驚き “UFO“か 北海道森町で目撃多数 「オレンジ色」「見飽きた」 副町長までも

 

噴火湾に面した北海道森町の砂原地区。現在に至るまで、UFOの目撃証言が多数寄せられています。

住民:「円盤状だったと思うんですが…」

まちで話しかけた1人目があっさり目撃証言。さらに聞き込みを続けると…。

住民:「テレビで見てるような円盤状のものが(ジグザグに)行っているような感じが…」

多くの人が見たのは約40年前のこと。この時、森町の砂原地区では、室蘭方面から駒ヶ岳に向かって飛来する発光物体を、多くの人が目撃していました。

詳しい話を聞こうと、町役場を訪ねました。

 

副町長までも 多数が目撃“飛行物体“

 

https://ameblo.jp

「回転灯みたいなものが ピコーンと」
森町 木村浩二副町長:「回転灯みたいなものが、ピコーンピコーンとまわりながら移動していくんですよね」

なんと副町長も、その飛行物体の目撃者でした。町を挙げての騒ぎとなり、対策も検討したといいます。

木村副町長:「その当時、騒ぎになり、関係機関が自衛隊、航空機、海保とかいろんなところに問い合わせたが、飛行している記録はない。当時は、(人口)6500人くらいはいた。だいたい見てるんじゃないですか」

駒ヶ岳の周辺は多くの海鳥が飛び交います。鳥の見間違いでは?と考えた取材班でしたが、「当時、発光物体が迫ってきた」という証言も得ました。

住民の女性:「“オレンジっぽいの“がバーッと迫ってきて、草むらに隠れた話がある。おっかなくなって、草むらに逃げたんではないの。その人は、死んでしまったので、聞きたくても聞けない」

涌井寛之記者:「先ほどの女性の証言で、オレンジ色のものが迫ってくると話していたのは、あそこの煙突が立ち並んでいる水産加工場が集まっているあたりです。ここもやはり駒ヶ岳の麓になります」

さらに取材を進めると、UFO騒動は過去のものではなく、現在も続いていることが分かりました。

 

“現在“も目撃続々 取材班も驚き

 

砂原地区の住民:「駒ヶ岳のところだべ。よく“七色に光っていた“」

砂原地区の住民:「7~8時ごろになると、すぐベランダ開けると見えるんです。今年もつい最近かな、お前、見れ見れって、もう見飽きたやっていうくらい。本当ですよ!」

砂原地区の住民:「それがまたカラフルなんだ。赤とかオレンジとか色変わったら、バーッと上にあがったと思ったら、下がったり…」

住民の目撃情報の記憶は“かなり詳細“で、“共通点“がありました。

・赤やオレンジに光る。
・音はしない。
・室蘭方面から駒ヶ岳の中腹へ飛ぶ。
・水平飛行やジグザグ飛行など飛び方は様々。時には急停止に急発進も。
・晴れた日の午後5時から午後8時ごろに現れる。

“飛行機の見間違い“かと考えましたが、砂原地区の周辺にはプロペラ機が離発着する鹿部飛行場があるものの、利用できるのは午後5時まで。そのほか近くに空港や自衛隊の基地はありません。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00010000-hokkaibunv-hok

 

UFOを撮影せよ!

 

http://xn--pckxb4cud.com

私たちはUFOを撮影するため張り込みをしました。しかし、初日はあいにくの雨模様。発光物体は確認できず取材班は後日改めることに。

天候の回復を待ち2018年7月23日、再び現場を訪れた取材班。

今回は夜でも鮮明に撮影できる高感度カメラを持ち込み、発光物体が多く目撃される午後5時から午後8時までの間、砂原地区が見渡せる展望台で発光物体の撮影に挑みました。

飛行物体を探す2度目の張り込みも天候は曇り。雲間からわずかに空が見える程度。一縷の望みをかけ張り込みを開始しましたが、飛んでいるのはカモメばかり。それらしきものを確認することはできません。

日もすっかり落ち穏やかな噴火湾では、特産のホタテ漁船の明かりが輝き、対岸の室蘭の白鳥大橋が美しい姿を見せます。

午後8時まで残り20分。

あきらめかけた、その時…。

森の上をゆっくりと飛行する謎の発光物体。その数は3つ。

発光物体の飛行ルートは駒ケ岳から室蘭方面へ。これまで聞いていたものと真逆です。

光は三つ。自衛隊機の編隊飛行でしょうか?

