三浦春馬さん「はじまりの劇場」が最初と最新の主演作を上映し続ける理由

三浦春馬さんの故郷の映画館で…

4月5日は、昨年7月に突如天国へ旅立ってしまった三浦春馬さんの31回目の誕生日。みんなでお祝いしようと、誕生日前後も含め、最後の主演作『天外者』や最初の主演作『森の学校』の特別上映、ファンの有志による企画が各地で行われている。

春馬さんの故郷・茨城県土浦市にある「土浦セントラルシネマズ」は、春馬さんが舞台挨拶をしたり、撮影の合間に立ち寄ったり、ゆかりのある映画館だ。筆者は土浦市内の高校を卒業していて、子供の頃にセントラルで映画を見たこともある。

 4日から5日にかけて、『森の学校』の西垣吉春監督がセントラルに駆けつけ、春馬さんの思い出を語る。6日には『天外者(てんがらもん)』の田中光敏監督も来場する。

 そこで、改めて三浦春馬さんの「故郷の映画館」のエピソードをお伝えする。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7345322fd40550c0d76cf4b933f0c9baa036baa?page=1

監督が語る思い出に涙

春馬さんが少年時代に主演した映画『森の学校』(西垣吉春監督、2002年)。霊長類学者・河合雅雄さんの自伝的小説「少年動物誌」が原作で、昭和10年代の丹波篠山を舞台に、子供たちが周りの大人に叱られながら、セミや魚を追いかけ、木に登って遊び、ケンカする。動物や友達、祖母とのかかわりを通して、生と死・出会いと別れを経験する様子が、美しい自然とともに映し出される。公開当時、出身地ということで、土浦セントラルシネマズでの舞台挨拶に、春馬さんも登場した。

 その縁もあり、セントラルの社長・寺内龍地さん(66)が昨年、春馬さんの急逝を受けて、西垣監督にすぐ連絡した。「追悼で上映したいですと。ところがフィルムしかなく、私たちの映画館はデジタル化してフィルムの映写機は外してしまっていました。諦めていたら、デジタル化したのでやってよ、と監督から連絡があり、今年1月から上映しています」

 春馬さんの誕生日前日の4日には、およそ300人のファンが、セントラルで『森の学校』や『天外者』を鑑賞した。京都から駆けつけた西垣監督らが登場し、春馬さんの思い出を語ると、ファンは涙を流したという。5日も同様の舞台挨拶があり、6日には、『天外者』の田中光敏監督が来館する予定だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7345322fd40550c0d76cf4b933f0c9baa036baa?page=1




歴史ある個性的な映画館

 セントラルは関東最後の、封切り映画を上映する個人経営の映画館だ。寺内さんの兄は、「エレキの神様」と呼ばれたギタリストの寺内タケシさん。父は土浦市議会議長を務めた実業家で、このビルを所有していた。

 土浦市はかつて「映画の街」と呼ばれ、戦後には映画館が12スクリーンもあった。当時、周辺の町だけでなく、霞ヶ浦を渡って千葉から映画を見に来る人もいたという。昭和32年、寺内さんの父が所有していた演芸場が映画館になった。

 昭和40年代後半は観客が減ってしまったが、最後のつもりで上映した『日本沈没』がヒット。それから山口百恵・三浦友和の『伊豆の踊り子』、たのきんトリオの『スニーカーブルース』など人気作品が入った。ドラえもんの映画一作目『のび太の恐竜』も大人気で、近隣の町に住んでいた筆者は、小学生の頃に見に行った記憶がある。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7345322fd40550c0d76cf4b933f0c9baa036baa?page=2

『この世界の片隅に』ロングランで注目

昭和57年には2スクリーンに増やしてリニューアルした。昭和62年にはスクリーンを二つ増やして4スクリーンに。スポーツジムなども入る商業複合ビルとなり、シネマコンプレックスの走りだった。

