雄星、死球で脱帽に意外な反応…日本では謝罪、メジャーでは敬意

観客席からどよめきと小さな悲鳴。抜けた151キロ直球が打者の頭部に向かっていった。2日、ロイヤルズ-マリナーズのオープン戦で、青いヘルメットが吹っ飛ぶヒヤリとしたプレー。マウンド上のマリナーズ・菊池雄星投手(27)が反射的に帽子を取った。日本人ならすぐに理解できる、「謝罪」を意味する行動だった。
死球を受けたロイヤルズのブレット・フィリップス外野手はその時どう感じのか。「実は、あの時、彼の方を見てなくて、ベンチに戻ったら他の選手が教えてくれたんだ。『ピッチャーが帽子を取ってたぞ』って。こっちではそういうことをしないからみんな珍しがっていたよ」

 菊池が心配そうに見ていたことを伝えると、笑みを浮かべて「大丈夫。ヘルメットにかすっただけだから」。そして、チームメートから伝え聞いた菊池の行動を「打者への敬意」と表現した。

 そこで記者が「謝罪」の意味合いがあることを伝えると、「敬意を込めた謝罪だね」とフィリップス。「故意じゃないのは分かっているし、僕もけがはしなかった。その気持ちをありがたく受け取るよ」と言った。

 一方の菊池はマウンド上でどんな心境だったのか。登板翌日、死球の場面を回想した。

 「(帽子を)取りながら、『取んない方がいいって聞いたこともあるしな』と思いながら、でも、取りたいな、と思って」。

 反射的に見えた行動だったが、実は迷いがあったことを明かした。

 メジャーでは帽子を取る行為は、フィリップスが「respect」という単語を用いたように「敬意」の意味がある。文字通り、「脱帽」なのだ。

 2人を取材しながら思い出したのは、04年9月4日のマリナーズ対ホワイトソックス戦。マリナーズのイチローが先発左腕バーリーから4打席連続安打を記録した場面だ。4本目目のヒットを打った後、バーリーはイチローに向かって帽子を取ったのだ。「参りました」と言わんばかりに。菊池の迷いはまさにそれ。ぶつけた相手に帽子を取って「参りました」の意味で受け取られたら、見当違いな行為として失礼にあたるのではないか、と。

 15年に西武で菊池と同僚だったマリナーズのウェイド・ルブラン投手は「全く問題ない。確かに日米で多少、意味合いは異なるけど、当てられた打者は理解しているよ」と言い切る。「ユウセイは自分のすべての行動が米国の文化において適切かどうかを知ろうとしている。いい心掛けだよ」と話す。

 地元紙「シアトル・タイムズ」のライアン・デビッシュ記者にも意見を聞いてみた。「確かに米国では死球を与えた投手が帽子を取ることはしないけど、相手に向かって自分の胸を手のひらでポンポンとたたく投手はいるよね」。これは名案かもしれない。

 勝負の世界。打者の胸元へ厳しいボールを投げ込まなければいけない時は必ずある。制球を乱して相手にぶつける可能性もある。菊池は同じシーンに出くわした時、マウンド上でどんな行動を取るか、実に興味深い。言語、習慣、文化、そして、メジャーの不文律。新しい世界で菊池が日々、学びながら成長している。(デイリースポーツ・小林信行)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000046-dal-spo

まゆ八重歯

文化の違いで誤解を招くこともあるけれど、真意がわかれば人は分かり合える
とはいえ、だからと言って開き直るのも傲慢だし、郷に入る気のない異分子は排除されるのが必然でしょう
とにかく菊地選手のように素直な気持ちを謙虚な姿勢で示すことが重要ですね

かん(笑)

これがアメリカンスタンダードになるかもね

こし

傲慢な態度は絶対相手に伝わる 
菊池選手は日本人の模範だよ

 

 

モヒカン

菊池は英語も学んでたようだし、文化や生活の違いとかそういうのは大丈夫そうだね。

あとは野球で結果を出すのみ!

