文字を持たなかったインカ帝国で記録用に使われた結び目つきのひも「キープ」の解読に大学生が成功

13世紀から16世紀にかけて南アメリカに存在したインカ帝国は、文字を持たない文明だったため、その歴史についてわかっていることは限られています。しかし、結び目を使って出来事などを記録する「khipus(キープ)」と呼ばれるひもをインカ文明で使っていたことがわかっており、この「意味」の解読作業が続けられています。そんな中、ハーバード大学の学生が春休みを利用してキープの解読作業に着手し、それまでわかっていなかった秘密を探り当てることに成功しています。

インカ帝国では文字を使っていなかったため、文明に関する記録はほとんど残っていません。マチュ・ピチュのような壮大な建造物が現代にも残されているのとは対照的に、インカ帝国に関してわかっていることは、もっぱらインカ帝国を征服したスペイン人が残した記録ばかり。しかし、これらのインカ帝国史はあくまでも侵略者側から見た見解であり、インカ文明を正確に反映したものではないという考えの考古学者は多く、そのためインカ人が記録用に使用したひも「キープ」の解読作業が世界中で行われています。

ハーバード大学の1年生だったマニー・メドラノさんは、たまたま受講したゲイリー・ウルトン教授の考古学の授業で、インカ帝国で使われていたキープの存在を知りました。ウルトン教授自身もキープの解読作業を進めていますが、講義の中で「興味のある学生はまとまった時間のある春休みに記録の解読作業をしてみてはどうか」と学生たちに話したところ、メドラノさんは強く興味を引きつけられました。「過去の秘密を見つけたい、という思いがどこから来たかはわかりませんが、私の中に確かに芽生えました」とメドラノさんは講義中に受けた衝動について述べています。

メドラノさんの志願を受けてウルトン教授は6本のキープを提供して、インカ式簿記の解読作業が始まりました。この6本のキープについてウルトン教授は、偶然にも同じSanta Valley地域の同じ時代に記録されたスペインの国勢調査文書を見つけていました。この国勢調査記録とキープを照らし合わせることで、メドラノさんはキープに記録された内容の解読作業を行いました。

メドラノさんはウルトン教授から提供された資料をもとに、Microsoft Excelのスプレッドシートにデータを入力し、一部のデータはグラフ化してパターンを探ったとのこと。メキシコ系アメリカ人の家庭に生まれたメドラノさんは、スペイン語の読み書きができたためスペイン語で書かれた国勢調査の読解にはまったく支障がありませんでした。また、経済学を専攻していたため数字やデータを取り扱うことにも問題はなし。さらにパズルや数独を解くのが大好きなメドラノさんにとって、キープの解読作業はこれらのゲームよりもはるかに深遠な行為に感じたそうで、キープという大きな読解作業にとってメドラノさんはうってつけの資質を備えていたようです。

メドラノさんは解読作業によって、各キープの結び目の方式が国勢調査に記録された132人の社会的地位にあまりにも強すぎる相関関係があることを発見。春休みが終わってすぐにウルトン教授にコードに関する理論を明かしました。「なんてことだ! この青年は確かにやり遂げた、と私はかなり興奮したことを覚えています」とそのときの衝撃についてウルトン教授は述懐しています。

その後もメドラノさんとウルトン教授によるキープの共同解読作業が続けられました。ウルトン教授いわく「何かを指摘すると1、2週間後にはさらに深い何かを理解する」というメドラノさんのすさまじい読解能力によって、「ペンダントコードがトップのコードに結びつく様式が、個人が所属する社会的グループを示している」という事実を突き止めることに成功しました。これはもちろん世界初の発見であり、この研究成果は科学誌Ethnohistoryに査読を経た後、2018年1月に論文として掲載される予定です。この論文ではメドラノさんが第一著者を務めており、メドラノさんの貢献度の高さがうかがわれます。

