明智光秀「丹波攻め」 今に伝わる地元悲話/兵庫・丹波市

 

明智光秀の戦国武将としての一大事業だった丹波攻めによって制圧された兵庫県丹波市には、丹波攻めにまつわる悲話の伝承がいくつも残る。

水源を明智軍にもらした老婆

“丹波の赤鬼”との異名をとった赤井悪右衛門直正が城主として君臨した同市春日町の黒井城。山頂に構える山城だった黒井城を落とすのに手を焼き、攻めあぐねた光秀軍は、一計をめぐらし、城の生活用水を止めることを考えた。

しかし、必死で水源を探したものの、見つからない。そんな時、ある老婆がうっかりと水源のありかをもらしてしまう。

水源を知った光秀軍によって城への樋水路が壊された黒井城は天正7年(1579年)、ついに落城。後日、赤井軍の残党が城の生命線であった水源をもらしたこの老婆を含めた一族を殺害した。

時を経て、老婆の血筋の者がその死を悼んで供養塚を建てた。その一つが、「禄老爾(ろくろうじ)権現」。山城の黒井城跡が遠望できる同市市島町美和という村里にひっそりと祠がまつられている。

 

https://ameblo.jp

左肩のない地蔵さん

 

同市市島町美和にはほかにも丹波攻めの悲話を今に伝えるものがある。「肩切(かたぎり)地蔵」だ。この地蔵の左肩が切り落とされたような形をしていることから「肩切地蔵」と呼ばれている。

黒井城落城後、赤井軍の一人の武将が血路を開いて美和の村まで逃げ延びたが、籔の陰で待ち伏せしていた明智軍に切り伏せられた。村人たちは、おののきながら遠くからその様子を見ていた。

村人たちは、武将をねんごろに葬るとともに供養として地蔵をたてた。その武将は、自分たちの村を巡検していた心やさしい人物だったからだ。肩がない地蔵は、明智軍によって切り殺された武将の痛々しい姿を伝えているかのようにも思える。

天下を我が手にと、争いを繰り広げた戦国武将たち。その華々しい勇姿の陰には、名もない者たちのおびただしい死がひそんでいることを各地に残る悲話が教えてくれる。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010000-tanba-l28

 

ムクの大木の下にまつられている「禄老爾権現」=兵庫県丹波市市島町でhttps://headlines.yahoo.co.jp
しん

普通に哀しみが伝わってくると思うわ
歴史はドラマがあるけど現実だから悲しいし怖いな

仮面

本能寺の変があまりに強烈なイメージで、あまりそれまでの実績が知られていないが、光秀さんも信長さんの下で結構エグい戦してんだよな。
大河でどう描くのか、興味が尽きない。

 

 

らん

丹波の寺はどことも焼き討ちにあってますからね。
天皇家にゆかりがあろうが御構いなしだったみたい。

ジジ

丹波の赤鬼に関し、このような悲話があるとは。
全国各地には、ひっそりと佇むこのような場所があり感慨深いものです。

https://twitter.com
仮面

その昔、車で走っていると、長篠で散った武田の名将・馬場信春父子の墓がまさにひっそりと有り、急ブレーキで停車し確認、花屋を探し戻ったのを思い出しました。

こし

日本の夏や

ええ話や

ピエロ

新城市内の通り(R151)に木の看板があって、そこに「馬場信春の墓」って書いてありますね。名将の割には確かにひっそりとありますね。 この辺りは武田家由来のものが点在しており、武田家ファンには飽きない場所です

らん

比叡山焼き討ちでは主導的な役割を担ってるしね。光秀に関してはルイス・フロイスの評価が説得力ある。

ピンク

次次回大河ドラマで光秀さんは、どのように描かれるでしょうね。丹波の方々とってはこういうのも史実として作中に必要でしょうね。本能寺の際、口封じの為に農民を、比叡山の女子供構わず撫で斬り、だけど愛妻家で家族愛ある武将とすごく二面性ある人物ですから今から楽しみです。

左肩のない「肩切地蔵」=兵庫県丹波市市島町でhttps://headlines.yahoo.co.jp
しん笑

第六天魔王が誰になるのか?

興味深々ですね。

ちび笑

ほうほう、光秀は自分の家族は大切にするが、他人はどうでもよい、亡き者にしまう性格だったとは。勉強になりました!

仮面

ドラマの最後に南光坊天海をほのめかしてミステリっくな終焉をお願いしたいね

 

 

かん普通

本能寺の変の原因として巷間取りざたされるどの説を採用するかも気になります。
怨恨・朝廷・諸将黒幕・イエズス会・四国などそれでドラマの内容はかなり評価されますからね

しん笑

特に本能寺の変は怨恨説か長宗我部黒幕説か徳川家康黒幕説どれを採用するのか。秀吉はそのことを事前に知っていたのか?なぜ細川藤孝は光秀側に味方しなかったのか。みどころがありすぎてワクワクします。

目隠し

なお、元ボクサーで俳優の赤井秀和は丹波の赤鬼の弟の血筋だったはず。明智光秀に敗れて落ち延びた後に浜松で仕官し最後は旗本にまでなってたんだったかな。赤鬼の子孫のほうも京都市内でいまだご健在です。