ジジ

確かメジャーではプレイ中、動揺を悟られない為に謝らないが、それはアメリカ人の文化があってこその理論。

日本では謝るべき時に謝れない方がストレスだし、動揺を引きづる文化だと思う。

ピンク

謝るべきか謝らざるべきかという問題だと思ってたが、そもそも帽子をとるという行為の意味に違いがあったわけか
日本じゃ謝る以外にも普通の挨拶でも帽子とったりするもんね

仮面

日本人同士なら謙虚と受け取られても文化が違うと自信の無さと受け止められることもあるし、難しいな。

ピンク

脱帽の意味というより、謝罪自体が珍しい行為だからね

モヒカン

イチローがメジャーに行く時に打席でバットをかざすとぶつけられるとか言ってた解説者たくさんいたな。あいつらその後謝罪も撤回もしないしいい加減なもんだよ。

こし

日本人は謝るの好きだもんな

ネコめがねうひょ

挑発的なピッチャーはガム噛みながら前進して睨みつける。
そうなると乱闘になる。

鳥仮面

テニスみたいに手を上げて、謝罪の意を示すのがいい。もちろん顔も申し訳ない表情をしないとダメだが。

ジジ

環境に適応した上で、自己流を貫くのは素晴らしいこと。

松井やイチローのようにメジャーで成功すれば、雄星流もメジャーのカルチャーとして残っていくだろう。

 

 

ピンク

hats off  よく使う表現ですね 菊池選手英語勉強してるので聞いたことはあると思います バーリーってノーヒットノーランやった投手がイチローに四安打されたとき最後イチローに向かって帽子取りました

カグヤ

ニュースの映像をよく覚えています。速球、変化球、内外高低、投球術を駆使してもカットして結果、甘い球を4打席連続安打。バーリーは軽く帽子を取って、あまり顔色は変わっていませんでしたが、私には畏敬の念のような表情を浮かべているように見えました。

まゆ八重歯

私もよく覚えてますけど、バーリーは脱帽する時笑ってましたよ

しん笑

僕も中学二年生の時、MLBっていうBS番組見てた。よく覚えてます

こし

日本野球のこういった行為は良いと思うのでこれからも続けてもらいたい。
雄星投手もこれまで花巻東の佐々木監督はじめ良い指導者に恵まれているのでは。

まゆ八重歯

アメリカではニュアンスが違うのかもしれないけど、日本人らしい礼儀は持ち続けてほしいな。
メジャーリーガーになっても日本人選手がグラウンドに一礼する姿とか、とても美しいと思う。

モヒカン

俺は外国人サッカー選手が試合前に祈りの捧げる時が美しく思うね
グラウンドに礼の日本人選手の所作も好きだけど

 

 

ジジ

別に謝罪だけじゃないだろ。「脱帽」には敬意を示すという意味は昔からある。

かん(笑)

文化が違えば受け止められ方は変わるからね。あまり日本人の感覚を持ち込みすぎるのも誤解を招くことがあるかもしれない。
ある程度染まるのも必要かと。でも礼儀はカッコイイけどね

ピンク

「オープン戦」だから、こういうのもいろいろと試してみるのはアリだよね(笑)

ジジ

日本人らしい礼儀は持ち続けてほしいな。

相手が不快に思わない範囲ならね。
他人に気を配るのも日本人らしい礼儀。今は失われつつあるけど。

カグヤ

雄星の事は他球団のファンだったからプレースタイルぐらいの
事しか分からなかったんだけどメジャーに移籍してから
イチローに対する尊敬だったり英語で会話しようとする姿勢
性格も良くて人間として素晴らしいなって思うようになった。

しん

相手のバッターに謝ったように恐らくチームメイトにもリスペクトをしつつ接しているだろうから怒るチームメイトはいないと思うけど。
まぁでも乱闘はMLBは本当にガチの殴り合いになるし
場合によっては報復死球を命令されることもあるかと思うし難しいところだよね。

 

 

まゆ八重歯

足や体の一部分は帽子を取らなくてもいいと思うけど
頭部付近は当たったら脳震盪も可能性有るし下手したら選手生命に影響しかねないから気持ちが伝わるように帽子を取るのはいいかもね。

メットくん

危ない事をしたら謝る。
今回のケースだけではなく、世界中に色々な謝り方があるから時には意味合いが違う時もあるかもしれないが後でちゃんと理解してくれるはず。
だって世界中から集まった一流プレーヤーのはずだから。
もちろんそれが相手を侮辱してしまうような行為に当たってしまう事なら前もって先に勉強しておかなければいけないが。

まゆ泣

どんなスポーツでも今回みたいなお互いが敬う気持ちを忘れない話しはスポーツを見ていて感動します。

仮面

言語や文化を勉強するのも大変でしょうね。

イチローは英語ペラペラらしいし、大谷もかなり熱心に勉強したそう。
川崎なんかはアメリカ流のコメディパフォーマンスを一生懸命やって人気者になり、「最も愛された選手」の賞を受賞した。

目隠し

日本に来た外国人選手でも、ラミレス監督は現役時代コミカルなパフォーマンスで人気で、今では通訳がいらないくらい日本語が流暢。
逆に日本に合わずにクビになった選手はごまんといる。

