春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か

 

春日大社(奈良市)の宝庫で昭和14年に見つかった太刀が、伯耆(ほうき)国(現在の鳥取県中西部)の刀工によって平安時代後期に製作された最古級の日本刀と判明し、同大社が22日、発表した。刀身には使用したり研いだりした形跡がほとんどなく、「当時の長寸太刀は現存数が少なく、貴重な資料」としている。30日~3月26日に大社国宝殿で公開される。

太刀は無銘だが、刀身の古さから“天下五剣”に数えられる国宝「童子切(どうじぎり)」(東京国立博物館蔵)で名高い刀工「安綱」作の可能性もあり、南北朝~室町時代初期に武家から奉納されたとみられる。

太刀の刀身は刃長82・4センチ、反り3センチ、幅3・3~2センチ。昭和14年に宝庫の解体修理の際に天井から見つかった太刀の一振りで、刀身が錆(さび)に覆われていたことから、人間国宝の本阿彌光洲(ほんあみ・こうしゅう)氏に研磨を依頼していた。

この際、東京国立博物館の酒井元樹・主任研究員が調べたところ、反りの形状から、平安時代後期の太刀と判明。地鉄(じがね=肌模様)や刃文などから伯耆国の刀工が製作した「古伯耆物」と分かった。
http://www.sankei.com続きはこちら

 

 

 

 

しん笑

かっちょいいーー

カグヤ

ロマンだわ

ネコめがね(笑)

『花山院弘匡(かさんのいん・ひろただ)宮司は「タイムカプセルのように残っていて驚きだ」と話している。』
ホントそれ!!ワクワク感半端ないわ!

まゆ八重歯

キレイ

しん笑

実物見たいわ!!
行こうかな

ピンク

パワーもらえそうwwww

ピエロ

妖刀かもしれんぞ・・・(笑)

https://www.asahi.com
ジジ

天井裏に隠したということは第二次大戦時に軍が鉄を集めたときに持っていかれるのを防ぐためだったのではないかな。

目隠し

だとすれば、もっと古いのは、鋳つぶされて、零戦になって海の藻屑とか

しん

ううう
それは考えたくないな

 

 

鳥仮面

屋根裏から発見された1939年は、大東亜戦争開戦前でっせ

モヒカン

じゃ、戦艦大和に、されるのを、恐れて隠していた

らん

平安時代後期の作とは思えないほどの美しさ

まゆ八重歯

日本刀に魅せられるって聞くけどホントなんか惹き込まれるわ

仮面

日本刀の美しさはため息がでます。素晴らしい刀が出てきましたね

https://www.asahi.com
ピンク

童子切の兄弟だったんですね。確定なら即国宝指定だと思いますけど、展示されるときには生き残った由来も説明書きにつけていただけると更にいいです。

らん

素人の私には細かい違いまではわからないけど、
ホント美しい

メットくん

なんで屋根裏にあったんだろうか?貴重品で略奪をおそれたか?時の権力者が忌み嫌う刀工の作品とか?

しん

このクラスの刀は実用品じゃない(もちろん日本刀としての機能は十二分に持ち合わせているから使おうと思えば使えるが)。
褒美とか贈答品として使われるから実際にこれで戦ったとかは無いと思う。

ピンク

この刀等が発見された昭和14年は、
軍が民間から鉄集める(金属類回収令)より前なんですがねぇ…?

※金属類回収令:昭和16年公布、昭和18年・昭和20年改正

メットくん

文化財っぽかったから回収しなかったんじゃないの。
よく知らないけど。

http://www.sankei.com

 

 

まゆ八重歯

当時の官憲もそこまで人情味がなかったわけではない。先祖の多からだという理由で1本残してもそしりを受けたり、非国民扱いは受けなかった。親の実家にはさびた状態で残っていた小刀があって、今では丁寧に直してもらって和室に飾ってあるよ。

カグヤ

うちも先祖伝来の武器を隠したと言ってたけど、よそもそうなんだな。
うちも隠したままだとか。

まゆ八重歯

守り刀とか家を守るために見つからないところに納めるとかの風習あるじゃん

ジジ

本当の家宝は見えないところに置くもんだ

まゆ八重歯

うちの地方は家を建てるとき柱の下に刀を置くらしい
家が壊れたときに、それを売って一時凌ぐ為だとか・・・
昔の話らしいけどね

らん

戦後、GHQに没収されてなければ
もっといっぱい、本当はあったでしょうね。

ジジ

刀、太刀を隠したのはGHQの武装解除対策ですね。油紙に包んで土に埋めるってことが多かったそうですが、殆どは錆びて駄目になってしまったようです。天井裏とか茅葺き屋根の竹の中とかに隠したのは大体大丈夫でした。

仮面

子供の頃、近所の家が台風で潰れて、天井裏から大量の刀が出て来たってことがあったけど、わざわざ隠す程のものだったので、もしかしたらかなりの銘刀が含まれてたのかしれません。子供だったんで顛末は聞こえて来ませんでしたけど。

しん

1939年あたりというのは、富国強兵策で軍人が増え、将校が軍刀を必要とした事から、刀が足りなくなった頃だね。

ピンク

そもそもが明治維新の廃刀令で刀の総数が一気に減っていたことが原因。

GHQの武装解除はその後の話。

こし

錆びこそすれども800~900年経っても朽ちないとは。
磨かれて現代で美しい輝きを放っている姿はロマンがあるねぇ

 

 

しん笑

まだ世に出てない歴史的な物は色々な所に眠ってるんだろうね。
夢があるなー。

ピンク

字が特徴的すぎて読めないせいで、何が書いてあるのか分かってない古文書とか結構あるらしいですからね。
夢がありますね。

メットくん

前に重文クラスのが発見されて研ぎに出すって言ってたやつかな!?
またすごいのが出ましたね!他の刀にも期待が高まって仕方がないですね!!

仮面

重文指定→国宝指定のコースだな

らん

テレビでも見ましたが思わず見入ってしまう美しさですね。
刀身が錆びていたとあるが研げばこれほどになるのは驚き。よほど丁寧に保管されていたか、当時の冶金技術が凄かったのかな

ジジ

安綱って童子切安綱の安綱かね。
何代目とか有るから知らんが、国宝級なのは違いない

仮面

童子切や鬼切で有名な安綱作ですね
日本刀好きなので心躍る記事です

ピエロ

奈良は高野山の近くだから、南朝を建てた後醍醐天皇が奉納したかな?つくりがあまりに美しい。実戦では短い槍などが多用されたはずだから、この汚れを知らぬ太刀は勝利の感謝を込めて、神に捧げるのが最もふさわしいと。

らん

さすが道路を掘れば遺跡の出る街。
まだまだ秘宝が出てきそうですね。
ぜひとも実物見てみたいです。

https://www.asahi.com
こし

ちれいな巫女さんが国宝級

明智光秀「丹波攻め」 今に伝わる地元悲話・天下を我が手にと、争いを繰り広げた戦国武将たち