8歳でなんと年収28億円! 注目の「こども YouTuber 」に忍びよる規制の動き

《連載》デンシバ Spotlight
8歳で年収28億円――。こんなニュースが2019年末、世界を駆け巡りました。米フォーブス誌が発表した同年の「最も稼ぐユーチューバー」のトップに米国の少年、ライアン・カジ君が選ばれたのです。

ユーチューバーとは、インターネットサイト「ユーチューブ」に動画を投稿し、広告などで稼ぐ人を指します。カジ君はおもちゃを紹介する動画などを配信し、2年連続で世界のユーチューバートップとなりました。

フォーブスの上位10人のランキングを見ると気つくことがあります。子ども向け動画が上位を席巻しているのです。3位は5歳で、子どもが好むゲーム関連の番組を扱うユーチューバーも5人ほど入っています。

■米国では規制の動き
「子ども番組は視聴度が3倍以上」。米ピュー・リサーチセンターは19年にリポートを発表しました。25万人以上の登録者がいる4万3千チャンネルを分析した結果です。子ども番組は全体に占める数は多くないものの、視聴回数が他の番組より多いことがわかりました。

日本でも子どもの夢にユーチューバーが挙がる中で、悪影響を懸念する人も少なくないようです。米国では、こうした懸念を受け、規制の動きが出始めています。

米連邦取引委員会は19年夏、米グーグルに180億円の制裁金を科すことを決めました。傘下のユーチューブが子どもの個人情報を集め、広告などが配信されていた実態が、子どものプライバシー保護に違反すると判断したのです。

制裁を受け、ユーチューブも対策を決めました。1月から利用規約を変更し、動画を投稿する際には、子ども向けかどうかの申告が必要になりました。番組内容は人工知能(AI)も使って調べるということです。

■ユーチューブは「パーソナライズド広告」を停止
ユーチューブは本来「13歳以上が対象」としていますが、実際は年齢を偽って投稿したり、親の端末でみたりできます。今後、子ども番組を見ているユーザーのデータは、年齢に関係なく子どもの個人情報とみなします。それにより、個人の嗜好に合わせた「パーソナライズド広告」を停止します。

影響は小さくなさそうで、日本でも「業界に大激震」「収益半減じゃきかないかも」といった声が、ユーチューバーから挙がっています。一方、動画制作教室を展開するフルマ(東京・渋谷)の中條武・最高執行責任者(COO)は「視聴者にとって安全なプラットフォームになる」と前向きに捉えます。

子どものオンラインデータを巡っては、英国も保護のための規制をする方針です。子どもが安心して使えるネットの環境づくりが、世界の潮流になりそうです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00010000-nikkeisty-bus_all

 

 

中條武・フルマCOO「上手な付き合い、教えることから」
子どもたちにとってユーチューバーはどんな存在なのか。小学生を対象にしたユーチューブ向け動画の制作教室を展開するフルマの中條武COOに話を聞きました。

――フルマの事業内容を教えてください。

「2017年に『ユーチューバーアカデミー』という事業を始めました。小学生を対象とした動画制作の単発のワークショップでした。18年からは継続的な習い事として展開しています。関東を中心に、これまで累計3千人超の小学生が受講しています。授業ではネットのリテラシーから企画立案、実際の政策までを教えています。安全に楽しく遊べるようにすることが目的です」

――子どもたちにとってユーチューバーはどのような存在ですか。

「好きなユーチューバーを尋ねると、一人ひとり違う答えが返ってきます。テレビでみる『みんなが知る芸能人』より、身近な存在なようです。教室に来る子どもたちも、ユーチューバーのマネをしてみたい、という子が多いです。例えば『タピオカを1メートルのストローで飲めるか挑戦』のような企画をやってみたいといったことです」

――子どもたちは有名ユーチューバーになりたくて教室に通っているのでしょうか。

「実際に『自分の動画をインターネットで公開して、世界中から注目を浴びたい』という動機は少ないです。それよりも『自分で動画を撮影して編集する』という作品作りに動機を持っている子どもが多いです。デジタルなコンテンツづくりの楽しさを体験したいのです。教室で制作した動画は、URLを知っている人だけがユーチューブで見られる限定公開にしています。祖父母に送る家庭が多いですね」