 2011年の東日本大震災で、被災した。「建物が損壊しても、茨城県は助成がなかった。体力がなくて、修理できず、無事だった2スクリーンで上映しています。2015年には、一千万円かけて映写機を入れ替え、デジタル化しました。フィルムが貸し出されると、劇場は3週間ぐらい押さえる。フィルムが戻るのを待つうちに、テレビ放映されるので、厳しくなりました。サイクルが早くなって、半年、早いと3か月でDVDが発売されます。ディズニー映画もすぐにDVDになりますよね」(寺内さん)

 セントラルは、寺内さんが選ぶ映画を上映し、家族と一緒に休まず開館してきた。近年は、戦争の悲惨さを深刻になりすぎないアニメで描いた『この世界の片隅に』をおよそ3年、ロングラン上映。現在は『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を上映し、遠くから訪れるファンも多い。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7345322fd40550c0d76cf4b933f0c9baa036baa?page=2

「三浦春馬です、よろしくお願いします」

寺内さんは、土浦出身の春馬さんの成長を見守ってきた。「2002年、『森の学校』が完成し、どこよりも早く舞台挨拶に来ました。春馬さんが通っていた芸能スクールの社長から『生徒が初めて主役を演じたので』と連絡があり、それなら一肌脱ぐよ、と舞台挨拶を設定しました。

 春馬さんは、大河ドラマの子役で出演していたけれど、まだそれほどネームバリューはなかった頃でした。『三浦春馬です。よろしくお願いします』と来てくれて、舞台挨拶後は『お疲れ様』と声をかけました。当時から、目力が強く、オーラがあったなと思います」

数年後、ひょっこり現れて…

 土浦は、2009年に公開された映画『クローズZEROll』のロケ地にもなった。小栗旬さん主演のこちらにも、春馬さんが出演している。

 「プロデューサーが土浦に来て、外観がおもしろい建物だからセントラルで撮りたいと話がありました。地元での撮影もいくつか、声をかけて筋を通しておいたほうがいいとアドバイスしました。撮影の合間に、ひょっこり春馬さんが来てくれました」

 最初は、森の学校で会った時とだいぶ変わって、分からなかったという寺内さん。「どちら様って聞いたら『三浦春馬です』と。『いい男になっちゃって』『モテるでしょ』って冷やかしたら、『そんな事はないです』って謙遜していました。

 このビルで、彼の撮影はなかったのですが、別のドラマの役づくりをしたいと頼まれ、館内のスポーツジムにある、鏡張りのスタジオを貸しました。『ありがとうございました』と言われて、通常はなかなかお願いできないサインや記念撮影をしてくれました。空き時間に役作りをするなんて、ストイックな性格だなと思いましたよ。18歳ぐらいと言えば、普通は遊びたい年頃でしょう。その時、会ったのが最後になってしまいました……」




メッセージカードで桜の木

 

春馬さんのファンからは、セントラルが「聖地」や記念館のように言われている。

 「日本全国から、お花も送られてきます。『春馬さんの映画が見たい』『ホーム劇場だから』と言ってね。手土産を持ってきてくれるファンも多くて、甘いものがいっぱいです」

 セントラルの、ファンに温かく呼びかけるTwitterも評判だ。「事情があって支配人が現場を離れ、私がやるしかないと昨年の3月からTwitterを始めました。アナログな人間なので、普段は別の仕事をしている娘も、手伝ってくれます。彼女のツイートのほうが、若い感性で好評です。この世界の~ファンを中心に、フォロワーが800人ほどでしたが、森の学校を上映するようになって2800人にも増えました」(寺内さん)

『森の学校』と『天外者』をロングランに

今年1月にも、西垣監督が舞台挨拶に来ている。「私は40年も映画の仕事をしてきて、舞台挨拶は、普通は淡々と進めるものです。でもその時は、春馬さんとの思い出がよみがえり、言葉が詰まってしまいました。こんなことは、初めてでした。ファンのみなさんと黙とうから始め、彼とのいきさつを話し、監督と芸能スクールの社長に、撮影時のエピソードや、14歳までのスクール時代の話をしてもらいました。観客の皆さんは、大号泣でした」

