謎のボイニッチ手稿にAI、解読方法が判明?

 
8割がヘブライ語の単語と一致、カナダの科学者らが主張
 

長年にわたり暗号解読家たちを悩ませてきた「ボイニッチ手稿」。何語で書かれているかすら分からない約600年前の謎の本に、カナダの研究者2人がAI(人工知能)を使って挑戦し、解読方法を発見したと主張している。
その論文が掲載されたのは、学術誌「Transactions of the Association of Computational Linguistics」。だが、手稿の内容はまだ謎に包まれており、他の研究者たちは懐疑的だ。

ボイニッチ手稿とは?

ボイニッチ手稿は、15世紀の中央ヨーロッパで書かれた本で、暗号化された文字列とされている。今のペーパーバックより少し大きく、材質はもろい上質皮紙(字を書くための動物の皮)だ。ページ数は246。折り込みの索引があったらしいが、ずっと以前に失われた。ページ番号が飛んでいる箇所があり、どこかの時点で綴じ直されたことを示す。したがって、現在のページ順は刊行時から変わっている可能性がある。

書体は丸を多用した優美かつ独特なもので、25~30字が左から右へ書かれ、段落は短い。あちこちに詳細な絵が挿入され、城やドラゴンの絵もあれば、植物、惑星、裸の人物、天文学のシンボルの図解もある。いずれも、緑、茶色、黄色、青、赤のインクで彩色されている。特に好奇心をそそるのは、何人もの裸の女性が一連の緑色の液体に浸かっている挿画だ。

手稿は、1969年から現在まで米イェール大学のバイネキ稀覯本・手稿図書館に収蔵されている。名称の由来は、ポーランド人の古書商ウィルフリッド・マイケル・ボイニッチだ。ボイニッチは1912年、イタリアでイエズス会の図書館からこの本を購入。その後、一般に呼びかけて翻訳できる人を探したが、残念ながら誰一人成功していない。

最新の研究で何が分かったのか?

2人の研究者は、独自に設計したコンピュータープログラムで手稿に挑んだ。彼らはもともと、手稿は母音を省略した1種の「アルファグラム」、つまり1単語中の文字をアルファベット順に並べ替えたアナグラムと推測していた(例えば、「manuscript」(手稿)はアルファグラムで「acimnprstu」となる)。そこでアルゴリズムを訓練し、言語を変えて書かれた国連の世界人権宣言380種類を解読できるようにした。

このAIが、97%の成功率でアナグラムと現在の単語を一致させられた段階で、ボイニッチ手稿の最初の10ページに書かれた文字列を読ませた。

アルゴリズムの判断は、暗号化された単語の8割以上がヘブライ語だったというものだった。

これで、言語はおそらく分かった。次は、使われている暗号を読み解く必要がある。そこで、2人はヘブライ語が母語の同僚に冒頭の文を渡したが、意味の通る英語に訳すことはできなかった。他に意見を聞ける学者がいなかったため、2人はGoogle翻訳を使うことにした。多少のスペルミスを直した上で、最初の文はこう読めた。「家長と聖職者、私、そして人々に彼女は勧めた」。奇妙な文だが、確かに意味をなしている。

加えて、「草本」の章と呼ばれる72語の部分を訳したところ、2人が推測した暗号から、「農家」「光」「空気」「火」という単語が解読できた。

ほかにも、この研究に問題点はあるのか?

まず、今回のAIプログラムは、15世紀の言語ではなく、現代の言語を英語に翻訳するという訓練を受けた。ボイニッチ手稿はヘブライ語で書かれたのかもしれないが、だとしても中世のヘブライ語のはずで、Google翻訳が使っている現代のヘブライ語ではない。

また、この人工アルゴリズムは文字列の80%をヘブライ語と一致させたが、あと20%は別の言語ということになる。論文によれば、手稿にはヘブライ語以外にマレー語、アラビア語、アムハラ語が使われている可能性があるという。いずれもヘブライ語とはかけ離れた言語だ。

公平のために言えば、研究者たちはボイニッチ手稿の全てにわたって秘密を解き明かしたと主張してはいない。そうではなく、文字列の言語と暗号化の体系を特定したとしている。次のステップは、ヘブライ語とアルファグラムに精通した学者を探すことだ。2人は、この暗号解読法を他の古い手稿にも応用しようと意気込んでいる。

しかし、過去の挑戦者たちはいずれも正解にたどり着けず、さまざまな説が出されては、すぐに学者たちに誤りを指摘されてきた。ナチスの暗号「エニグマ」を解読した、有名なアラン・チューリングでさえ、ボイニッチ手稿を読み解くことはできなかったのだ。

この文字列が暗号化された言語なのか、人工言語なのかもまだ分からない。しかも、全く無意味である可能性も残っている。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/020500052/?P=1

 

 

ちび笑

この文書は興味深いものではあるけれど
解読したという自称研究者2人は確かな人なのかな??

ピンク

去年も解読成功したとか記事出なかった?婦人病に効く植物とか薬湯みたいな内容じゃなかったっけ?

ぺろ

解読できましたって言われても、答え合わせできる人がいないからわかんないね

ピンク

もし何か意味のある内容だとしても
詩みたいな内容かもね

同じ単語を繰り返して使ってるし
韻を踏んでる感じ

仮面

わりと名前とかが多く書かれてる

目隠し

奇言語の代名詞的存在がこのヴォイニッチ手稿なんだが……ヘブライ語なんぞと当てはまるとか誰しも考えつく事じゃね?

