「大日本帝国時代は本当にいい時代だった」 パラオの人はなぜ今も親日なのか

 

大日本帝国を懐かしむ人たち
毎年8月になると戦争関連の書籍、報道、番組、記事が増える。基本的に全面的に肯定する人はいないものの、先の戦争の評価は人それぞれである。「日本のやったことはすべて悪い」という立場もあれば、「仕方が無かった面もある」「良かった点もある」という立場もある。前者は後者を「歴史修正主義」などと批判し、後者は前者を「自虐史観」と批判する。これもまた毎年のように繰り返される光景だ。

このように戦争についての論争が自由に行われること自体、いくつかの近隣の国では見られないことかもしれない。
概してメジャーなメディアでは「日本は悪いことをした」というトーンの論調が主流だが、その視点からは抜け落ちてしまう人たちも存在する。
大日本帝国が支配していた時代を懐かしむ人たちだ。
「日本は良いこともやった」と当の日本人が主張した場合、批判を浴びがちだが、実際に大日本帝国の支配を受けながらも今でも好意的に語る現地の人たちの存在は、ある種の論者には不都合な存在なのかもしれない。

たとえばパラオ諸島を含む南洋の島々には、今でも大日本帝国の統治下を知る人たちが存在している。
彼らはその前にはドイツの支配下にあり、戦後はアメリカの強い影響下にあった。その経験を踏まえてもなお、大日本帝国時代を懐かしむ声は決して少なくない。
たとえば、現地の老婦人、カズエさんはこう語る(名前は日本風だが、パラオ人。当時はこういう人が多かった)。

「日本時代は楽しい時代だったのよ。私は本当に感謝してますよ。私が生まれたのは日本時代の真っ盛りでしたからねえ。昔は楽な生活だったのよ。食べ物にも困らないしね。日本の時代は本当にいい時代だったのよ」

なぜなのか。
数多くの現地の人たちの証言を集めた『日本を愛した植民地』(荒井利子・著)に収められた肉声を中心に紹介しながら、同書をもとにその理由を見ていこう(上の老婦人のコメントも含め、以下、引用はすべて同書より)。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00546855-shincho-int&p=1

 

ドイツの恐怖支配

 

パラオ諸島を含むミクロネシアに一早く目を付けたのはスペインだった。彼らの目的はキリスト教の布教。スペイン政府は現地に学校を建てて、西洋の価値観を広めようとした。
そこに狙いをつけたのがドイツだ。スペインとの奪い合いの末、いろいろな経緯を経たうえで、武力と財力によってドイツは19世紀末にはミクロネシア全域を領土とする。
このドイツ時代の支配は、簡単にいえば強国が植民地に対して行なう悪い支配の典型のようなものだった。最初こそ教育にも力を入れたものの現地で鉱石が発見されるや、現地人に労働を強い、従わない者には鞭打ちなど厳しい刑を与えた。親から当時のことを聞いているパラオ人のフジオさんは、こう語っている。

「ポンペイ島では、強制労働への反発からドイツと戦争のような事態になりました。この件ではドイツ人の知事も殺されました。パラオの人も反乱を起こしました。あんまりひどい扱いを受けましたからね。
ドイツ人はパラオの人を処刑する時はみんなが見ている前でやるんです。
反乱を起こしたうちの3人のパラオ人が撃たれた。それをパラオ公園にある大きな木に吊るしたんです。日本人はそんなことしませんでした」

第1次大戦後、ミクロネシアは日本の委任統治領となる。これは植民地ほどの権限は持たず、物質面や精神面で現地住民が幸福な生活を送れるようにし、いずれ独立国家としてやっていけるように支援する政策にすべきだ、ということが戦勝国の間で決められた。こうした決定に日本は不満もあったものの、結果的には従っている。
こうして大日本帝国はミクロネシアを統治することとなる。その大方針として、「島民の福祉の増進」が掲げられた。もちろん、当時のこの種の統治なので、一種の同化政策が進められたのは事実で、現在の視点から見れば問題もあるだろう。
ただ、ドイツ時代と比べると島民の受け止め方ははるかに好意的だった。ドイツは2千もの島々が広がる中に、25人ほどの役人を配置しただけだったが、日本は1922年に「南洋庁」を設置すると、職員だけでも603人を配属した。
先に証言を紹介したカズエさんはこう語っている。

