ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発

積水化学工業は12月6日、米LanzaTechと共同で、ごみを丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発に世界で初めて成功したと発表した。ごみ処理施設に収集されたごみを分別することなくガス化し、微生物によってこのガスを効率的にエタノールに変換できたという。熱や圧力を用いることなくごみをエタノール化でき、「まさに“ごみ”を“都市油田”に替える技術」だとアピールしている。

収集されたごみは雑多で、含まれる成分・組成の変動が大きい。ごみを分子レベルに分解する「ガス化」の技術は確立されており、微生物触媒を使ってこのガスを分解する技術もあるが、ガスにはさまざまな夾雑物質(余計な物質)が含まれるため、そのままの状態では、微生物触媒の利用が難しかった。

両社は今回、ガスに含まれる夾雑物質を特定し、その状態をリアルタイムでモニタリングする制御技術を開発。また、ごみに含まれる成分や組成の変動に応じて微生物の生育状態を調整し、活性を一定に維持する技術も開発した。これにより、ガス内の夾雑物質を除去・精製した上で、微生物触媒によって効率的にエタノールを生産できるようになったという。

同社は、埼玉県内のパイロットプラントで2014年から3年間、実際に収集したごみを、極めて高い生産効率でエタノール化することに成功したという。
2019年度に実用プラント稼働を目指し、以降、各地のごみ処理施設の更新タイミングでの本技術の普及を目指す。同技術の普及に向け、国などに広く説明していくとともに、各自治体やごみ処理関連企業等のパートナー候補を幅広く募っていく。
http://www.itmedia.co.jp

https://gunosy.com/articles/RhWj0

 

 

こし

ついに俺たちが役に立つ時が来たか…

ネコめがねうひょ

すげええ

エタノール(ethanol)は、示性式 C2H5OH、又は、CH3CH2OH で表される、第一級アルコールに分類されるアルコール類の1種である。別名としてエチルアルコール(ethyl alcohol)やエチルハイドレート、また酒類の主成分であるため「酒精」とも呼ばれる。アルコール類の中で、最も身近に使われる物質の1つである。殺菌・消毒のほか、食品添加物、また揮発性が強く燃料としても用いられる。
ウィキペディア

仮面

あの半島を丸ごと・・・

モヒカン

夢の島が宝の島になるのか

目隠し

全国の焼却施設を全部ゴミ発電に変えた方がよっぽど儲かるだろ

仮面

酒造メーカーがアップをはじめました

モヒカン

節子それメタノールや

http://www.itmedia.co.jp

 

 

まゆ八重歯

あっぱれ積水科学!

目隠し

処理に時間が掛かってごみの受入れ量を調整しないといけない
現状と同量のごみを処理するには大規模な施設にする必要がある、コスト莫大
コストを抑えると通常のごみ処理施設とは別の施設として建設する事になるので元が取りにくい

こんなオチになる予想

らん

スウェーデン見たく、下水からエタノールを作った方が効率的じゃないか
人間がいるかぎり下水なんてなくならんし、究極のエコだよ

こし

夢の島を掘り起こす日が来たか・・・

しん

ガスをそのまま燃やして発電でもしたほうが良さそうな気もする

焼却施設の運営費がまかなえる程度でも、今までよりはマシだから期待したいね

まゆ八重歯

これはやく実用化して
ごみの分別なくして

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1712/13/news019.html

 

 

仮面

金かけて埋めるだけよりはマシだな

かんショート

日常生活に不可欠なごみ処理場が都市油田になるとはね
これは画期的な発明

しん

ゴミもそうだがその辺の草や枝葉もこれで効率よくエタノールにできるなら
バイオエタノール作るのに可食部を使わずに済むね

ネコめがねうひょ

人間様が食べる作物を栽培して食糧を確保した上で葉や茎からエタノールを作れるなら
ちょっとしたエネルギー革命みたいなもんだな

まゆ八重歯

太陽光パネルはビルの上とかにして
山は広葉樹林に植栽しなおして落ち葉とか
ゴルフ場の芝でエタノールとかいいんだろうけどね

こし

車型タイムマシンはまだかよ