 寺内さんは、春馬さんのキャリア、そして森の学校のスターターである映画館として、使命感を持っている。

 「監督に、特別に森の学校の上映許可をもらいました。1月から1日に3回上映して、3月からは天外者を加えたので1日2回、上映しています。この世界の~次は、春馬さんの最初の主演作と、最後の主演作をずっと上映したいと考えています。今は1スクリーンを改装中で、きつきつのプログラムなのですが、夏休み前までには、他の作品も加え、春馬さんシフトでやっていきたいと思います」

「ここに来れば春馬さんに会えるよ」

さらに、「春馬さんを追悼する場や機会がなくて、ファンの心のよりどころがない」と憂えた寺内さんは、舞台挨拶のほかにも、ファンの思いを受け止める企画を実行している。

 「春馬さんが桜の季節に生まれたということもあり、桜の花にするメッセージカードを2月18日から募集したところ、数え切れないぐらいのカードが届いています。海外からも来て、家族でがんばって貼っています。天井までいっぱいになりまして、もう一本の桜も『植樹』しました。

 ミュージアムのように、春馬さんの写真や記事なども展示しています。映画館の運営は、楽ではありません。森の学校と天外者で、1日に20人ぐらいのお客さんです。それでも、うちに来れば春馬さんに会えるよ、上映し続けるよというメッセージをお伝えしたいです」

———-
4月5日・6日はじめ「土浦セントラルシネマズ」の上映スケジュールは公式HPをご確認ください。
———-

みな実

土浦セントラルシネマズ公式HP
土浦セントラルシネマズHP




春馬君、お誕生日おめでとうございます。あなたの志や努力、人へ尽くして来た事が認められ、こんな凄い事になっています。日本に必要な人だった。もっと早くそれに気づくべきだった。でも、こんなに愛されています。必ず空から見守っていてね!あなたはちゃんと沢山の人から認められてるよ。

春馬くん、お誕生日おめでとうございます。今、幸せで穏やかでいますか?
あなたがいないこの世界は、すっかり色褪せてしまったようです。
こんなにいつまでも哀しみが癒えないなんて。
ただ春馬くんが楽になって好きな事をして幸せにしてると信じてあなたのこと、思い続けるね。

春馬くん。31歳のお誕生日、、おめでとうございます。
私はあなたが亡くなってからあなたの素晴らしさを知りました。子育てに追われテレビを見ることもない日々。訃報を聞いた日のこと、まだ今も鮮明に覚えています。本当にショックでした。そして信じられないまま、あなたの出ている映画を夜に観ました。テレビの中で輝いているこの人はもういない??頭が混乱しました。
あれから9か月。あなたの作品を毎日みています。容姿だけでなく、あなたの人間性に何よりも魅了され尊敬しています

春馬くん、素晴らしい作品の数々を残してくれてありがとう。時間を取り戻すように、これからも観ていきます。
春馬くん、どうか天国で幸せでいてね。
春馬くん、本当にありがとう。

今日という日を、どんな気持ちで過ごせるか、複雑な想いでした。
記事を読ませていただいて、春馬くんが、愛され、守られていると、温かい気持ちになり、彼が生まれたこの特別な日を、やはりお祝いしたいと思えました。
春馬くん、お誕生日おめでとうございます。

素晴らしい演技を見せてくれて、忘れられない感動をくれて、消えることのない優しさを残してくれて、ありがとう。

こんなにもたくさんの人に愛されていた事を貴方は気付いていたのかな…今、こんなにもたくさんの人が春馬くんが大好きで、春馬くんのいない事に今なお涙して、春馬くんを助けたかったと後悔している事を、そして何よりも30年間頑張って生きてくれて『ありがとう』を貴方に届けたい。

これからも、春馬くんが命を削って生み出してくれた数多くの作品をもっと地上波でも放送して欲しい。ひとりでも多くの人に『三浦春馬』という日本を代表する素晴らしい俳優を知ってもらって、作品の中ででもいいので春馬くんに生き続けて欲しい。