ネコめがね(笑)

「亞書」みたいなもんでね?適当に書いて図書館に売りつけてやった、みたいな。昔も悪い人がいたのかね?

こし

ぼいっちにっさんしっ

ネコめがねうひょ

ヘブライ語と見せかけて、実は日本語として読めたり
日ユ同祖論的に

まゆ八重歯

書かれている植物も実在しない全くの空想で、文字も意味不明
誰かがいたずらで書いたもので、結論が出ているんでしょこれ

鳥仮面

↑それも説のひとつに過ぎない

こし

ぱっと見、東洋思想っぽいけどな

しん

考古学の凄い進歩になるかもな
解読できてない古代語いくつかあるだろ

ピエロ

文字自体が意味なのではなく、文字で不明になっている部分が言いたいことかもしれない。
欠けているところを推測してつなぎ合わせると本当の意味が出てくるとか

ジジ

そもそも地球上に存在しない植物が描かれてるんだろ

モヒカン

多分これ本当に無意味なんだろうな。詐欺のアイテムとしてそれらしく適当に作っただけで。

カグヤ

でもそれなりの意味がありそうだってので悩みのタネになってる。

大方は昔の植物が薬学のネタの寄せ集めじゃないかって説が多いから、そこまでして解読しようとする物好きも限られるしね。

仮面

暗号解読の天才といわれた二次大戦前後から日本軍の暗号解読で多大な
成功を収めていた男も、この手稿にチャレンジしたが、まったく意味が
とれなかったと書いていたな。

カグヤ

ヘブライ語って、現代ヘブライ語?

 

 

鳥仮面

AIがようやくシャンポリオンに追いついたか

メットくん

文字が読めたら、後は訳せると思うけど
文字の読み方を解読するのが大変そうなんだよな

仮面

口語体で書かれてるから、スペルを当てはめても解読できなかったりする
口語体で書かれてることが解読を難しくしたのかもしれない

こし

解読できれば2000ボイニッチ

鳥仮面

同じもしくは同じような文字列が頻繁に出てくるのが解せんな

仮面

モールス信号に近いものかも知れん

ピエロ

実は超古代文明のウイルスプログラムで
解読に使用したAIが乗っ取られている

まゆ八重歯

マヤ文字を解読せよ

ジジ

温泉の入り方指南書ですよ

こし

なんだ、テルマエか

まゆ八重歯

なぜ暗号文にするのか、それだけでは説明がつかないじゃんwww

ピンク

契丹文字とかにも適用してほしい
あれは一部だけロゼッタストーン的なものがあるから、答え合わせをしたいサンプルだけを隠蔽して機械学習させれば成否の判定もできるのでは

こし

そもそもからして誰にも読めなく書いたんだろ
実際発見されて100年以上誰にも読めてねえし
何の意味もねえ書物なんじゃねえのかい?

鳥仮面

ヴォイニッチ手稿は計算式

まゆ八重歯

解読したら、大金が・・・

鳥仮面

ヴォイニッチ手稿の絵はキク科の植物かもしれない
絵は高山植物の可能性も

らん

楽譜じゃね?って説をこの前見かけた

ピンク

でも個人的に楽譜とは違う気がする
だって植物の絵の横に単語(?)が名称のように書かれてるページがあるし
それを音で表現してどうするよって思う

しん

絵だけ富裕層の子供が書いて、後付で文字が書き足されたように見える
どっかのスレでシナスタジアだって人が「植物に生かされる人間による危険図鑑」とか
なんとか言ってたし、人型の誰かが読むことを前提に作られてるんじゃないのかな

まゆ八重歯

もしかしたら文字そのものに意味はなくて読み取る能力が必要なのかも
でたらめなものを書いても適切に触れれば通じるとか、ね

まゆ泣

知らない方が幸せかも

メットくん

鏡に映すと英語っぽくなるな

ぺろ

案外、当時のエセ学者とかエセ医者が
もっともらしく自分を見せるために作ったインチキ本なのかもよ

鳥仮面

昔はあるグループ專用の文字体系を作ったりしてた、なんてこともあるらしい。
誰が書いていたか忘れたけど、自分専用の速記術なんてのもあったらしい。

今現在の思い込みが解読を妨げているのかも。

らん

これ当時の厨二病が描いたただのイタズラでしょ

鳥仮面

これだけ精緻な描写で200ページを超える書物に纏めるにはかなりの歳月を要する筈だ
費用対効果的に見て出鱈目のお金目当てとは思えんな

しん笑

天体図は植物の断面図のような気もするが・・・

こし

ヴォイニッチ手稿とは、フェアリー界に行かれた方の記録です。
ここの方々は、サマーランドについて調べることをお勧めいたします。

かん(笑)

植物を利用する研究にも見えるし植物に
利用される恐怖にも見える

しん

ページ数とかでアナグラムの法則があるとかは無いのかな?

ジジ

未知の(ように見える)植物達を未知の言語で紹介してるような古代の異世界感を出しておいて突然見慣れた星座のイラストで一気に現実(現代)へ引き戻される、不思議な手稿ですな

モヒカン

文字のパターン解析でも全くのデタラメじゃない文章だってわかってるんだよな
わくわくするぜ

 

 

ネコめがね(笑)

ひとまず、さっさとヘブライ語の学者を見つけろw

目隠し

イタズラぼったくり本なのか
ガチで世界の認識がひっくりかえる本なのか

モヒカン

ロゼッタストーンみたいなものか

こし

霊能力者に解読してもらえばわかるんじゃね??

鳥仮面

ああ、これあかんやつだ
世の中には、知らない方がいいことがある

[複眼]