「ドイツの占領時代に来たドイツ人はたった1人ね。軍人だと思うわ。私たちを見張りに来てたのよ。日本になったらみんなここに生活に来たでしょ。それで日本時代が本当にすばらしい時代になったの。それがドイツと日本の違いなのよ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00546855-shincho-int&p=2

 

差別はつけない

 

日本政府はパラオにさまざまな投資をし、インフラを整備した。もちろんそうした行為は無償のものではなく、多分に計算もあっただろう。この地域に拠点を持つことは、軍事的にも意味を持つ。それでもなお島民たちの心をつかめたのは、移住してきた日本人たちの振る舞いも大きかったようだ。たとえば、学校では島民と日本人、両方の子供が机を並べて学べるようになっていた。
当時、父親が小学校の校長をつとめていたという日本人男性はこう語っている。

「親父からは、島民の子どもたちと私たち日本人と差別はつけないようにと、非常に厳しく注意されました。だからうちのお袋は、僕も僕の友達も同じように扱っていました」

スペインの時代も、ドイツの時代も、島民を家の中に招き入れるようなことはなかったが、日本人はそれをした。この男性は、日本で退職した後、故郷となる島に戻り、幼馴染と何十年ぶりかの再会を果たし、現地で日本語を教えるようになったという。日本統治時代の良好な関係が窺えるエピソードだろう。
こうした証言を「支配者側の言い分だ」と疑う向きもいるかもしれないので、当時小学校に通っていた男性(ガロンさん)の証言も紹介しておこう。

「先生たちには、日本の子どももヤップの子どもも、同じように扱いたいということがありました。どっちも日本人にしたいという感じがあった。
朝礼では、日本に向かってお辞儀しました。カレンダーには紀元節、天長節、お正月とかちゃんと書いてあった。その日が来ると、日本の日の丸の旗を掲げて式をしました。それが終わると、パン2個ずつ子どもたちに配って村に帰した。紅白の丸い小さなパンだった。日本人と同じように扱ってくれていた」

ガロンさんにとって、学校での遠足、運動会、さまざまな行事はいまでも良い思い出だ。
一方で、こうも語っている。

「戦後になって、昔のやり方がみんな滅びてしまった。どうしたら人間の幸せが手に入るかわからなくなった」

ミクロネシアの人たちは、この後、日本の戦争に巻き込まれ、結果として多くの島が甚大な被害を受けている。
そんな日本の統治から離れたにもかかわらず、戦後手に入れた自由をかならずしも肯定的に語らない島民は少なくない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00546855-shincho-int&p=3

 

http://hosyusokuhou.jp

 

 

ネコめがねうひょ

オレ誇らしい( ー`дー´)キリッ

まゆ八重歯

「親父からは、島民の子どもたちと私たち日本人と差別はつけないようにと、非常に厳しく注意されました。だからうちのお袋は、僕も僕の友達も同じように扱っていました」

こうゆうところがカッコいいわ

らん

差別しちゃう気持ちでるもん。立派

ちび笑

素晴らしい

ジジ

やっぱり日本は違うわな

かんショート

教育って大切ですね

仮面

フィリピンなど統治に失敗した国では、抗日ゲリラが急増した例もある。それもまた事実。
良かった例だけ上げて、全体から目を逸らしてはいけない。

ピエロ

東南アジアには開戦前から既に華僑が支配者と現地民の間に入っていて、中間搾取してた立場だったからね。
日本軍が来たため華僑は既得権益を奪われそうになった又は奪われたから現地民を金で釣ったり脅したりと、抗日ゲリラをやったわけだ。なんで抗日ゲリラが誕生したのか、その背景を無視したらダメだよw

仮面

確かに全て良い事だらけでは有りませんが、「支配者側の言い分」とか左は兎に角「全て日本が悪者で無ければならぬ」が前提だからほっとけば良い。だいぶ前に自分はパラオだったが忘れましたが現地のじー様が「日本統治の頃は教養を与えてくれた、だがアメリカは自由と言うだけで何もしてくれなかった。」ってのが印象に残っている。戦中を美化するつもりはサラサラ無いがこう言う話を封殺するのも如何なものか。

らん

平等な教育って受ける側からすると「皇民化教育」でもあるから評価は分かれますよね。韓国によると「日本の支配は日本語を教えるという凶悪なもので、英国の印度統治ですらこのようなことはなかった」(朝鮮日報より)植民地じゃなく併合だから当然のような気もしますがそういう評価のようですよ