ジジ

春日町の黒井城は国道から湯く見える位置にあり、城が連なっていた当時の雰囲気がそのまま残るいい場所です、何度見ても当時が偲ばれます

http://kyubay46.blog.fc2.com
まゆ八重歯

子供の頃から「細川ガラシャの父上」のイメージが強いです。

幼い頃からの許嫁のお煕さんが天然痘で美貌を失った際、代わりに妹を差し出されてもお煕さんを妻としたエピソードが忘れがたいです。
お金がなくて苦労した若い頃、夫の面目の為に、自身の黒髪を切ってお金にして尽くしたお煕さん。
玉が生まれてから、子育てにも協力して教育し、娘にとっては厳しい父親で、それでいて奥様とは夫婦仲睦まじかったと伝えられています。

あの戦国時代、光秀の武人としてのいろんな面を知ってみたい。

しん笑

奥方の話は江戸時代でも有名だったらしいですね。
松尾芭蕉も「月さびよ明智が妻の咄しせむ」って俳句を作っていますし。

こし

「月さびよ明智が妻の咄しせむ」??どうゆう意味??

https://ghibli-tosidensetu.com

松尾芭蕉46歳の時に詠んだものですね。元禄2年(1689年)のことです。

【明智光秀が出世する前、貧しかった頃に「汁事」
(しるごと、と読みます。順番に家を訪れ食事をしながら話をすると言うもので、ありていに言えば持ち回りの宴会ですね)
を催すお金がなく、集まる人をもてなす料理の準備もままならない。そこで妻は長く美しい黒髪を切り売ってその代金とした。その料理は他家のものより立派な食事で、光秀は面目を保った】

と言う逸話があり、これがベースになっています。
芭蕉が奥の細道の旅を終えて伊勢の遷宮参詣をした際、又幻と言う人のお宅に一泊しました。そのとき、貧しいにもかかわらず又幻夫婦の暖かいもてなしを受けた芭蕉は感激して、この句を詠んだそうです。

『寂しい月明りのもとですが、明智光秀の妻の昔話をしてあげましょう。(あなたのその心掛けは、必ず報いられる日が来ますよ)』
と言うような意味ですね。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

ピンク

今はシュートカットが流行りだし昔ほど髪に愛着は薄いかもしれないけど
昔の髪は女の命が地で行く頃だと思うと凄い話ね

ジジ

ええ話や(泣)

モヒカン

嫁さんもサムライやな

カグヤ

昔は美しい嫁は後の煩いだし、嫁は醜いのが戦の神に好かれるといわれ、醜女を選んだ。

こし

それなら俺がガッキーを嫁にするチャンスもあったかもしれんな

しん笑

明智よりも、立花宗茂、島津4兄弟、長宗我部、など、他に面白い
武将は沢山おるのにね。
大友宗麟のジェットコースター人生なんか面白いよ?
まさに大河ドラマ

仮面

日本の隅々まで戦国時代の嵐で合戦が有ろうと感じます。私の居住地でも 複数の主人が変わる合戦が有りました。
猿山の大将になりたいのも わからないわけでは無いけど 惨たらしいのが合戦です。

https://www.photolibrary.jp
ピエロ

黒井の辺りは春日町なので、どうしても黒井城よりも 春日局 が推しになっている。
黒井城にこんな逸話があったのは知らなかった。

仮面

こういった伝承は当時の実像が感じられてなかなか興味深いな。

モヒカン

現地でこういう逸話を拾うことが歴史小説家の仕事でもありライフワークでもあるんだろう。
NHKは昔の銀河テレビ小説枠を使って、10話完結くらいで赤井クラスの知名度の武将を主人公にした戦国ものをやってくれたらいいのに

鳥仮面

戦国時代なら まぁ普通ちゃう。優しい人なら、信長の家来になれないだろ

ジジ

明智光秀。

裏切り者や、三日天下と呼ばれてあまり評判が良くないが、私の評価は真逆。
かなり頭の切れる優秀な武将で、優しい。
何故信長を裏切ったか解明されてないが、長宗我部と娘を守るため、そう思えてならない。
生涯、奥さん正室は一人だけ!って所も好きだね。
正室一人を貫いた武将は他に、大谷吉継、直江兼続、黒田官兵衛、石田三成と、皆優秀で、義に熱い。
そんな武将が個人的な理由で馬鹿な戦をするはずがない。

 

 

メットくん

明智光秀の戦に関する逸話が余り現代に伝わっていないのは。本能寺の変の後に明智光秀を討って天下人となった豊臣秀吉の元では。明智光秀の武功に関する話をするのが避けられて、徐々に忘れ去れていったのだと思われます。

しん笑

合戦はえげつない戦法だったかもしれないけど、領国支配はスマートで人心掌握術に長けていたそうだね

まゆ泣

「光秀様、ご謀反」

https://twitter.com
ピンク

光秀は信長との対比の為か創作ものでは現代的な清廉潔白な人物に書かれることがよくありますが
敵には容赦のない苛烈さを見せる当時としては普通の戦国武将であったと思います。
またその一方で家族や配下への気配り、優しさをうかがわせる姿も伝わっています

ジジ

地元に残っている逸話を知ると、光秀の違った面を垣間見ることができた気がしていいもんだな

まゆ八重歯

明智光秀は悪人といわれているが、暴君織田をとめるため自ら汚名をきせた英雄って見方もある

織田信長?武田信玄?人材育成に優れていたのはどっち??

 

 

【歴史】明智光秀さん信長さんにブチギレの新たな真相が・・・