「約束の日が近づくと憂鬱になる」漫画に共感の声多数 「完全にこれ」「すごいよくわかる」「おれじゃないか!」

橋本ゆのさんが投稿した「約束の日が近づくと憂鬱になる症状」についての漫画がTwitterで話題になっています。

内向的な人によく起こりやすい「約束したときは楽しみにしてたのに、予定の前日になると憂鬱で仕方なくなる」といった症状について、その特徴を4コマでまとめています。

特徴的なのは、約束や決まった予定があることで、無意識に“謎のプレッシャー”を感じてストレスを感じてしまう症状。そこから不安や面倒な考えが浮かんでは大きくなり、最初に約束した時の楽しさよりも憂鬱さが勝ってしまうように。

これによってだんだんと日が近づくにつれドタキャンしたくなるほど嫌になるものの、当日になって遊んでみると普通に楽しく、「今までの憂鬱は何だったのか…」と思うことが繰り返されるとしています。

Twitterではこれに「おれだ」「私だ」と自分の症状と重ねて共感する声が多く寄せられ、10万近くリツイートされる反響に。中には自分が主催となる予定だと特になるといった声や、その約束が気になって他の事が手に付かなかったりするなどの声も寄せられています。

描き方は少し違いますが、以前に話題になった、遊ぶ予定の当日になると途端に面倒くさくなるといった休日あるある漫画や、「エネルギーの充電方法が違う」と説明する内向型人間と外向型人間についての漫画とも通じるところがありそうな今回の症状。とはいっても生活の中で人との約束はなかなか避けられないので、無理しない範囲でうまく付き合っていきたいところです。

もちろん、耐えられないほどつらい場合等は無理せず心療内科などを訪れる選択肢も頭に入れておくのがいいでしょう。
引用元https://headlines.yahoo.co.jp


最初は楽しみだったのに前日面倒くさくなる謎……(画像提供:@riko3_さん)

 

 

まゆ八重歯

すごく、わかる!!!

まゆ八重歯

何時集合だから何時に家出なきゃ、その為には何時に起きて…
あ、でも洗濯したいからあと1時間は早く起きなきゃ…
服なに着て行こう、みんなどんな感じなのかな…
とかとか、もう仕事かよってくらいの義務感に襲われる。笑

かん(笑)

でもやっぱり行ってしまえば楽しいのだけど。
そして帰ってから、ああ、あの言い方で大丈夫だったかな…とかひとり反省会が始まるんです

らん

確かに。なんかプレッシャー感じる時ある
前日の夜は緊張で眠れません

こし

気遣いしすぎて、先回りの余計な心配をし、ひとりで空回りして勝手に疲れて嫌になる

ちび

「わたしだけじゃ無いんだ」って、救われた人も多いハズ。

こし

若いころは遊びの前日とか楽しみしかなかった。準備までも楽しかった。年齢重ねてくると、それが半減どころか、緊張感に近い感覚をおぼえるようになってしまった。

仮面

普段はすんごくテンション高い友人がいつもドタキャンする人だったなぁ。摂食障害とかもあって、メンタルで色々抱えてたし。約束の日が近づくとこういうプレッシャー感じてたのかもなぁ。

まゆ

すごく分かる
とにかく失敗しないようにしないとって必要以上に身構える

かん(笑)

このコメント欄を読むと…すごくホッとした気になりました。
自分だけじゃないんですね。
一定数、みんなそうなんですね。
それが知れただけでちょっと嬉しい

目隠し

行ってみたら結構楽しかったのに、帰ってから色々思い出して落ち込む事もある…。

しん

うわー、当たり過ぎ!ホントこの通りだよー

まゆ泣

わたしも集まるとハイテンションになって、その場を盛り上げようと、つい次の約束をしてしまう…そしてその日まで、「また、前のように盛り上がるだろうか、みんな楽しいだろうか…」と、憂鬱に笑

らん

分かります。
だから予定を入れるのが怖いです。
2~3日中だったら何とか大丈夫だけど、 1~2週間後とか自分じゃあもう決められない

こし

当日楽しいならまだ良い
友人の楽しそうな話を聞いて羨ましくなり、愚痴を聞いてしんどくなり、帰ってからどっと疲れる事が多い

まゆ八重歯

私だけじゃなかったー!
自分だけじゃないんだ、、、

という安心感(笑)

こし

不謹慎だが天災とかで中止になるよう祈った。。