目隠し

フィリピンやシンガポールの抗日ゲリラって華僑が主導してやってたのだよ。いうなれば当時の東南アジアにいた華僑って、既得権益を守るために日本軍にテロをやってたテロリストだからねw

だから日本軍は抗日ゲリラする華僑を掃討したわけね

メットくん

台湾・パラオと韓国の違いは、現体制が日本統治の直後なのか、その後、別の国の支配受け、その後に現体制に繋がったかの差が大きい。韓国はほぼ直接独立したが、台湾・パラオは米国や中国国民党の支配を受け、その後、その支配から抜け出した。当然直前の他国支配は悪い印象が強く、相対的に日本の統治は良かったと言うことになる。

https://www.zakzak.co.jp

 

 

ジジ

《諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕したかを伝えられよ》
米太平洋艦隊司令長官、C・W・ニミッツ提督から、日本軍将兵に送られた賛辞である
 99年9月15日、戦後、島に再建された「ペリリュー神社」で慰霊祭が執り行われた。参列した元米海兵隊員らは玉串をささげ、勇敢に戦った日本軍将兵に敬意を込めて神殿に敬礼を投げた。ペリリュー神社には、冒頭のニミッツ提督が送った賛辞が刻まれた石碑が建立されている。

メットくん

今の日本はアメリカの間接統治に等しい状況。その状況に満足しているのに中国やロシアの支配された様な形になったら君らも反発するだろう。それと同じこと

鳥仮面

確かに政治的、経済的な打算はあっただろうし、中川大佐の逸話も多少の誇張が含まれてもいるらしい。
だけど…パラオの人達が「善政」と受け取れる政策を敷いていたのは確からしい。

逆に日本統治以前が酷すぎたのかな。

まゆ八重歯

きちんと現地でできる産業を育ててたそうですね。たとえば棕櫚の箒を作って日本に輸出とか

https://blogs.yahoo.co.jp
ピンク

パラオは日本統治の前後が酷かったんでしょう。同じように台湾でも「犬が去って豚が来た」と言われる国民党が酷すぎたため日本統治がノスタルジーで語られる。

ピンク

韓国はどうだろう。日本統治前の李氏朝鮮は最悪。日本統治になつて悪いことはほとんどなかった。例外は李氏朝鮮時代の為政者である両班にとってだけ。では、なぜ日本統治後に日本が悪く言われたか。それは独立後の為政者が元両班の手に委ねられたから。日本憎しの元両班は、日本統治時代の事実を日本に悪く捏造し、思想統制を徹底したから?

こし

ちなみにパラオは台湾と国交を持つ国でもある

鳥仮面

仮に政策上の計算があったのだとしても、その政策によって「幸せだった」と心から感じていたのであれば、当時を生きたパラオの人たちにとって、その政策は正しかったのだろう。

しん

日本は現地を日本にしたかった。
スペインやドイツは現地を自国の植民地、金ヅルにしたかった。
その違いだろうね。

仮面

植民地より併合する方が悪質だって連合国は言うけれど、金儲けの為にこき使ってくる連中と、同胞として採算度外視でインフラ整備して教育も受けさせてくれる連中と、どっちがマシなのかね?
理想論的にはそもそも植民地支配も併合もすんなって話ではあるが。

まゆ八重歯

戦争に正当化される理由は無いんだけどね。
でも、こういう証言はなんか嬉しいね

ピエロ

大日本帝国時代の政策施策を全て肯定するわけでないが、暗の側面があれば明の側面もある

ジジ

20年くらい前
パラオの大統領は
日系人だったな

https://ja.wikipedia.org

 

 

南洋諸島(当時は南洋庁管轄下の日本委任統治領)の中心都市・コロール(パラオ共和国の旧首都)で、ペリリュー首長部族の娘アリール・ベトックと三重県伊勢市大湊町出身の船大工・中村善七との間に8人兄弟姉妹の7番目として生まれた(二番目の兄のダイジロウは元パラオ議会議員で現在は駐日大使。三番目の兄のトシオはパラオ立法議会の長となり憲法の非核条項はトシオの主導で作成されることとなる。4番目の兄のマモルはパラオ最高裁判所初代判事長)。 戦時中はペリリューからパラオ本島アイメリークのエウレイ村に強制移住、2歳の夏、日本の敗戦によってパラオは米国の信託統治領「太平洋諸島信託統治領」となるhttps://ja.wikipedia.org

