上白石萌音のスゴさをドラマ評論家が語る

ドラマ「火10」枠で新ラブコメ女王の地位を獲得し、NHKでは大河出演、さらに後期朝ドラでは主演とその勢いが止まらない女優・上白石萌音さん。長年、ドラマウオッチャーとしてドラマ・テレビ番組評を手がけている吉田 潮さんが「萌音のスゴさ」を実感した作品とは…?『恋つづ』『ボス恋』で萌音さんにハマった勢必見の3つの作品を紹介していただきました。

ドラマ評論家・吉田潮さんが語る上白石萌音さんの魅力とは?

「ずいぶんとおぼこい女優だなぁ」と思ったのが第一印象。若手女優がみんな器用におしゃれで世間にこなれて見えるなか、上白石萌音にはおぼこさがあった。おぼこいというのは、よく言えば純朴さ。悪く言えば、野暮ったさや垢ぬけなさ。木陰でジーパンを脱いでいた頃の宮崎美子にそっくりだ。これ、ディスっているのではなく、ものすごい誉め言葉ね。おぼこさは小手先や演技で出せるものではないし、若手の最強の武器でもある。この武器を彼女は着実に有効活用して、人気女優の階段を超高速で駆け上っている。

1.難役を演じ切りポテンシャルを高さを見せつける

私の最も古い記憶は、『ホクサイと飯さえあれば』(2017年・TBS系)だ。上京して一人暮らしをする大学生・山田文子(ブン)はかなりの人見知りで、いわゆるコミュ障。ぬいぐるみのホクサイとだけは冗舌に対話する。幼少期特有の「イマジナリーフレンド」みたいなもので、ホクサイとの対話はすべてブンの妄想でもある。とにかく食べることが好きで、料理に関しては一切の妥協をしない頑固なところも。

ただし、ブンには類まれなる能力がある。素材を目の前にすると妄想の世界に入り込み、“エア料理”(解説しながら身振り手振りで料理する)をしてしまうのだが、これが見事に人を惹きつける。ブンのエア料理を目にした人は、つい足を止め、耳を傾け、料理を想像して唾をのむ。コミュ障で食いん坊、エア料理となかなかの難役だが、萌音は完璧にブンを演じきった。いや、ブンそのものだった。華やかなキャンパスライフよりも一食一食を大事にする偏向性、うっとりと自分だけの料理に没頭する様は見事だった。

最も驚いたのは、料理を歌にして口ずさむシーン。幼稚な歌詞にとってつけたような旋律なのに、驚くほど難しくて美しい。自作の鼻歌とはいえ、超ハイレベルの音程変動と自然な歌声。おぼこいけれど、さりげなく手練れだと感心した。

内向的だったブンが、料理を通じて友達(モテ系女子の池田エライザ、中坊男子の桜田ひより、金八風教師の前田公輝)ができ、他人と対話できるまで成長。外の世界へ踏み出していくブンの姿は、その後の萌音の飛躍を予期させた。あまり話題にはならなかったが、萌音のポテンシャルを見せつける作品でもあった。

2.人気シリーズのレギュラー獲得で人気女優への関門を突破

その後はとんとん拍子。大河・日曜劇場・月9と、大看板を掲げる枠で腕を鳴らし、刑事モノでもレギュラーを獲得。『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』(テレ東)では、車椅子の元敏腕刑事で、今は司法係の北大路欣也の部下の役だ。司法係の職務は内勤、データ入力。萌音は、車椅子の北大路の手となり足となり、こき使われながらも密かな捜査に嬉々として出向く、刑事志望の女子である。

シリーズ化のレギュラーはある意味で評価基準のひとつと思っている。長期間、ベテランや年輩の俳優に囲まれるプレッシャーは相当なもの。生意気でも、スキャンダルを起こしても、連投はできないはず。萌音はその関門もきっちりクリアで突破したわけだ。

そしてTBS火曜枠『胸キュン恋愛モノ』の出演作がことごとく話題になり、「神様・仏様・萌音様」状態へ。「カミシライシモネ」は全国区へ。シラナイ人も、うろ覚えでカモシレナイネと思っていた人も、確実にカミシライシモネを覚えたはず。

切なさ・怨念・エロス…“萌音”てんこ盛りの作品といえばコレ!

