イニエスタ日本の印象語る「すごい暑さ」一問一答

 

ヴィッセル神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が26日、横浜F・マリノス戦後に、U12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2018で来日していたFCバルセロナU12の子どもたちと交流を深めた。

子どもたちは同大会での3連覇達成の報告を行い、イニエスタは子どもたちに成長への道筋を話した。

イニエスタ 今いるところを最大限に生かすことだ。選手として、人として成長するために理想的な場所だと思う。自分が手にしていることの価値を知ることだ。実際、最高の選手になるために必要な全てに恵まれているのだから。あとは楽しんで、それぞれが自分の可能性を信じることだ。いつもバルサのトップチームでプレーすることを夢見て。学びながら、毎日、1歩ずつ近づいていく。とりわけ、今、手にしていることの価値を認めることだよ。

子どもたちとの交流を経て、イニエスタはバルサTVのインタビューにも応じ、日本での感想を話した。

-日本の印象は

イニエスタ 日本はとても良いよ。正直、初日からすごくなじめたし、僕を助けようとするたくさんの人たちがいたし。チームメート、クラブで働く人たち、全てやりやすいように整えてくれるから、それは大きな助けになる。それ以外の条件はあるよ、例えば気候とかね。気温とか湿度とか、すごい暑さだと知った。とりわけ、最初に来たばかりで、まだ練習の数をこなしていない時は体により響くから。

-Jリーグの印象は

イニエスタ 一般的にプレーのタイプについて言えば、休止が多いかもしれない。僕が長い間、慣れていたプレーからみれば。でも、最高に気に入っているし、そういった全ての新しい経験が僕にとって良いことだし、まだスタートだ。リーグの印象は、どんなライバルでも、ポジションが下であっても、相手のホームで勝てる、逆に僕らもどんな相手にでも勝てるような。まるで負けることを恐れないサッカーみたいだ。1-0で負けていても、攻撃し続けている。

-目標はリーグ優勝?

イニエスタ うん、優勝したことがないし、(優勝するのは)大事だろう。僕は、リーグのシーズン後半に来たし、全てがすごくスピーディに進んでいるけれど、僕らは上位3位までに食い込める可能性がある。

-日本に来るという冒険について

イニエスタ 僕が踏み出した1歩、その決断は当たりだった。僕が、個人レベル、家族レベルでここで得ている経験は、とてもポジティブなものだ。家も家族も友人も全てが近くにあるし、もちろん、僕の目はいつも、バルセロナ、チームに向いているよ。うまくいっているか、機能しているか、とそれはずっと続けていくことだけれど、日々の生活レベルでいえば、僕はとても楽しんでいるし、正直、本当にこの生活を気に入っているよ。

-現在のバルサについて

イニエスタ 力強いチームだと思うし、今季、若い選手や経験豊か選手を補強したから、それがチームに深みをもたらすと思う。バルサが今季の終わりに、全タイトル制覇をかなえることができれば、と願うよ。昨年のローマでの出来事は、あらゆる意味で突き刺さっている。誰も予期していなかったし、僕らは上位にいたし。今年も再び、闘っているだろうし、是非、そうなればと思っている。

-メッシがキャプテンを引き継いだ

イニエスタ キャプテンマークをつけていなくても、いつもキャプテンの役割をしている。僕はいつも言ってきた。僕らのチームには、まとめやすいグループの選手たちがそろっている。彼はアルゼンチン代表のキャプテンだ。アドバイスすることはほとんどない。僕は、メッシと共に楽しんだだけだ。僕にとってキャプテンであることは、唯一無二の経験だった。メッシにとっても、こんなに長い間、クラブにいた後にキャプテンになるのは、新たな喜びになるだろう。

-アルトゥールについて

イニエスタ 唯一、僕ができるアドバイスがあるとすれば、自分のプレーを信じるようにということだ。彼はとても優れた資質を持っていると思うし、それを生かせるクラブに来たと思う。彼はまだ、若い。多くを学べる最高の選手に囲まれて学ぶことができる環境にある。是非、運に恵まれて、彼の持っているサッカーを発揮し、クラブをより大きくしていく力になって欲しい。

-バルサ時代のビデオは見るのか

イニエスタ 日によって、リーグ戦最後の試合や最後の瞬間などのビデオを見ることもある。バルサで過ごした最後の日々は、その全てを覚えているわけではないけれど、魔法にかけられたような日々だったし、決して忘れることはない。あんなに多くの愛情を受けることができて、あの日々は、本当に忘れられないものだった。今日現在でも、まだ思い出すよ。僕らは、それぞれが自分の歴史をつくり続けていく。そして、将来、バルサにいられたら。なぜなら、バルサは、僕のホーム、わが家だと思っているし、僕があそこで長い時間、学んだことの全てをなんらかの形で伝えられればと望んでいる。

