督解任からベルギー戦までどの様にチームが成熟したのか判らないが、チームの団結力がこの結果を生んだと思う。

こし

西野ジャパンが過去最強だったかは、賛否両論あると思うが、間違いなく 過去最高にベスト8への可能性を感じた 決勝Tの戦いだったよ

【サッカー】スペイン人監督・海外メディアが日本を絶賛『日本は世界レベルの選手が揃っている国』

【サッカー】日本の奮闘を海外ファン絶賛!日本の敗退を惜しむ声が続々!「私は日本をリスペクトする」「なんていう戦士たち」「アジアのプライド見せつけた」

[複眼]