私が最も好きな萌音は、断然「お露」。2019年にNHKBSプレミアムで放送した『令和元年版 怪談牡丹燈籠』だ。怪談であり、主君の仇討や女中の謀略など複数の物語が絡み合う壮大な作品だが、萌音のパートだけさくっと抜粋して紹介する。

由緒正しき武家の娘・お露が浪人の新三郎(中村七之助)にひとめぼれ。相思相愛になるのだが、家柄の格差に周囲は反対。お露は恋焦がれて食事ものどを通らず、体が弱って絶命してしまう。お露の死に責任を感じた侍女(戸田菜穂)のお米も自死。それから間もなく、新三郎の家に来客が。牡丹灯籠を手にしたお米と愛しいお露である。死んだはずのお露が目の前に現れ、新三郎はすっかり虜に。ふたりは幽霊で、新三郎は取り憑かれるという物語なのだ。怪談で悲劇だが、死をもって成就する恋の話でもあり。
萌音の見せ場は大きく3つ。「母の没後、速攻で女中(尾野真千子)を妻に迎えた父に反抗」「恋に焦がれて、焦がれ死ぬ」「霊となって夜な夜な訪れる妖艶ホラー」である。

狂おしい恋心で身をやつす姿は、観ている側が息苦しさを覚えるくらい切なかった。幽霊となってからは、新三郎に妖艶に迫る濡れ場を魅せた。“糸引きキスシーン”は歴史に残るエロスでもある。さらに特殊メークで化け顔になり、ワイヤーアクションで飛んだり跳ねたりも。武家娘の心模様を切なく、時に激しく表現したかと思えば、化け物となって威嚇と咆哮。もうね、萌音の大盛り山盛り全部盛り、まさに“つゆ”だくだった。

このお露役を超える作品はなかなかに難しい、と言い切るのはまだ早い。なにせ萌音は若い。これからだ。今年の後期朝ドラにも、密かに期待しておこう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af955dbda6b2985886588f6e681affb507e8ce07?page=2

吉田 潮
コラムニスト/作品についての鋭い分析と絶妙なイラストが支持を集めている日本有数のドラマ評論家。長年、雑誌やテレビ、webサイトなどさまざまなメディアでドラマやテレビ番組評を手がけている。東洋経済オンライン、デイリー新潮、週刊女性PRIMEなどで連載中。著書に『産まないことは『逃げ』ですか?』『くさらないイケメン図鑑』『親の介護をしないとダメすか?』など。




らん

文ちゃんは本当に難しい役だったと思うけど、萌音ちゃんではなく文ちゃんとして見てしまうほど文ちゃんそのものでした。
エア料理のシーンは惹き込まれて、ヨダレ出そうになるし
牡丹灯籠は七之助さんが「相手が萌音ちゃんだからできた」と言ってました。
きっと萌音ちゃんではなくお露そのものだったからだと思います。

まゆ八重歯

いろんな役を演じられるのにまだ23歳。
記憶捜査の咲ちゃんはずっと続けて欲しいです。

ネコめがね(笑)

おいしいは正義!!!

かんショート

「ホクサイと飯さえあれば」が大好きです。
文が口ずさむ歌は一度聴いただけでも頭に残って、良く口ずさんでました。

仮面

とにかく上白石萌音さんは凄いです。
そしてまだ若いです。
これから伸びしろがあるなら大変なことになるでしょう。




カグヤ

謙虚で努力家。ブレイクして当然。ごり押しで仕事は来ない。英語ドラマ、ナレーション、ミュージカル、声優など、ごり押しでできるわけない。実力があるからオファーが来るんです。知れば知るほどはまる女優さんです。

こし

最近、大橋トリオさんも言ってましたね。こんな子見た事ないって。
好みはあるでしょうが、間違いなく実力ある演技派女優さんです。

ジジ

私は「牡丹灯籠」のお露を見て上白石萌音という女優の演技に魅せられました。




モヒカン

大河ドラマ「青天を衝け!」
篤君の今後の演技に注目しています。

クロちゃん

牡丹灯籠のお露役は凄く色っぽかったです。

ピンク

恋つづで注目浴びたけどゴリ押しとか演技力ないって言う方は
本当に過去の作品見てるのって感じ今回の篤姫も出番少ないけど存在感あるね
凄く沈着冷静で冷めている役とかも似合いそう