4月5日今日は三浦春馬君の31歳の誕生日。
春馬君、おめでとうセカンドシングルは5千万回突破し最新作はロングラン、本日全国放映され沢山良かったねって言ってあげたいです。日本の名優の一人三浦春馬さん本当におめでとうございます。

お誕生日おめでとうございます。
春馬さんに出逢えたこと、一所懸命遺してくれた作品や言葉は私の人生の宝物です。
温かい愛に包まれて、穏やかな場所であの笑顔でいてほしい…
そしてこれからもずっと、春馬さんを想い続ける人がたくさんいるでしょう。
春馬さん、あたなに心からのありがとうを送ります。

昔の映画が何本も全国各地で再上映されています。
前例のない快挙だと思います。
まだDVD化されていないもの、写真集の復刊などの声も多いです。
こんなにも愛された三浦春馬くん。
私の地元では天外者が2回上映されます。席はかなりうまっています。
素晴らしい映画ですが、三浦春馬くんの五代友厚が本当に熱演でカッコいいです。




春馬くん31才おめでとう!
今日は雨の予報だったけど、晴れるみたいだね。

昨日、土浦セントラルシネマズさん、春馬くんの母校へ行ってきました。
森の学校の西垣監督もいらしていて、たくさんの人が春馬くんをお祝いにきていました。
館内にはお花もいっぱい、みんなの想いがいっぱいつまった春馬桜は満開でした。
土浦セントラルシネマズさん、春馬くんへの想いを繋ぐ場所を作っていただき、ありがとうございます。これからも春馬くんをずっと応援しています。
今日は天外者の五代春馬くんに会いに行こうと思います。
三浦春馬は最高の俳優です!

今日春馬君の31才のお誕生日ですね!
春馬君が居て皆でお祝いしたかったのは事実です、
あれからずっと忘れる事なく、記憶は鮮明に今も有ります、
あんなに誠実にひたすら走り続けて駆け抜けて行った三浦春馬は本当に魅力的な人でした。

31歳の誕生日おめでとう。
もう最新作がなくなるのは悲しすぎる。
写真見てると本当に元気ハツラツな表情で視聴者にエネルギーを与えてくれるのに、今でも悲しみと溜息が絶えない…ショックで立ち直れないこともある。最後の連ドラがカネ恋、今でも信じられない。だから俺はこれからもずっと思い続ける!
この気持ちは絶対忘れない!
彼にもこの気持ち伝えてあげたい!
どうか届きますように!

今日は春馬くんが生まれた日、Twitterやインスタでもたくさんの愛とメッセージが届いてます。
近いシネマも今日は天外者5回上映、ドリパスで森の学校と真夜中の5分前も上映。上映に携わってくださった関係者の方々は本当に感謝します。
昨日五代友厚プロジェクトの方々からの愛のこもったメッセージも。
今日は日本中、世界中で三浦春馬を思う気持ちで溢れてますね。
春馬くん、同じ時代同じ時間を生きてくれてありがとう!

凄く遠いけど、いつか行ってみたいと思わせてくれる映画館ですね。
きっと2本目の桜の木もあっという間に満開になるのでしょうね。
三浦春馬さん、誕生日おめでとうございます。
今日は近くの映画館に「天外者」観に行きます。
いつか土浦にもお邪魔しますね。

あの日から春馬さんを想わない日はありません。
真面目で誠実な春馬さん。清らかで爽やかで優しさと高潔な品格が漂う春馬さん。丁寧に言葉を紡ぎ出すように語る春馬さん。超多忙でも世界を見据え人一倍努力を続ける春馬さん。眉目秀麗、スタイル抜群の春馬さん・・・
春馬さんのような素晴らしい方が幸せになれない世の中に絶望を感じます。
貴方の生きた証は作品や貴方を想う人々の心にしっかりと刻まれています。
忘れません。

素敵な映画館ですね。他でも、春馬くんの映画を、ドリバスで選ばれた映画も、次々と放映してくれるので、探して観に行っていますが、今度は土浦へ、この映画館へ行ってみたいです。ずっと、ずっと、春馬くんを忘れませんから。お誕生日に素敵なお話を、ありがとうございます!