現地の文化を勉強したり、合わせる努力は必須でしょう。
菊池選手はかなり前から熱心に英語を勉強していたらしいので、その辺は大丈夫だと思いますが。

 

 

メットくん

意外と難しい問題だよね
真意が伝わりさえすればいいんだけど、スタジアムにいる人や視聴者含めて目撃した人にちゃんと理解されるかというと厳しいもんなぁ
あちらはわかりやすく報復死球もあるし、そのへんも混乱する場合ありそう
今回は何事もなく真意が伝わって良かったと思う

目隠し

こういうのは結構大事だと思う。雄星は偉いね。
 日本に来てる外国人選手が、日本に馴染もうとしているのを知ると、ファンとしても応援する気持ちになる。アメリカでもきっとそうだろう。雄星が愛される選手になってくれると、パ・リーグファンとしては嬉しい。

ピンク

10年前くらい、石川遼と菊池雄星の対談インタビューがありました。
二人とも若き次世代を担う逸材として番組が組まれていましたが、
菊池雄星は、とにかく純粋で純朴、野球小僧のような感じで、世間を全く知らない少年の感じでした。それに比べると早くも結果を出していた
石川遼はとても大人びた印象がありましたが、世界は違えど、菊池雄星は着実に確実に階段を上ってきた努力の才能の持ち主というのがわかります。年々、結果を出していくというのは大変なことですもんね。
運も実力のうちですが、運を引き寄せる努力を重ねてきたというのが
本当のところでしょうね。

しん笑

雄星は野球以前に人としてしっかりしてるなと感じるから応援したくなる。
神経質すぎる面もあるけど、真面目でストイックだし、怪我さえしなければ普通に通用するはず。
先発左腕で150キロ台連発する投手はメジャーでも多くはないし。

まゆ八重歯

一般的な話として、「アメリカ人」は特に日本人が独特の文化を持っていることを理解しており、当然すべてを受け入れないまでも、日本文化の根底には相手への尊敬の念があることは理解されているので、今回のエピソードは「日本人野球選手の習慣」として良いイメージで受け入れられるような気がします

 

 

らん

英語の時間に習ったのは、こっちへ来てほしいときの手の使い方、手のひらが上か下かで意味が違うと先生が言ってましたね
菊池選手のこの帽子を取る仕草に関しても、日米で受け取り方に違いがあるようですね!

カグヤ

日本でいう 子どもを呼ぶときのような掌をしたにして呼ぶしぐさは、あっちいけになり、いわゆる喧嘩っ早い人が 来いよ とするような掌を上にするのがいわゆるアメリカでの呼び方になるっていうね

えっ!ナチス式敬礼で中国人2人を逮捕だって。。海外でやってはNGなハンドサイン!【危険】

こし

手の平上にするのはブルース・リーだけかと思ってたw

まゆ八重歯

野球をしている限り、死球は仕方がありません。
菊池選手は「申し訳ない」と心から謝れる投手だと思います!
シーズンに入ってからも、相手選手にしっかりと気持ちが伝わるといいですね!

らん

腕時計を置時計代わりに机に置くとものすごく怒られますね
なんでも、はやく話を切り上げたいっていう意思表示になっちゃうんだとか

仮面

人によってはもしかしたら悪い意味に取られるかもしれないけど、菊池もそうだし、当ててしまった打者もそうだし、どちらとも相手に敬意を持っているから理解してくれる。
良いことだと思う。

こし

オータニさんが、打席入る時メットのつばを触るの好きやわ。

 

 

ジジ

故意ではないのは前提として、コントロールを誤って当ててしまったら謝らないといけないという日本人の考え方は絶対に間違っていない。
国が変わっても、謝罪の気持ちと感謝の気持ちと相手に対するリスペクトは無くしちゃいけないと思う。菊池は本当に良い判断をした

まゆ八重歯

確かにメジャーでプレーする以上 その文化に歩み寄る事も大切だと思う。ただ、個人的に よく大谷選手がバッターボックスに入る時 審判に向かって帽子を掴んで軽く礼をする仕草が大好きです。日本人だなぁと思う瞬間であり、何故か気持ち良いです。菊地投手の帽子を取る仕草も
一つの礼儀として、メジャーに理解して貰えると嬉しいと思いますね。

【MLB】イチロー、マリナーズ復帰へ!!こんなカッコいい展開がある?背番号「51」確実!!

 

 

投手・大谷翔平のスプリットをAロッドが絶賛『彼を偉大な選手へと導き、殿堂に足を踏み入れさせてしまう程の武器』