「最終的合意」に難色=慰安婦問題で韓国補佐官


【ソウル時事】韓国大統領府の文正仁・統一外交安保特別補佐官は20日、ソウルの外信記者クラブで会見し、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意について「文在寅大統領は、歴史問題では『最終的で不可逆的な合意を見た』というのは、国民感情にそぐわないという思いが強い」と述べた。

朴槿恵前政権との合意を「最終的合意」として受け入れるのは難しいという認識を改めて示した形だ。

合意をめぐっては、康京和外相直属の作業部会が交渉経緯などの検証作業を続けており、年内にも勧告を出す見込み。文正仁氏は「結果が出た後、外相や大統領府国家安保室、文大統領らが協議を経て対応を決めるだろう」と説明、現時点でどのような方針になるかを予断するのは困難という見方を示した。
https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

ちび笑

またゴールを動かした、国際的に信用できない
そろそろ強く出るべきです

ネコめがね(笑)

外交上、米国の仲介で最終合意してます。
難色も何も有りません。
納得していないのはあなた方だけです。
ちょっとオカシイですか?

モヒカン

外務省はこれまで何をやってきたのだろう?外務省はカネのばら蒔きや飲み食いだけが仕事ではない。外務省は日本国民のための仕事をして欲しい

しん

今さら難色を示すくらいなら、最初から合意しなければよかっただけの事。
国家間合意のゴールポストを動かすなど、他国ではあり得ない
ゴールポストを動かしても、日本はボールを蹴りに行きませんよ。だって試合は終わったんですから

目隠し

合意は終わったんですよ。
既に国民がどうのこうのという問題ではないのですよ。
見直しは毛頭考えてないと総理が発言してますし、無駄だと思いますよ。
蒸し返したら世界からの信用失いますよ。経済的取引なんかひっくり返す国を信用してもらえません。
そうなったら面白いので頑張ってひっくり返して下さい。
楽しみにしてます。


慰安婦問題日韓合意(いあんふもんだいにっかんごうい)とは、2015年(平成27年)12月28日の日韓外相会談で結ばれた、日本軍の慰安婦問題を最終かつ不可逆的に解決するために行われた日本政府と韓国政府の合意である。
慰安婦問題日韓合意続きはこちら – Wikipedia

 

 

かん(笑)

政権が変わったら合意が白紙とか、何を信じて外交すればいいんだよwwww
そちらの国内問題。
大統領変わったら守らなくて良いなんて有り得ない。得意の国際問題化すれば良いのに。
私たちは合意を破棄しまーすって

仮面

ゴールもゴールポストもさることながら、試合そのものが無いことを本気で立証してゆかねばならないと考えます。

ネコめがねうひょ

最終的合意って何か、全然わかってない。

そんなもの、大統領が変わったからって簡単にひっくり返されたら、「今後どんな約束しても大統領変わる毎に破りますから!」って宣言してるのと同じ。
とてもまともに話せる相手ではない。
約束の重みが小学生レベルだ。
これが一国家とは、とても思えない

こし

この問題もう終わっている、難色示して今後何の得があるの?日韓間を悪くしたいならもう既に相当悪化しているよ。