取材班は、陸海空全ての自衛隊に確認するも、発光物体を目撃した午後7時40分ごろ、ヘリコプターや戦闘機が飛んだ記録はありませんでした。

地元商工会の会長は、「漁船ではないか」と指摘。

UFOではないようでした。

しかし、北海道では砂原地区のほかにも、さまざまな場所で不可思議な現象が目撃されてきました。

北海道各地で“光る飛行物体“

(中標津町:2018年7月23日):「えっ!何?あの光。何の光だろう…」

これは、23日午後7時ごろ、中標津町の西竹地区に住む男性がスマートフォンで撮影したものです。異様な光が出ては消えるのを繰り返していたといいます。

同じ方角に陸上自衛隊の別海駐屯地がありますが、光源となる機械などの使用はありませんでした。

(釧路市、2001年)「うわーーっつ!気持ち悪い!これUFOだぞ。これ本当に」

これは2001年、釧路市で撮影された映像。撮影者によりますと、この飛行物体は近づいたり離れたりを繰り返していたといいます。

さらに2011年、十勝地方の幕別町。携帯電話で撮影された動画に映るピラミッド型に光る物体。回転しているようにも見えます。

当時、専門家に尋ねましたが結局、正体は不明のままですhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00010000-hokkaibunv-hok&p=2

 


※元記事に動画あり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00010000-hokkaibunv-hok&p=1

ネコめがねうひょ

おおおお

モヒカン

日本やべー

まゆ八重歯

ロシアか中国の偵察機じゃなくて・・・

しん笑

ムーの来月号に載れば、本物だ

 

 

ジジ

信じるか信じないかはアナタ次第です!

らん

これ明らかに異次元の世界からの飛来物でしょ

鳥仮面

UFOや宇宙人など存在しないことを証明することのほうが難しい

ぺろ

ロシアの秘密兵器

仮面

UFOには宇宙人が乗っていて、矢追純一や都市伝説のハローバイバイ関が間もなく情報が公開されると言っているが情報が公開されたことは一度もない・・

モヒカン

ナチスが南極の地下に秘密基地を作ってそこからUFO飛ばしているって都市伝説があったな

仮面

政府の陰謀だ!異星人はもうとっくに紛れ込んでいる

かんショート

宇宙人も酷暑は避暑地へ、GO!

ピエロ

新手の町おこし

ネコめがね(笑)

UFOも毎日見ると飽きるんだな

こし

UFO食べ飽きた…

鳥仮面

町長や自衛隊を含めこれだけ人々に目撃されてたら
飛んでるのは間違いない。
国防は認めたくないだろうけどもうそんなことは言ってられない。

しん

世界中でUFOと見られる映像は掃いて捨てるほどあるのになぜ接写の映像がないんだ

ピンク

操縦者は間違いなく矢追純一さん

メットくん

ステルス戦闘機なら見たことあるけど、明らかに動きが違うね

ちび笑

ステルス戦闘機がピカピカ光ってたらダメだろ!!(笑)

かんショート

自衛隊の戦闘機かヘリコプターで追っかけて欲しい

仮面

これだけ星があるのだから、地球人の理解の範囲を超えた科学技術を持った「異星人」がいたとしても何の不思議もない。これはオカルトでも何でもない、むしろ「合理的思考」

ピエロ

ちなみに昔中国で謎の騒音騒ぎがあったことあるけど、米軍のステルス機が威嚇と偵察のために中国領空に侵入した可能性も少し考えてる。

探知できなかった中国軍がメンツ守るため正体不明のままにしてる可能性も捨てきれない。

ピンク

六甲山もUFOの目撃情報あって、UFOを呼べるオッチャンがおる(笑)

しん笑

秋田県の黒俣山頂上付近にはよく出る。
多くの住民が見ている。
あまりに何度も見ていて話題にもならないほど。
以前、私も何度かみた。
オレンジ色の物体が3体、3体でグルグル回ったり、消えたり、現れたり、とどまったままだったり。
ちょうど近くに大湯環状列石ストーンサークルがある。
大湯ストーンサークル館の職員の方も、住民は何人も見ていると言っていた。

 

 

まゆ八重歯

UFOは未来の人がタイムマシーンで過去を見に来たという、マツコデラックス説が好き

カグヤ

私も子供の頃これとソックリなの見たことある。近所の人たちと大勢で指差して見てたら2〜3分空中浮遊した後ものすごい速さで飛んでった。

ジジ

大槻教授「プラズマです」( ー`дー´)キリッ

まゆ八重歯

航空自衛隊のパイロットも目撃してるなら
オカルト話で済まさずしっかり調べた方が良いんじゃない

 

元空自パイロットも証言

https://ameblo.jp

 

元航空自衛隊空将の佐藤守さんは、道南に近い青森県・三沢基地付近で、後輩パイロットが目撃した飛行物体の話をしてくれました。

元航空自衛隊空将 佐藤守さん:「黒い丸いのが浮いている。あれなんだろうと。『お前見えているか?』、『見えてます』。バルーンが浮いているわけないよな。気になって、黒い球に向かって突撃した」

