朝青龍が7年ぶりに“土俵”へ AbemaTVの“1000万円企画”第2弾放送決定

インターネットテレビ局「AbemaTV」は4日、公式ツイッターを通じて、大みそか特別企画『朝青龍を押し出したら1000万円』(12月31日、後8:00~)を4時間にわたって放送することを発表した。今年5月に同局で放送された『亀田興毅に勝ったら1000万円』の“企画第2弾”として、今度は、大相撲の元横綱・朝青龍が登場する。
大相撲にて第68代横綱として活躍し、歴代4位の25回の優勝を誇る朝青龍と対戦者が、賞金1000万円を懸けて行う相撲対決。対戦ルールは「張り手なし」「変化なし」、力だけのぶつかり合いの勝負。どちらかが土俵の外に足を含む体の一部分が接触した時点で勝負が決まる。土俵上の1対1の対戦とし、両者ともまわしを着用。男と男の熱きバトルを繰り広げる。

同日、朝青龍もツイッターを通じて「年末番組で会いましょう! 楽しみです! 朝青龍今日から筋トレ、モンゴル相撲の練習スタート!! 宜しくね」とメッセージ。トレーニングの写真も添え「練習スタート!! しゅちゅう!」と意気込んでいる。

また、番組では対戦相手も募集。人数は最大5名を予定し、応募条件は18歳以上、力に自信があり健康な男性としている。
https://headlines.yahoo.co.jp