「森永ラムネ」がブレイクの予感 口コミで広がるビジネスパーソンの仕事能率アップ!?

青いラムネ瓶をイメージした特徴的なパッケージのお菓子「森永ラムネ」。日本人の多くが子供のころ一度は口にしたこのラムネ菓子が今、ビジネスパーソンの間で静かなブームになっている。主成分である「ブドウ糖」が脳でエネルギー源になるとされていることから、SNS(会員制交流サイト)を中心に仕事の能率アップに役立つと口コミで広がっているためだ。思わぬ反響に森永製菓は平成29年からプロモーション活動を本格化。異業種との共同研究を進めるほか、これからの受験シーズンに向けて受験生への販売強化にも打って出るなど、30(2018)年は「森永ラムネ」がブレイクするかもしれない。

「かばんにいつもしのばせている」「糖分補給にいい」「お酒のおつまみに食べた。口の中がすっきりする。朝起きたときにも(食べる)」「たばこを吸わないので車の運転中にかじっている。(通販サイトの)アマゾンで20本入りの箱ごと買っている」…。今、こうした森永ラムネファンの声がインターネットのブログやSNSにあふれている。

実際の出荷量としても平成27、28年度と2年続けて前年比2割増で推移し、29年度も同様の伸びが期待されている。マーケティングリサーチ会社のインテージによると、24~28年の性別年代別の購入率は20~40代の各世代の男女でいずれも増加傾向にある。とくに男女ともに働き盛りの40代の割合が拡大している。

昭和48年に登場し40年以上続く定番商品が急激に売り上げを伸ばしている背景について、森永製菓マーケティング本部の吉積優氏は「ネットの口コミの影響で、仕事を効率化したいビジネスパーソンの購入者が増えた」と要因を分析する。

ビジネスパーソンを引きつけているのは、主成分のブドウ糖だ。ブドウ糖は脳のエネルギー源として記憶力や認知機能に関わっているのではないかという研究報告があることから、仕事の能率アップに有効だと思われている。これを受け、「脳がすっきりする」といったコメントがSNSで拡散され、森永ラムネ人気が広がった。政府が「働き方改革」を打ち出す中、限られた時間でちょっとでも生産性を高めたいというビジネスパーソンの切実な思いも反映されたようだ。

ブドウ糖は主にドラッグストアで購入でき、1袋(50グラム)200円が標準的な価格だ。一方、森永ラムネは1本(29グラム)約80円とコストパフォーマンスがいい。スーパーマーケットやコンビニエンスストアで手軽に購入できる上、「お菓子なのでおいしさも重視し、すっきりとした清涼感がある」(吉積氏)と優位性をアピールする。

もちろん、「森永ラムネを食べれば、仕事の能率がアップする」という科学的な根拠はなく、同社も効能はうたっていない。

ただ、ネット上の口コミに刺激され、森永製菓は、これまでメイン購買層とは考えていなかった大人向け市場の本格開拓に乗り出した。昨年からパッケージに目立つよう「ぶどう糖90%」と表記。ビジネスパーソンが購入しやすいよう、スーパーやコンビニ、駅のほか、学生向けに大学売店での取り扱いを増やしている。金融機関、航空会社、メディア、大手予備校など10社への提供もしている。

異業種とのコラボレーションも始まっており、眼鏡チェーンのJINS(ジンズ)と共同で、森永ラムネを食べた人が「集中力」を高められるか調査している。集中力を高めて仕事の生産性向上を目指すJINSのプロジェクトの一環。29年12月1日に「世界一集中できる環境」としてオープンしたシェアオフィス「Think Lab(シンク・ラボ)」の利用者に森永ラムネを提供し、JINSが開発したセンサー付き眼鏡「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」によって、眼球の動きや瞬き、姿勢の変化を測定することで集中度を検出。データを分析し、どのタイミングでラムネを食べれば集中できるかなどを研究する。

JINSと森永製菓との関わりは、同プロジェクトを担当しているジンズ・ミームグループマネジャーの井上一鷹氏が、仕事に対する集中力を高める方法を模索していたところ、「森永ラムネを口にしたときに集中力が高まった」という経験がきっかけだ。ジンズ・ミームで計測したところ、脳が活性化されて集中力が上がっているというデータが得られた。その後、森永製菓の担当者に会う機会があり、ビジネスパーソンの役に立ちたいという思いが一致して、共同研究に取り組むことになった。森永製菓は商品を提供するほか、社内でジンズミームを着用してデータ収集に協力する。