――親は子どものユーチューブ利用にどう向き合えばいいですか。

「親の世代には総じて、インターネットは怖いから、できるだけ触らないように、という感覚もあると思います。しかし、これからの世代の子どもたちがネットに触れないで生きていくのは難しいでしょう。闇雲に制限するより、どう上手に使っていくかということを教えたほうがいいと思います。フルマの教室ではネットリテラシーとして、個人情報や撮影場所、著作権の扱いなどについて教えています。具体的には、自宅が特定されないようにしたり、他人が映り込んで迷惑をかけたりしないようにしたりということです」

――ユーチューブの子ども向け動画に関する規制は、今後どのような影響があると思いますか。

「子ども向けの動画を制作している人にとっては、広告収入が減る可能性があるので影響があると思います。動画の構成が、より直接的な企業の商品のPRに変わる可能性もあります。一方、好きな番組を視聴する側の子どもには大きな影響はないのではないでしょうか。規制が進めば、ユーチューブは少しずつ、子どもが安全に楽しめるプラットフォームに変わっていくと思います」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00010000-nikkeisty-bus_all&p=2

 

 

まあ規制は当然の流れだわな
むしろアメリカで8歳で28億円なんて公開してるのが驚きだよ
なにも起こらなきゃいいがな

親が元から金持ちなら警備とか怠るような環境でもないだろうけど、いきなり成功しちゃったパターンは甘く見てたら危ない目に合いそうだね。

スポーツ選手の豪邸にだって盗みが入ったってニュースになる事が多いし、あのメイウェザーだって多数の屈強なボディガードを引き連れて歩いてる。

警備にお金は出し惜しみ出ずに万全な環境を整えて、配信からも個人情報が出来るだけ漏れないようにしないといけない。

芸能界の子役や、10代のプロスポーツ選手も問題かも知れないけど、彼らは演技したり技術を習得するために並外れた努力が必要。対してYouTuberは、ちょっとしたアイデアや工夫は必要だけど、人並み外れた努力という程ではない。
ただ、おカネの管理はどちらとも親がやるので、親の感覚がおかしくなるのが問題。

 

 

こういう話題を聞くとマコーレーカルキンっていう人気子役だった子を思い出して、彼の様な人生を送るのではと心配になる。
若い人らは知らないかもしれないけど。

https://pbs.twimg.com/media/DGPTohFVYAQiiyq.jpg

将来、落ち目になったとしても子供の時から動画でレビューとかしているから商材屋だとか、そこ等辺に行き着くだろうね、安い仕事をコツコツするなんて考えはもう無理だろうね。

稼ぐのは結構だが、危ないにも程がある
これの親ももうホームアローンのカルキンとか、名子役の落ちぶれとか知らないだろうな

 

 

一桁年齢の子供の配信を見る層はどんな層なんだろうな・・・
日本ではウケなさそうだが・・・

親の高笑いが聞こえます。
それだけ努力していることは認めるけど、一般企業で普通に働いたら年収28億円はないわな

28億あればレバノンへ逃亡できるくらいの警護を受けられるな

投資の営業がめっちゃ来てそう

日本みたいに国民皆保険制度がないから、将来いつ何があるか分からないから稼げるときに稼いでおかなきゃいけないよ。

小さな子供が金を稼いで誰が一番いい思いをするかと言えば親だからね。
親が子供の意志に関係なく、際限のない欲をだして子供を利用することだってあると思うし、
そういう意味でも規制は必然だと思う。

 

 

現実的には規制は難しいでしょうねぇ。
じゃあなんで子役や子供タレントはokなんだとなりますしねぇ

子どもが企画して撮影と編集までやる分けではないからね、あくまで親が子どもを利用しているにすぎない。

お金の受取りは本人じゃないでしょうし。
年食った芸能人がよく言う、あのとき実はいくらも貰えてなかった、て感じでしょう。

YouTuberの全てを否定するわけではないですが、やり過ぎな動画や他人に迷惑をかける動画でお金を稼ぐ輩はどうにかして欲しい

子供と動物には、おとなは努力しても勝てないwwwwww