鳥仮面

まさしく「牡丹灯籠のお露」ですね。
脚本監督の源孝志さんの作品が好きで観たんですが、七之助さんとのキスシーンはゾクッとするほどの色気でした。
このところラブコメが多いですが、あのお露の演技をみているだけに、彼女のポテンシャルには期待しています。

目隠し

日本中の全てを狂わせた新型コロナ。その災いを吹き飛ばさんばかりの上白石萌音さん。

こし

もちろん美人だが、庶民性も感じるので親近感が持てるのが人気の秘密だな

鳥仮面

お高い美人女優よりずっと彼女ほうが国民的スターになる。

かんショート

彼女が出るとワクワク嬉しい
素敵な女性だし、女優さんだと思っています

メットくん

萌音ちゃんの様に笑顔が誰よりも可愛く紡ぐ言葉が温かい、歌声が心の琴線に触れ感情が揺さぶられる

仮面

萌音ちゃんの相手役になる方がこれまでとは違う魅力が増し引き出され、更に魅力的に映り視聴者全体に拡がる、不思議ですが萌音ちゃんマジックを感じてしまう

カグヤ

溺れるナイフも高校デビューした後のあの女子特有の感じもイラっとする程上手かった。ほんとにステキな女優さんです。




まゆ八重歯

女優さんとしての人間力、懐の深さがそうさせるのか女性として底知れない魅力を感じます。

かん(笑)

萌音ちゃんは出演者を引き立てるのが上手だと思います
今回のドラマで菜々緒さんの好感度が上がったかな~と今までは怖いイメージがあったのに番宣とかの菜々緒さんをみたらお茶目な所もあるんだな~って

ジジ

本人の心根に、有名になりたい大女優になりたいとかっていう欲はなくて、
ただただ大好きな歌とかお芝居が仕事に出来て幸せ~って感じが好きだな

ピンク

萌音ちゃんのまっすぐで純粋なとこが好きです。
元々多才なのにすごい子に育ってしまった感

仮面

萌音ちゃんは小柄だからどうしても子供っぽく見えるけど
実はかなり芯がある女性。でも頑固とかではなくちゃんと臨機応変で対応できるのが凄いところ

らん

恋つづでも山本耕史さんも知れば知るほど良い子
渡邊圭祐さんも疲れている顔見せなくいつもニコニコしているって




まゆ八重歯

彼女の演技にはリアリティーがあるんです。田舎から出てきた女の子のちょっとふくよかな感じとかメークしてない(ほんとは薄くしてるのかもしれないけど)感じとか。恋つづの時思ったのは天堂先生に抱きしめられたりした時の髪の毛のボサボサ具合。普通に静電気起きてるし。天堂先生も空港のシーンでは額に薄っすら汗かいてて、凄いリアルだった。

クロちゃん

何気にみた「恋つづ」でモネちゃんの演技にどんどんハマッていきました。番宣で素のモネちゃんの謙虚で共演者をたてる姿に役柄だけでなく本当に素敵

こし

綺麗でモデル顔の人は沢山いますが こんなに笑顔が似合う女優さんって意外といなかったな…と思いました。

「篤君」上白石萌音、わずかなシーンで存在感 「可愛らしいのに、どこか企んでそう」な策士ぶり

俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第7話が、2021年3月28日に放送された。篤姫を演じる俳優・上白石萌音さんの光る演技力が話題になっている。

大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

 上白石さんは、第13代将軍・徳川家定(渡辺大知さん)の正室で薩摩藩出身の篤君(天璋院篤姫)役。篤姫といえば、大奥の顔ともいうべき女性で、徳川家存続のために西郷隆盛に嘆願書を送り、江戸城無血開城に影響を与えた人物。その類いまれな器量はかの勝海舟も絶賛するほどで、生涯は2008年1月から放送された47作目の大河ドラマで描かれている。