森永製菓は今後も販路を広げるほか、受験シーズン到来に向け、この冬は受験生向けのプロモーションを強化する。スーパーの店頭に専用棚を設置し、ポスターやPOP(手書き看板)で「がんばるあなたにすっきり」というキャッチフレーズも掲げた。今後、駅などの看板で、主成分であるブドウ糖の作用を紹介する。吉積氏は「受験生にとっての必需品に育て上げたい」と意気込む。10代の若い世代を取り込むことで、その後社会人になっても仕事時に食べてもらうなど、息の長いファンを開拓する。

記者も長時間集中して頭がボーッとなりそうになると、森永ラムネを口にして脳をシャキッとリフレッシュさせてこの記事を書いている。しかし過剰な期待は禁物だ。なぜなら個人の能力が向上するわけではないからだ。2018(平成30)年注目の森永ラムネの力を借りても自身の非才は今年も変わらず四苦八苦するだろう。(経済本部 佐竹一秀)

■森永ラムネ 昭和48年に1本30円で発売(現在の希望小売価格は76円)。ソーダのような清涼感と、かむと「シュワ~」と口の中で広がる発泡感が特徴の錠菓。1本29グラムでおおむね20粒入り。これまでにコーラやいちご、マスカットなどさまざまな味を販売。累計販売本数は非公表。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000502-san-bus_all

 

 

モヒカン

このラムネの瓶の形もコストがかかっているかもしれないけど一途にそのままなところも森永さんがきっと頑張っているところなのだろう。お店で見つけたら買いたくなった。

こし

ハイレモンもおいしいで

ネコめがね(笑)

森永ラムネは自分好みの絶妙な口溶け

まゆ八重歯

これ舐めるより噛む方が好き

仮面

試験前、寝不足、二日酔いでお世話になってます。

目隠し

他にもラムネはあるけど、子供向けにフルーツの味とか
付けてあるの多いけど、これは飲み物のラムネに近い
味がする。たしかに大人はこっちの方が好きかもな。

らん

慢性的な糖分摂り過ぎは確実に体を壊すから。蛋白を破壊する性質があるので体力が衰える。
何ごともバランス。お気をつけて。

まゆ八重歯

頭がスッキリするのは確かだけど、どちらかと言うと糖質の摂取量を食事全体で減らすコントロールしてる方が効果が高い感じがあって。
ストレスが強い時にストレス解消で甘いものが欲しくなる時にチョコレートを齧るよりかはこっちの方がいい的な感じだと思う

かんショート

良い事も書いてあるけど、糖尿病の方には気をつけてね

ネコめがね(笑)

そういや「相棒」に出てくる大河内監察官もラムネ大好きだよな

こし

セロファンで包まれたラムネもあったかなぁ

かんショート

ブドウ糖90%含有で味もいいということで脳をフルに使う将棋の棋士とかが食べてるらしく、最近見直されてるらしい

まゆ八重歯

エンゼルパイが食べたい

 

 

モヒカン

ぬるいコーラに二粒入れてシェイクすると、ドカーンと吹き出す

こし

それを口に含んで飲み干すことができればヒーローだった

まゆ八重歯

あんたたち何やってんの、笑

仮面

バカ
けど好きだ

かん(笑)

業務スーパーに、駄菓子屋のお菓子みたいなのが大量に売ってるから、つい買いたくなってしまう

らん

蓋付きだからちょっとずつ食べられるのが良いですね。粉々になる事もないし

モヒカン

二日酔いに良いって聞いて、いつも飲み会の後と翌日にジャックハンマーのようにボリボリ食べてる

かん普通

もともとラムネ好きですが、低血糖になりやすい体質なのでお守りのような感じでよく買ってます

目隠し

数年前から大人買いで、日常的に食べてます。
主に仕事中、ちょっとした合間にないと困るくらい。理由はないけど、ただのマイブームだと思ってましたが、みんな似たような感じだと知ってちょっと嬉しくなりました

こし

まさか、貴方は警視庁の大河内監察官じゃ…?

仮面

つまり相棒の大河内さんは仕事の能率を上げてたのか

http://www.tv-asahi.co.jp

 

 

仮面

40代にとって昔幼稚園や小学校の遠足のお菓子の定番だった、
この森永ラムネ始め、同社製のミルクキャラメル、おもちゃの缶詰
のチョコボール、丸川フーセンガム、明治アポロ、うまい棒、
東ハトポテコ等々。大人の味覚で食べると美味しいとまではいかない
ことも多いけど懐かしくていつまでも企業さんの努力で残していって
欲しいな・・・

ちび笑

やめて欲しい。
秘かに食べてる俺としては注目されたくない

こし

俺はこれで可愛いアピールしてるよ!キャバクラでモテモテや!!