ヘビ毒を注射する男、新たな解毒剤開発の希望に

【AFP=時事】かれこれ30年近く、英ロンドン在住の爬虫(はちゅう)類愛好家でミュージシャンのスティーブ・ラドウィン(Steve Ludwin)さん(51)は、ヘビの毒を自分に注射し続けている。死にかけたこともあるといい「正気の沙汰ではない」と自ら口にするが、その習慣が今、何千人もの命を救う可能性があると注目を集めている。

ヘビ毒に対するラドウィンさんの生体内反応を観察して新たな解毒剤を開発する研究が進んでいるのだ。

「僕がやっていることはまるで正気の沙汰ではないように思われているけれど、健康に大きく役立つかもしれないと分かったんだ」と、ラドウィンさんはロンドンの自宅でAFPの取材に語った。

ラドウィンさんは記者の前で、長年の習慣を実演してみせた。緑色の毒ヘビ、ポープアオハブの頭部をがっちりとつかみ、毒を数滴、搾り出す。そして数分後、その毒液を注射器で自分の腕に注入した。こうやってもう何年も、世界有数の危険な毒ヘビの毒を注射しているとしながら、これまでにブラックマンバやコブラの毒も注入したことがあると話した。おかげで免疫系が強化され、この15年間は一度も風邪を引いたことがないのだという。

だが、万事良しというわけではない。これまでに、注射する毒の量が多すぎてロンドン市内の病院の集中治療室に3日間、入院する羽目になったこともあるという。「事故だって少なくなかった。これは極めて危険な行為だ。他の人には勧めない」と、胸にヘビのペンダントを下げたラドウィンさんは語った。

ヘビの毒を注射するときの感覚については「全然気持ちの良いものではない」と話す。「ジム・モリソン(Jim Morrison)のトリップみたいにはいかないし、ものすごく痛い」と、ラドウィンさんは米ロックバンド「ドアーズ(The Doors)」のボーカルを引き合いに出して説明した。

■安価な解毒剤
この独特の習慣に2013年、デンマークのコペンハーゲン大学(University of Copenhagen)の研究チームが着目した。ラドウィンさんの持つ抗体を利用して抗毒血清の開発に乗り出したことで、新たな意義が生まれたのだ。
https://headlines.yahoo.co.jp続きはこちら

http://www.afpbb.com

 

 

ネコめがねうひょ

ええええええええーーーーー

こし

すげーーーーーーー

ネコめがね(笑)

あぶねーーーって(笑)

モヒカン

まさにバカと天才は紙一重。
けど成功したら、歴史に名を残すレベルだわーー

こし

15年間一度も風邪をひいたことが無いとはすごい!
俺は一年に一回は風邪引くけど53年間死にかけたことは無い!(笑)

まゆ八重歯

「免疫を強くしたいな…よしヘビ毒を注入しよう!」

ええー・・・

仮面

もしこの人から採取した抗体が製品化されたら
名声だけでなく莫大な収入が転がり込むよ

まゆ八重歯

色々すごい

らん

巳年、でしょ

http://www.afpbb.com

 

 

仮面

帽子「スリザリン!」

まゆ泣

これが成功したらこの人にノーベル賞を

こし

イグノーベル賞

目隠し

毒と薬は紙一重。トリカブト毒も強心剤。

しん

人間どんなことでもずっと続けていればいつか何かの役に立つ日が来るということなのかな?

かん普通

世の中色々な人が居る、と強く感じる記事でした

まゆ泣

現代医学は過去の犠牲によって成り立ってる部分も多いはず。
この方の発想がのちに多数の命を救う可能性は大ですね。
くれぐれもご安全に。。

しん

ご本人が、ご無事で、薬が上手くいってほしい!
だけど、他に方法はなかったのかな?

ネコめがね(笑)

こういう変わり者がいろんな発明とか発見をしてきたのかも知れないな

仮面

最先端のおっちょこちょいが新しい可能性を切り開いて、人類は発展してきたと思っていたが、
この男は、おっちょこちょいとは違う別種のフロンティアだね

モヒカン

色々な生き方があるんだな。
目的目標がどこにあるのか分からないが、何かに取り組んでいる姿に、自分もそうありたいと感じる

まゆ八重歯

色々すぎて意味わからないって

かん普通

世のため人のためになる偉業で素晴らしい。
この人のお陰で救われる人がでてくるということ

ちび笑

昔の人はそうやって世紀の発見したものなんだろうな・・・
それを今やる??

こし

批判や冷笑されながらも、蛇に対しての万能血清を作るべく頑張ってきた功績は賞賛に値するかと。
数ある賞の中ではノーベル賞が世界で一番権威あるのかな?だとしたらノーベル賞のいっちゃんええやつこの人にあげたってー

http://news.livedoor.com

 

 

らん

へび使いも希に抗体を持ってるって聞くけど…それをやっちゃうんだからね…凄いとしか

かんショート

毒をもって毒を制すってことか?
でもこういう風変わりな人がいるからこそ
研究が進んで、医療の進歩に貢献するんだなあとは思う

ちび笑

ほぼ、漫画の世界だわ

まゆ八重歯

最初のきっかけや動機はなんだったの?
研究や貢献のためというような記載はないけども。

そこが気になるんだけど。

25年前に毒の注射を始めたというラドウィン氏は少年の頃からヘビが大好きだったそうですが、9歳の時に訪れたフロリダのヘビ園で、ある人物にであったことがきっかけでヘビの毒を自分に注射することに関心を持ちました。
その人物とは、西洋人で初めてヘビの毒を自分に注射し、抗体を作る試みを行ったとされるビル・ハースト氏です。無謀すぎるハースト氏の試みでしたが、あろうことかラドウィン氏も同じように毒を注射して抗体を作ることに憧れに近い感情を抱いたそうです。
やがてラドウィン氏は実際にヘビの毒の注射を開始し、それ以来25年間にもわたって週に一度の注射を続けてきました。自宅でヘビを飼い、定期的に採取した毒を最初は水で薄めたものを注射しはじめましたが、徐々に濃度を高くして体を毒に慣らし続けることで、体内で毒への抗体を作ってきたとのこと。http://news.livedoor.com詳しい続きはこちら

こし

しかも学者じゃなくてミュージシャン・・・

まゆ八重歯

サインほしいかも・・・

モヒカン

絶対ロックだ