-日本の食事について

イニエスタ すしとか典型的なものを除いて、ラーメンやうどんなど、スープと共に食べるパスタの一種を試したよ。僕らからみれば、スパゲティをスープと混ぜたようなもので、異なった味があり、いろいろ試しているよ。それに、ここの神戸牛といったらすごいし。いろいろ、試してみているよ。

-日本について驚いたこと、日本での生活

イニエスタ 最も目を引いたのは、仕事の仕方、全て、きっちりと計算され尽くしていることかな。僕はかなり、物事をシステマチックに行う方だけれど、日本でのそれは、信じられないくらいだ。後は、人々の敬意の払い方とか、どこにいっても、誰もが手を貸そうとしてくれる。無償でね。習慣で目を引いたのは、やっぱり、家について、靴を脱ぐこと、家の中ではだしでいることだね。少しずつ、言葉は覚えているよ。ブエノスディアスのおはよう、こんにちは、こんばんは、おやすみはブエナスノーチェス、夜、寝る前のあいさつ、数字とかね。正直、会話をするところまでは、ちょっと難しいと思うけど、毎日、同じチームで生活して、日本人選手も少し、スペイン語を覚えて、お互い、良い意思疎通があるよ。日本語、スペイン語、英語と混ぜながら、話しているよ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00312981-nksports-socc

 

https://cyclestyle.net
メットくん

『最も目を引いたのは、仕事の仕方、全て、きっちりと計算され尽くしていることかな。僕はかなり、物事をシステマチックに行う方だけれど、日本でのそれは、信じられないくらいだ。後は、人々の敬意の払い方とか、どこにいっても、誰もが手を貸そうとしてくれる。無償でね』

俺。嬉しい
おかわりください

まゆ八重歯

今年の暑さは特別、って伝えたい人はいっぱいいると思う

しん笑

いや、でも今後はこれが普通になっていくんだと思う、、、

仮面

今年はとりわけ暑いけど、日本の夏はヨーロッパ人には厳しいわ
バルセロナで熱帯夜なんてまずないだろう
逆に冬は神戸の方が少し寒いかもしれないね

ピエロ

結構前に見た情報だけどバルセロナは理想の気候の都市トップ10らしい

 

 

らん

あまり日本の食事は気に入っていない??

ピンク

バルセロナの8月の平均最低気温は19℃
連日熱帯夜が続くのが当たり前の日本は暑すぎるよ

かんショート

サッカーファンは外人の言葉に弱いねw

仮面

Jリーグの印象の「休止が多い」ここ、もっと詳細に突っ込んで欲しかった SPAのポゼッションサッカーみたく、ボールが止まらず常に動いてる事なのか人自体が止まってしまうのか?大事な事なのに間抜け記者めw

鳥仮面

休止の多いサッカー。
これが全てかもな。
イニエスタ見てると常にボールを貰うためのパスコースに入る動きを一切サボらない。そしてバルサでは全ての選手がそれが当たり前にできている。だからこそボールを持った選手はどんなタイミングでも複数のパスコースから選択できる。イニエスタのプレーの殆どは真似したくてもできないが絶対にサボらないパスコースを作る動き、これは小学生でも直ぐに真似ができる。

https://headlines.yahoo.co.jp
らん

イニエスタ『すごい暑さ』

あ、やっぱりw

こし

はげ

まゆプン

コラッ

かんショート

性格良さそうだね

鳥仮面

優しそうだしん

メットくん

世界的サッカー選手の中では最もアンチの少ない選手だと思うわ

かんショート

超一流選手は人格的にもそうなんだよ、きっと。

しん笑

性格いいどころかサッカー界きっての人格者だよ

カグヤ

イニエスタはアンチゼロ

まゆ泣

超一流選手は人格的にもそうなんだよ、きっと。

残念ながらそうでもなさそうな人も沢山いまして…

仮面

↑本田は超一流選手じゃないぞ??

ピンク

誠実な印象を与えるインタビュー
休止が多いは示唆に富む

モヒカン

昔、ピクシーが日本を楽しみすぎて、鮎ばっかり食ってたらしいが、彼も日本を楽しんでくれたらいいと思う。

https://www.pinterest.jp
まゆ八重歯

ほら、イニエスタの悪口って“ハゲ”ぐらいしか出てこないじゃん。
そのくらいの人格者。

こし

性格が良いというか、人間の大きさを感じる。

ジジ

スペイン風 高原直泰

 

 