 「青天を衝け」第7話で江戸は、ペリー来航後の国難に立ち向かうため、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人さん)を海防参与に登用するなど手腕を発揮した老中・阿部正弘(大谷亮平さん)が亡くなり、幕府が大混乱。他人との交流が苦手でどこか幼さを残す家定よりも、冷静沈着で聡明な慶喜(草彅剛さん)を次期将軍に推す声が高まる。

 しかしながら、当の家定といえばどこ吹く風。周囲から「メリケンのハルリス(日米修好通商条約を締結したアメリカの外交官・ハリス)の拝謁を家定ではなく、慶喜に受けさせようとしている」と、本来将軍がつとめるべき大事な商談を慶喜にさせようとしている話が浮上していると警告されるも、篤姫から「異人に会わなくて済む」と宥められると、すんなり納得する。

鹿児島弁の「あいちゃ~」がかわいい

だが、「一橋様(慶喜)なら、日の本の代表として恥ずかしくない」と告げられると、「わしでは恥ずかしいと申すか!? 」と激昂。幼い性格の家定の気を損ねる発言に、篤姫は「あいちゃ~」(鹿児島弁で「あいちゃしもた」=「しまった」の意味」)と、気まずそうに口を手で隠すのだった。

 家定の性格をすでに理解し、上品かつ気高く振る舞う篤姫。上白石さんが演じる篤姫に、視聴者からは「天然策士感が面白い」「僅かな登場でも、肝が座って上様を上手く扱う策士な篤姫を見事に演じてる 可愛らしいのに、どこか企んでそうな雰囲気  鹿児島ことばにもキュン もっと萌音ちゃんの篤姫観たい」「思ったよりずっと策士だしお芋食べてるしあいちゃと呟ける図太さはこれもまた新しい篤君だなあ」「萌音ちゃんのまったりした和風顔が江戸のピリッとした方々と違うのが良いですよね どんな天璋院になるのかも楽しみです」「今まで数多の女優さんが篤姫を演じて来たけど、萌音篤姫も楽しみ」「『あいちゃ~』の破壊力! くるくる変わる表情で 密命を背負っていることが分かりやすく表されていて萌音ちゃんの表現力の豊かさに改めて感動でした」などと絶賛する声とともに、今後に期待する声が多くあがっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/525017c4d43956a32916f8b6cafee3fd4e91f561




しん笑

僅か数分なのに、表情、声、仕草、目の演技でおおらかだけど賢く、肝が座った篤姫を見事に表現されてますね。

かん普通

Twitterでも、大河ファンの方々が萌音さんの篤姫を評価してました。
萌音さんは、台詞がないシーンでも、表情や目の演技でその時の感情がちゃんとこちらに伝わってくるので、凄い




らん

どどーんと腹が座った篤姫。若いが頭よく次の将軍選びを託されたしっかりもの。前回の島津の父に代継より次の将軍は一橋へしむけろの返事も かなり肝が座っていた。若い女優さんで
あんな肝の座った感じ出せる人は少ないと思う

ピンク

篤君と家定と歌橋の3人のシーン本当にわずかでしたが、とても印象に残りました。篤君は、愛らしさとあっけらかんとした感じを持ち、家定の扱いも手慣れた感じで肝が座り策士感を漂わせてある。「あいちゃー」の一言で篤君が家定を手のひらで転がしてるなぁと思えてかわいくておもしろかったです。

メットくん

とても可愛らしい中にも何を企んでいるか分からないという難役を見事演じ切りました。
もっと見たかった

かんショート

「恋つづ」「ボス恋」で初主演主役で 立て続けに二桁とって~の大河での存在感はやっぱり今ノリに乗ってる女優さんだと思います。

らん

萌音ちゃんの本物薩摩おごじょの篤姫とても可愛いらしく品があり期待以上。
登場を今か今かと楽しみにしていました!
これから篤姫がどんな天璋院に成長していくのか凄く楽しみ

カグヤ

篤君と萌音ちゃんは性格も似ている気がする
見た目穏やかだけど肝が座ってる
あいちゃーって言った時の目が好き

ジジ

上白石さんの「篤君」はこれから何かしてくれそうな予感