春馬くんの事で辛い思いをする事もありますが、春馬くんが映画で関わってきた方々のお心遣いで、とても心が温かくなります。それもきっと、ちゃんと春馬くんが丁寧に生きてきたからなのだなぁと、改めて感じました。
私も今日も天外者観に行きます!

素晴らしい映画館ですね。信念を持って上映する作品を選択し上映を続ける館長さん、本当にありがとうございます。 
地元土浦を茨城を愛した春馬さん、きっと喜んでいらっしゃることでしょう。




やはり、どうしても涙が溢れます。31回目の誕生日なのに、春馬がいない。
おめでとうに、答えてくれる春馬がいない。何事からも自由になって
みなさんと楽しく過ごしていると信じているよ。
春馬に逢えて本当に良かった。
あなたを知って、幸せになった。
ありがとう。

春馬さん、お誕生日に貴方を想います。
どれほどの才能か、人格か、毎日思い知らされています。我が人生でこんなに魅了されたエンターテイナーはあなただけです。世界に誇れる宝でした。道を歩くときはあなたの歌声がきこえ、桜やジャックラッセルテリアを見ると泣きそうになります。

春馬さんの伝えたかったことこと、毎日インスタをみて考えています。そして国力発言の本心をかみしめていますよ。その気高い生き方は泥の上で咲く蓮のようです。神様は全てご存知なのです。春馬さん、ありがとうございます

この記事を読み進めて、本当にあたたかい気持ち、涙が溢れてました。三浦春馬さんお誕生日おめでとうございます。「森の学校」「天外者」どちらの作品も素晴らしく、主演の春馬さんは、最高です。「森の学校」は、子供を持つ親にこそ、今なお観て欲しい映画だと思います

どうか一日でも長く春馬さんの映画が上映されつづけることを願っています。本当にあたたかい映画館、心から感謝です。




あなたは凄い!本当に本当に尊い。
31歳も、心穏やかでありますように。

春馬くん、お誕生日おめでとう。
ここは春馬くんへの愛でいっぱいだね(泣)

「春馬さんを追悼する場や機会がなくて、ファンの心のよりどころがない」
7月からずっとこの心のよりどころがない状況なので、寄り添ってくれる各地の映画館の皆さん、CDショップの皆さんに感謝します。

春馬くんの素晴らしさは皆さんとおっしゃる通り。それを伝える術があまりにも少ないけれど、こうして小さな活動が広がり、それを記事にまとめていただくことで、春馬くんの活躍や作品を長く伝えていけると信じています。
春馬くん、お誕生日、おめでとう。

春馬くん お誕生日おめでとうございます。
沢山の方から愛されています。
お空から笑顔で見守ってくださいね。
全国のみんなで、春馬くん31歳をお祝いです。

館長さん 春馬さんの事語ってくださってありがとうございます。
十代で地元を離れてからも地元愛に溢れ友達や関わりのあった方々を大切にしていた春馬さん。誠実で素晴らしい人柄が大好きです。

春馬くん、誕生日おめでとう。貴方の努力と生きた証が今でも皆の心を動かしています。こんなに愛されて…必要とされていること届いてますか?今、どうかどうか春馬くんが幸せでありますように。大好きです。

春馬君 31歳の誕生日おめでとう
この日の朝の記事とみなさんのコメント読ませていただいてるうちに泣けてきました
みんな同じ気持ちでで春馬君のこと思ってるんですよね
今日は午後休で会いに行きます
来年も再来年春馬君の誕生日を祝ってあげたい
本当にみんなに愛されているんだなあ

とにかく凄い俳優さん。同世代の俳優の中とかでなく日本で数少ない本物の俳優さんだったな
こんな凄い人がいるんだって本当に驚いた記憶が今でも鮮明にあります
春馬君。君の演技を観た後は他の作品が見づらくて苦労したよ(笑)

春馬さん 皆の想い 届いてますかぁ
どこからみんなの事見てくれているのかな
誕生日おめでとう
そして、ありがとう これからも、よろしくね