ピンク

選手として人として成長するなんてことを常に考えてるんだね、このレベルの選手は。

仮面

バルサTVのインタビューというところがミソ。

他のクラブに在籍しながら、バルサTVのインタビューを受けれる選手は、イニエスタの他にいない。

生涯契約を結んでかつ、スポンサーが同じ神戸だから成し得た事案で、バルサTVでインタビューが放送される事が、神戸、Jリーグひいては日本サッカーの発展に非常に有益なだと思う。

かんショート

本当だねー
これが世界中のバルサファン、イニエスタファンに発信される

すごい発信力だよね

仮面

街は安全で、家族との時間が持て、クラブの生活面など手厚いサポートと、小さな子供の教育環境もきちんとある。
リーグもポテンシャルを秘めた野心のあるリーグ。

ポドルスキ 選手 トーレス選手も言ってましたが、セカンドキャリアに選ぶ際の大事な要素だそうです。

そう言ったことがレジェンドから発信されるのは影響が大きい。

メットくん

イニエスタが良い事を言ってくれるお陰で今後も大物がJに移籍してくるかもしれない
神戸のスタッフとサポーターは頑張って支援してくれ

モヒカン

人柄がめちゃめちゃ良くてますます好きになった
休止が多いJリーグ全体のプレースタイルごと変えて行くような活躍を願ってる

まゆ八重歯

しかもサッカー上手すぎ
神様イニエスタに色々与えすぎ

https://topics.smt.docomo.ne.jp
ぺろ

だが神は髪を奪われた・・・

メットくん

プレーを見てたら、日本の選手ついて行けてない味方も遅いのでイニエスタは待っていてプレーしてる。

 

 

ピンク

いつも余裕もってやってますよね

目隠し

プロフェッショナル

カグヤ

“休止が多いかもしれない。”ってどういう意味だ軽いファウルなりタッチライン外にボールが出て止まる時間が多いってことかな。

ピエロ

イニエスタの言ってる休止っていうのは多分、
ボールが落ち着く時間が長い事を言っているんだと思うよ。向こうは常にハイプレスだから攻守がすぐ逆転する。

らん

私も思いました。実はこの部分すごく大事な事のような気がして・・・外国人選手ってJリーグの課題みたいなものを言うのはディスってるように見えちゃうから言いにくいかもしれないけど、是非是非言って欲しい。そこに改善ポイントが必ずあるわけだし、イニエスタほどの選手が感じた事ならきっと参考になる。

https://blogs.yahoo.co.jp
メットくん

別にリーガと全く同じにすることはないと思う。その国その国でリーグやサッカースタイルは異なるし、それがサッカーの魅力の1つでもあるし。もちろん良いところはどんどん改善、取り入れることは大事だけどね。

鳥仮面

神戸をバルサと比べるのも酷だけど、選手、チーム、リーグ全体でプレースピードを上げてほしいね。
それが強化にもつながるし、見ている方も面白い。

こし

その休止が多いというのは暑さも関係してましてね。。

かんショート

パススピードが遅い、バックパスが多いと私は解釈したのですが、、、

仮面

リーガのように素早いカウンターの繰り返しがないという意味かな。日本は安全にパスを出せるコースを見つけるまで、バックパスを繰り返すよね。お互いに布陣が安定するまで待つから、今4-4-2なんだなとかすぐにわかる。海外サッカー見ると展開が早くてどうなってるのかわからない時がある。

しん笑

別にバックパスは悪いことじゃないよ。イニエスタは足を止める選手がJには多いって言いたいんだと思う

メットくん

普通に考えたらすぐファウルをとるってことじゃない?
これは昔からの課題。
国によってぜんぜん基準が違うからね。
セリエAはやたら笛吹くし、プレミアはぜんぜん吹かない。

目隠し

個人的にはボール奪ってから、スペインではすぐにカウンターに行くところをJではディフェンスラインで小休止してるって意味だと思った。
ファールでの小休止も含んでいそうな気はする。

モヒカン

やっぱり3番目、4番目の動きが止まっているって事っておもった

らん

プレスが掛かってない時間帯が多いってことでしょ。
特に最終ラインではボールホルダーのDFが棒立ちで横パス回してるシーンがよくある。

https://mundodeportivo.jp

 

 

まゆ八重歯

ティキ・タカが基本だった彼からしたらワンタッチの少なさとか、パス&ゴーの動き出しの少なさとかでも解釈できるかもね。受けて出す。のプレースピードの問題のことだと思います。

ジジ

お互いに攻撃するでもボールを奪いにいくでもない時間があるといことかなぁ。イニエスタがどう感じているのか興味深い

こし

もうだれか聞いてこいよ笑

http://jf-2016.com

【サッカー】F・トーレスがJリーグの印象を語る『レベルは非常に高い』『試合が始まってすぐに非常に高いリズムで試合が進んでいく』

神の子健在!海外絶賛!F・トーレスがゴールを決めると嬉しい気分になるのはなぜww