「450ノット(時速約830キロ)で吹っ飛ばしていく。近づいてきたらどんどん動き出して。そのうちにぴゅーっと瞬間的にものすごい速さで三沢の方向に消えてしまった」

佐藤さんは、UFOはオカルトではなく、科学的な検証が必要だと指摘します。

佐藤さん:「UFOはオカルトじゃない。そんな次元じゃないと思う。もっと科学者が集まれば、歴史学者、生物学者、一同に会して意見を出し合うことで、当たるものがあると思う。いわゆる、“科学的な検討をする時期“に来てると思う…。目に見えない世界、それが解決されるんじゃないかなと思う」

「国防」の観点で国会で取り上げた人もいます。

(質問主意書から):「地球外から飛来してきたと思われる飛行物体の攻撃を受けた場合、「存立危機事態」として認定される可能性は?」

2018年2月、質問主意書を提出した北海道選出の逢坂誠二衆院議員です。

逢坂誠二 衆院議員:「アメリカの国防総省がUFOについての研究を5年くらいやっていて、アメリカとしてはどんな対処をするかっていうことを水面下でいろんなことを考えていたんですね。国防を考えるときに、そういったことは大事なポイントだと」

一方、閣議決定された答弁書は。

逢坂氏:「(答弁書は)いわゆるUFOについては政府としては確認をしたことがない。地球外から飛来してきたと思われる飛行物体が我が国に、飛来したときの対応について特段の検討を行っていない」

「アメリカが想定外の事も想定するんだという姿勢でやっているのに比べると、少し残念な気持ちがした」

40年前、森町の町民のほとんどが目撃したというUFO。北海道南部のUFO騒動は、今も静かに続いています。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00010000-hokkaibunv-hok&p=3

 

 

 

ピンク

家の中で未確認の黒い物体が壁を移動してるような影を一瞬見ることなら何度かある

モヒカン

それは、もっとやべーやつ

ぺろ

一度、ミサイルで撃ち落として見たら、本当の正体が分かるんではないか?
破片も地球上のものか?宇宙の物か?
ただ、色々犠牲にしなくてはならないけど、
最初の一発は大きな価値があるかも。

カグヤ

私が見た UFO はかなりの速さでランダムに飛んでいたから打ち落すのは無理だと思います。
そもそも人が生活している上でミサイル打てるわけがない。

ピンク

遥か彼方の惑星から地球に来るほどの科学力があるなら、

人間の目に触れないような偵察をすると思う。

カグヤ

わざと光るようにしてる可能性もあるじゃん

しん笑

警告だよ

モヒカン

捕まらない絶対的な自信( ー`дー´)キリッ

仮面

遥か遠い距離であっただろう地球にまで飛行体を飛ばせる技術を持っているのにも関わらず、あまりにも目立ちすぎる発光機能や飛行方法は全くもって合理的とは言えない。
もし実際に飛来しているのなら、宇宙人の考えることは本当に謎だ。

まゆ八重歯

東北での地震の後も東北でUFOの目撃情報は多かったのを
思い出した。

ネコめがね(笑)

UFO を見たことがない人は信じられないだろうけど、現状人類の理解を超えるものがある事を認めるがよい。

鳥仮面

しかし宇宙人とは限らない?地球には過去に昔の人間の科学力では無理だと思われた高度な文明が存在した痕跡もあり人類が存在しないはずの時代に人類らしき痕跡があったし

まゆ泣

元パイロットの話が本当だったと仮定して、他国の軍によるモノだったら・・・
日本は一瞬にして堕とされる。

ピンク

話違うけど、人魂って子供の頃、親の田舎でお盆の夜によく見ました。
で大槻教授がテレビでプラズマを使った人魂の再現実験したのを見てつい吹いて笑ってしまった。
人魂とは全く似ても似つかない別物だったからです。
いくら頭のいい教授とはいえ真実を知らないという無知は一般人でも大学の教授でも変わらないというのがよく分かった出来事でした。

ジジ

あまり知らないほうがいい。
知らないフリをするのも大事である。

仮面

森町と青森のUFO目撃地点の中間、青森県浪岡町の梵珠山では、かなり古くから不思議な光源の目撃証言がある

 

 

ちび笑

彼らと我々では物を視認する目の仕組みが違うのではないか。
あの強い光を発する事で彼らの眼ではUFOは見えなくなっている
から大丈夫だと思っているのかもしれない。
きっと我々から丸見えになっていることに気づいていないのだ。

まゆ八重歯

特番やってーーーーーー

かんショート

大泉洋でUFO特番頼やってーーーーーー!!!

天使のような雲が米テキサス州の上空に現れる!こりゃ良いことあるぞ!声出たわ!!

ピラミッドに未知の大空間があることが判明!!わくわく感が半端ないwww