テレ東が「池の水ぜんぶ抜く」深いワケ


http://www.tv-tokyo.co.jp

テレビ東京に「池の水を抜く」という異色のバラエティー番組がある。今年1月に第1弾が放送されると、視聴者から「こっちの水も抜いてほしい」などの反響が相次ぎ、4月、6月、9月に続編が放送された。11月26日には第5弾の放送も決定している。「やっぱりテレ東か……」とテレビ関係者が度肝を抜かれた突拍子もない企画は、どうやって生まれたのか。番組を手がける伊藤隆行プロデューサーに聞いた。(聞き手・メディア局編集部 鈴木幸大)

◆ぜんぶ抜いちゃえばいいのに
2016年6月のことだった。都内の公園の池から遺体が発見されたというニュースをテレビで見ていた。池や周囲を捜査する警察の姿が映し出されたが、遺体の一部は、まだ見つかっていないと伝えていた。

「池の水を全部抜いちゃえば、すぐに見つかるんじゃないかな」

そんなことを思ったのは、14年に井の頭公園(東京都三鷹市・武蔵野市)で水質浄化を目的に、池の水抜き作業が行われたのを知っていたからだ。その時に、池の中から大きなコイがたくさん出てきたという記憶がよみがえってきた。

16年の夏ごろ、「日曜ビッグバラエティ」(午後7時54分~)の関係者から、「何かやらないか」とアイデアを求められた。日曜夜のゴールデンタイムに放送されるこの単発特別番組は、過去に「TVチャンピオン」や「愛の貧乏脱出大作戦」などの人気企画を生み出してきた。

ところが、ここ数年は、同じ時間帯の大河ドラマ(NHK)や「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)などに押され、視聴率は5~6%にとどまり、正直、伸び悩んでいた。

直球で勝負してもダメだし、変化球もねえ……」。番組関係者と何度も話し合い、これまでのテレ東にはない企画を考えようということになった。そこでひらめいたのが、「お仕事バラエティー」だった。世の中にあまり知られていない仕事を紹介する番組だ。

さっそく、どんな仕事があるのか一覧にしてみた。
【掻い‐掘り】(かいぼり) 元は農業用水のため池の水を農閑期の冬場に抜き、ヘドロや土砂を取り除く。水質改善や外来生物の駆除を目的としたかいぼりは全国各地で行われており、専門業者が水を抜いている。

リストアップされた仕事の中に、この「かいぼり」の文字を見つけたとき、「池の水を抜く」という記憶と企画がつながった。
https://headlines.yahoo.co.jp続きはこちら

 

ネコめがねうひょ

素晴らしい企画!在来主、外来種の見分けなど今子供から大人まで夢中になれる大切な番組だと思います

http://news.mynavi.jp/news/2017/04/25/270/
http://news.mynavi.jp

らん

普通じゃ見れないことだものね。それをじっくり見れるって面白い。回を重ねる事によるマンネリとなったときが勝負だろうね

まゆ八重歯

最近の番組って視聴者娯楽番組では無く、
出演芸能人に金や旅行をばらまく出演芸能人娯楽番組や
出演芸能人がひな壇で騒いでる内輪盛り上がり番組ばかりが増えていた。

それから比べれば底はどうなってるのか何が出てくるとかと期待できるだけ
池の水全部抜くってだけで十分楽しめるんじゃ無いかな。

逆に言えば池の水全部抜くって番組に負けてるバラエティ企画は
そろそろ止めないとTVの視聴者離れはもっと加速するんじゃないの。

 

 

こし

身近な池に得体の知れない大きな生物がいる可能性がある
そりゃ興味あるよ、視聴率も納得。

モヒカン

城の堀全部抜く、やって欲しい。

しん

城のお堀だと、刀や槍などのお宝が出るかもしれないですね。
でも、合戦があった城だと骨も出るかも。

仮面

私もこの番組つい最後まで見入ってしまう。最近は目を背けたくなってしまう番組が多いので毎回楽しみにしています。子供の頃見ていた。洞窟の中には・・がいた。なんて言う冒険のテレビを見てるワクワク感があります。またテレビが娯楽になるような番組作りをテレビ局にはお願いしたいものです。

まゆ

ものすごく面白いです。で、大切な番組だと思います。外来種の駆除にはたくさんの方々の力が必要です。もっとこの輪を広げてください。日本古来の生き物のためにも。固有種のためにも。

らん

確かに見ていて楽しかったし、池の水を抜いてみたらどうなるのかって思う事は有っても実際にやるとなるとテレビの力が無いと予算的にも無理だと思う。これからも日本各地の貯め池や沼とか水を抜いて行って欲しいと思います。

こし

子供の頃からの夢を実現してくれる企画だから人気があるんだね。魚獲りや釣りに池によく行った頃、池の水がなくなればなあとずっと思ってた。