ピンク

クニオ・ナカムラ前大統領
お父さんは伊勢出身の日本人 戦前パラオ ペリリュー島で船大工として働いていた

かん普通

戦争自体はこれからも起こさない努力をしなければなりませんが、昔やむなく開戦せざるを得なかった日本でも、一部の例外を除いた大多数の日本人はしっかりモラルを守って戦っていたことのなによりの証拠ですね。逆に白色人種の統治時代の方が良かったという国は多分ないと思います。

カグヤ

別に、パラオだけじゃないでしょ。
特亜三ヶ国以外のアジアは大概親日ですよ。

仮面

台湾の高砂族の所へ行ったら、かなり危なかった。昭和40年代。
台湾人はみんな好意的かと思ったら大間違いだった。
フィリピンのバギオもだった。
インドネシア フィリピンしかり
かといって、好意的な方も多い。
事前調査が必要

ピンク

きちんとした統治がされれば国民はトップが誰でもいいんだろうね。

差別がない世界はすばらしいものなんだなと感じた記事

メットくん

数年前にパラオ行ったが、本当にいいところだった。
美味しいをパラオ語で『アジダイジョーブ』
ビールをパラオ語で『ツカレナオース』
妙な日本語が現地語になってて面白いところだった。

まゆ八重歯

戦争には光と影があるよね。
こうやって光の部分をちゃんと知っててくれるのは嬉しい。

ピンク

事実だけを伝えて欲しい。
良い事も悪い事も。

仮面

そんなに善政してたとは思えんが、臣民化政策だと思うが、分け隔てなく対応したのが、結果として島民には嬉しく、また様々な行事が楽しかったんだろ。で、善政となったんだろう

かんショート

新しく歴史総合という科目が高校で行われます。近現代史を学ぶものです。日本は大東亜戦争に負けましたが、アジア各国の独立のきっかけをつくりました。テレビによく出るインドネシアの大統領の夫人だった、デビ夫人も、その辺を語ってくれると好感度がアップしました

カグヤ

この時代に作られた建物が数年前の台風から現地住民の命を救ったこともある。確か井上和彦さんの本に書いてあったような。

目隠し

昔、テニアン島を旅した時、現地のお爺さんが日本はサトウキビの栽培の仕方を教えてくれて賃金ももらえた。しかしアメリカは食料はくれても、仕事は無かったと言っていました。どちらが正しいのかわかりませんが、そのお爺さんは日本に大変感謝していました。

まゆ八重歯

パラオとかもそうかもしれないけど、台湾もそうだよ。親日的なのは行けばわかる。日本人大好きだから、みんな話を聞きたがるし。

ぺろ

日本国内で憲兵さんが物凄く偉そうにしていた時代。海外でそんなに善政してたかな?もっと多くの人の意見を聞かないと判断できない気がします。

しん笑

日本統治時代については、肯定するのも否定するのもそれ一辺倒ではなく、両方併せ持っていた、という考え方が大事ね。
しかしながら、パラオより隣の国のほうがもっと待遇良かったはずなんだがね。どうしてああなったんだろう

まゆ八重歯

パラオでは日本統治時代は幸せだったという
韓国では日本統治時代は地獄だったという
同じ時代で評価が真逆なのはあり得ないでしょう
もし本当にそうなら価値観がまったく相容れないって事

かんショート

国旗も日本と同じ様なデザインだしね

http://blog.livedoor.jp

 

 

まゆ泣

日本が真っ赤に燃える太陽。
パラオはその光で輝く月でありたい。

そう願ってつくられた国旗。
同じデザインだと失礼だからと、月は真ん中から少しずれている。

気高く生きた我々の祖先が築いてくれた素敵な友情をこれからも壊さないように…。
歴史を学ぶことは、本当に大切ですね。

http://fanblogs.jp
ジジ

この話はあくまで日本人の国民性を物語る話で、それはそれで誇らしいが、
解釈を誤って戦争そのものを美化しない様に話し手も受け手も注意が必要だと思う。
その意味でこの記事はとても気を使って書かれて悪い気持ちにならなったな

【感動】パリの街に日章旗がはためく!!フランス革命記念日でパレード 友好160周年、感動だわぁ(*´∀`*)!!

「地中海の守護神」と呼ばれた日本艦隊、各国海軍が自らを犠牲にしてまで輸送船を守り抜く日本海軍に感銘