練習後走り倒れた女子マネジャー死亡 新潟の高校野球部
8/6(日) 17:05配信
新潟県加茂市の加茂暁星高校で7月、野球部の練習直後に倒れ、意識不明になっていた2年生の女子マネジャー(16)が、5日に入院先の新潟市内の病院で亡くなったことが県警への取材で分かった。死因は低酸素脳症だった。

同校によると、女子生徒は7月21日午後5時半すぎ、同校から約3・5キロ離れた野球場での練習に参加。午後7時半ごろに練習を終え、男子部員と一緒に走って学校に戻った直後、玄関前で倒れたという。

女子生徒は普段、球場を行き来する際は、用具などを積み込むマイクロバスに乗っていた。この日はけがをした部員がバスに乗るなどしたため、監督が「マネジャーはマイペースで走って帰るように」と指示していた。女子生徒が倒れた直後、駆けつけた監督は「呼吸は弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、AED(自動体外式除細動器)は使用しなかったという。

女子生徒は救急搬送された病院で治療を受けていたが、5日午後6時すぎに亡くなった。加茂署は業務上過失致死の疑いも視野に、関係者から事情を聴く方針。同校は朝日新聞の取材に対し、「生徒のご家族には誠意を持って対応し、このようなことが起こらないように対策を取りたい」とコメントしている。
出典元https://headlines.yahoo.co.jp

低酸素脳症
低酸素脳症とは、呼吸不全などによって、脳に酸素が十分に行き渡らず、脳機能に支障をきたした状態です。原因は多岐にわたり、食べものによる窒素や溺水、心筋梗塞といった病気によるものまでさまざまです。また重度の貧血や一酸化炭素中毒も原因のひとつとして挙げられます。

つまり、呼吸に何らかの障害が起こるなど、脳に酸素を送る機能が働かなくなった場合に起こる病気といえます。新生児から高齢者まで幅広い年齢に起こりうる可能性がある病気で、原因やきっかけはいろいろなところに潜んでいるといっても過言ではないでしょう

低酸素脳症の原因、対処法、治療法、予防法

まゆ泣

ご冥福を祈ります
助かってほしかった。

モヒカン

猛暑日が予想される日は練習自体中止すべきではないか?甲子園も同じ。死亡したら取り返しがつかない。

らん

運動部顧問は、脱水や不整脈くらいの勉強会したほうがいいよ。

こし

もう日本の夏は、昔のように昼間に野球ができるような環境じゃなくなってんだよ

らんプン


怪我してバスに乗った子が
責任を感じてないだろうか。
監督もまさかこんな事になるとは思いもしなかったんだろうけど、
そもそも熱中症の危険があるのに練習をさせる日本の学校のあり方に問題があると思う。

こし

年々気温が上がってきて、毎年、部活中に熱中症で倒れたとニュースになっているので、夏は子供たちには無理をさせられない時代になった事を念頭に置かなければならないですね。

モヒカン

この女の子はもちろんだけど、怪我をしてかわりにバスに乗った選手の子もかわいそう。きっと自分を責めるよね。
周りの大人達がきちんとフォローしてあげてほしいな。

まゆプン

ぜひ運動部の監督はAEDを用いた心肺蘇生を講習するだけで無く、インストラクター資格を取るくらい精通して欲しいと切に願います

モヒカン

気温によっては練習を中止するなど、日本体育協会は部活動の手引きを作成して遵守するべき。
もし既にあるのなら、遵守していない監督の問題。
チームの強化も分かるが、10年前と環境が違うので時代錯誤にならないようにしないといけない。

モヒカン

猛暑の中の悲しい出来事。
心からお悔やみ申し上げます。

熱中症からカラダを守ろう|大塚製薬