この研究成果についてセントアンドリュース大学でアンデス人類学を研究するサビン・ハイランド博士は、「メドラノさんの発見は世界で初めての内容で、スリリングなものです」と高く評価しています。ウルトン教授によると、今回の発見を足がかりに、さらに多くの発見がもたらされることが期待できるとのこと。征服者による歴史から離れて、インカの歴史をその土地の観点から理解できる可能性について、メドラノさんとウルトン教授は興奮しているそうです。
https://gigazine.net

https://gigazine.ne

 

 

ネコめがねうひょ

世界史であったなひも文字
あれが解けたのか

しん

文字を持たないのにあの高度な石材建築技術と金属の精錬技術持ってたのが驚異だわ

仮面

実際に使ってた人たちも最初は誰でも読めるごく簡単なメモ程度だったんだろうけど
どんどん複雑化して収拾つかなくなったんだろうな
拡張性を考慮した設計は使われることがなく誰でも使える簡単なものが場当たり的に拡張されていくのが技術史だ

らん

面白いな

まゆ八重歯

エクセル方眼紙とかそんな感じなのかな

Excel方眼紙
Excel方眼紙(エクセルほうがんし)とは、
Microsoft Excelに代表されるセル結合機能を有した表計算ソフトで、縦横同幅程度の狭幅に設定したセルを方眼紙に見立てる様式。
上記の様式を用いて、セル結合機能と罫線機能を用い、ワードプロセッサ・DTPソフト代わりとして文書作成に用いる、日本独特のビジネス文書作成習慣。
このような様式はネットスラングでネ申エクセル(神エクセル)と呼ばれていたが、この様式を問題視する学術関係者や国会議員などもにも広まっている引用元https://ja.wikipedia.org

目隠し

そもそも文字を作れなかったのが不思議だな
文字は思考に直結する。どんな思考形体の人類だったのだろう

仮面

ギリシャ人だって自分たちでは文字を考案できず
クレタ島を侵略してコプト文字由来の線文字Aに出会うまで文字を持たなかった

既にイーリアスのような叙事詩があったのに
全文でただの一音の例外もなく完全に韻が踏まれてるという代物

https://gigazine.net

 

 

目隠し

口伝で技術を伝えればいい
だから断絶したまでで、日本や中国みたいに、
何でも書物に記録する変態メモ魔もどうかと思うよ
文字を持っていても技術が伝承できない現状から、
どうでもいいだろ

こし

解けたのか
結び目だけに

ネコめがね(笑)

キープの解読に成功したのはすごいけど、結局、身分をあらわすだけの飾りだったってオチか
それでも、わかっただけでもすごいわな

しん

古代日本も縄文字だった記憶が

ネコめがね(笑)

そうか、言語は話したけれども文字文化は無かったということか

もし言語が無かったら文化なんか作れないもんな

https://gigazine.net
仮面

隣の部族(国)に攻められた時に技術流出させない為に口伝、相伝にするってやつだな。
技術をバックに生かしてもらう。
ダマスカスやピラミッド、日本の城の堀作りなんかだな。
当然伝承者が途中病気で亡くなると途絶えてロストテクノロジーになる。

こし

俺だって考古学が学べて、キープと調査書を渡してくれる教授がいてスペオン語がペラペラだったらできらぁ

らん

結び目だけだと情報量少なすぎない?
どういう解読なんだろうな

https://gigazine.net

 

 

かんショート

マヤ文明の文字のように、一見絵の装飾と見られるものが実は文字だった!
ってことはないのかな?

目隠し

まぁ実はマヤ文字はかなり発達した文字体系(日本語のような表音+表意文字)だったわけだから
マヤというか、アステカ文字といったほうがいいのかな

アステカ文字は原文字の段階でマヤ文字ほど完成されてない、というか単語(表音文字的な使い方もある)だけで、
文を記述できない。
そのため文章は絵の形を取るのだが、インカにもそういう感じの文字があるんじゃないか?と思ったのだがw

まゆ八重歯

1月に論文が発表されるそうな

らん

銅鐸文化の頃は『キープ』を使っていた可能性がある。また、銅鐸の壁面の絵や模様は『象形文字』かもしれないとする視点がある。

こし

口伝が一番正確に伝わるけど、途切れたら終わりという諸刃の剣